リラクゼーション整体 ツボゲッチューりらく屋

riraseko.exblog.jp
ブログトップ

おならのはなし

f0115484_16352599.jpg
おならは、食べ物とともに飲み込まれた空気や、食物が大腸内に住み着いている腸内細菌の働きで発酵して出来たガス、そして腸の粘膜を通して血管内の血液から出てきたガスなどが混じったものです。

おならの主成分は窒素、水素、炭酸ガスですがこれらににおいはありません。

臭いにおいは大腸内のタンパク分解菌や腐敗菌(いわゆる悪玉菌)が生成する硫化水素やアンモニア、インドール、スカトール等によるものです。

特に、肉や魚など動物性たんぱく質をたくさん食べた後は、臭いにおいの成分が大量に出来ます。

ストレスによっても、おならは臭くなります。

これは疲れやストレスで、胃や腸といった消化器が食べ物をうまく消化できなくなるために、腸内菌のバランスが崩れる(悪玉菌が増える)ことで異常発酵が起こり、臭いにおいの成分が出来やすくなるためです。

また、便秘のときもおならの量は増えます。

これは、食べ物が長時間腸内に留まっているため、腐敗や発酵が起こりやすくなるためです。

これらの臭いにおいは体にとっても毒物であり、常にこのような物質が発生する体内環境は、他の病気の引き金にもなるといわれています。

おならのにおいは健康のバロメーターとも考えることが出来ます。

よく、サツマイモを食べるとおならが多くなるといわれますがこれは、サツマイモやごぼうなどの食物繊維を多く含んだ食物を食べると、でんぷんが腸内細菌の栄養源となり、腸内発酵が活発になるためです。

サツマイモを食べるとビフィズス菌(善玉菌)が増えて、ウエルシュ菌(タンパク分解菌)が減ります。

しかし、サツマイモが発酵してできるガスは主ににおいのない炭酸ガスで、臭くありません。

また、食物繊維は便通をよくすることからもおすすめです。

納豆も腸内細菌のバランスを改善します。

納豆菌が悪玉菌を減らし、ビフィズス菌や乳酸菌を増やすとされているからです。

おならが臭いときは納豆やサツマイモ、ヨーグルトを食べましょう。

参考文献

うんちとおしっこの100不思議

山本 文彦 / 東京書籍



関連ページ
便秘のとき朝イチで出来ること
便秘に効くエクササイズ
宿便について
f0115484_15382412.jpg

おなかすっきりマッサージ
内臓引き上げ運動
by sekotans | 2010-04-09 16:33 | 人体 | Comments(0)

中野区新井薬師前、個人経営の整体サロン。健康・美容・マッサージ情報。月~土10時~20時営業。日祝と火曜休み。老若男女歓迎。ネットで即時予約可能。?03-3388-3372


by りらく屋 花澤誠子