リラクゼーション整体 ツボゲッチューりらく屋

riraseko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:つぼ押し 手もみ( 106 )

私が行うリフレは基本的に強めで痛いです。
動画を見た方の中には「痛いって言うなら力を弱めたほうが良いんじゃない?」
と思われる方もいるかと思います。

しかし、痛い足リフレは「単なる嫌がらせ」とか「おもしろく見せるための演出」ではなく、健康/美容に有効なセラピーです。
痛い足ツボのメリットを説明していきます。
f0115484_20513858.jpg
1.「痛み=ストレスになるからやめた方がいい」ではなく「足ツボで痛がることでストレスに強くなる!」
都立駒込病院 脳神経外科部長の篠浦先生が実際に本に書かれているのですが、
人間の脳には、

・人間脳
・動物脳

という2つの部分があります。
ストレスを受けた時にコントロールをすることが難しいのが動物脳の方なんです。
自我(ここではしなやかで不屈の精神の事)を強くすることで
コントロールすることが出来るようになるのです。

足の裏の脳に関わる部分(親指周辺の反射区)は、
自我(しなやかで不屈の精神)の領域に一番近く反応しやすい部分なのです。

足つぼマットや、足裏マッサージの
痛みはストレスを感じますよね。

続けているうちに、
足裏の反射区の老廃物が柔らかくなって、
血液と一緒に流されて痛みが和らぐのです。

この過程で

足つぼマットを踏む
ストレスに立ち向かう(自我の強化)
踏み続けて痛みが和らぐ
ストレスに打ち勝つ

という風に、
ストレスに勝ったことを脳に分らせることで、
自分の精神力を強められる効果があるんです。

篠浦先生は、毎日足つぼマットを踏まれているそうです。

2.免疫力が上がる
こちらは上田医院 医師 上田先生が実際に本に書かれているのですが、
足つぼマットや足裏マッサージをすると、
痛みと共に、毛細血管が切れて内出血をしたり、
赤くなって炎症が起こります。

炎症を起こすと、その部分に白血球が集まってきます。
白血球の成分であるリンパ球などが出す、
インターロイキンの働きによって免疫力が向上するのです。

ちなみに鍼治療も、同じ原理で免疫力が向上します。
鍼治療は、患部を刺す(傷つける)ことで、その部分に白血球やリンパ球を集めて増加させ、
活性化を高めてその部分を治すのです。

白血球を増やして免疫力を上げる事は、足つぼマットや足裏マッサージと同じ。
人間の自然治癒力を向上させているということなのです。

3.血流が良くなる
足裏マッサージと言えば血流が良くなる!
だけど、血流を良くしたところで、実際足にとって何が良いの?

って思う人もいますよね。

実は、血流が良くなることで

・浮腫みの改善
・足の疲労回復
・冷え症改善

という3つの嬉しいことをしてくれるんです♪

浮腫みを取ってくれる!

って言うのも足裏マッサージの効果としてよく知られていますよね。
それはこの血流に関係していたんです。

足の血流が良くなることで、
足に溜まっていた老廃物(不要な水分や疲労)を除去してくれるんですよ。

そして、
冷え症の人も
血流が良くなることによって、足先で滞っていた血液も流れ始めるので、温かくなってくるのです。

嬉しい事尽くしですよね♪
足をマッサージしただけで、
浮腫み、冷え症が治り、疲労まで取ってくれるなんて。

4.脚やせ
足の浮腫み、老廃物を取ることで、足痩せダイエット効果もあるのです。
もともと足痩せダイエット効果を求めるには、

・浮腫みを除去する
・足の老廃物を除去する
・足、内臓脂肪の除去する

といった、3点のどれかを取ることで足が細くなるのです。
足痩せには、マッサージがいいんですよ!

5.健康チェック(病気の発見につながることも)
足裏マッサージしてすっごく痛そうにしてるのを見るけど本当にあんなに痛いの?
マッサージに行く時は、気合を入れていかないといけないの?
と不安になった方のために。
先にズバッっと言っときます。

足裏マッサージ、

基本的に痛いもの


なんです!!
テレビでは、芸能人やリポーターの人が
大げさに言っているところもあると思いますが、
実際は

ん?痛いかも
そこ痛いぞ!
そこめっちゃ痛い!!
ギャー!めっちゃくちゃ痛い!今すぐやめてぇ!!

って言うような感じのレベルで痛いです。w

だんだん痛くなるのではなく、
足の裏を押してもらって、
上の4つのコメントのどれかが当てはまるって感じです。


よく足裏マッサージで痛いところが
体の悪いところって言われているけど、
足の裏全部が痛いんだったら、
体中全部悪いって事?
ヤバいじゃん自分の体…

と、ちょっと焦っちゃいますよね(;´Д`A “`

いやいや、焦らなくって大丈夫(^-^)b

実は足裏マッサージの中でも、
特に気を付けないといけないのは激痛のところ
なんです。

足全体に疲れが溜まっていると、
とにかく足のどこをマッサージされても痛いんです。
その痛い中でも、「ちょっと痛い」や「まあまあ痛い」ではなく、
「めちゃくちゃ痛い!」ってところがあると、
その部分が何らかの異常を起こしている可能性がある
って話なんです。

ここで
実際に足裏マッサージを受けた知人から教えてもらった話をご紹介します。

足裏マッサージで押してもらって激痛が走った所があったそうなんです。
そしてその部分が臓器のどこを指しているのかを教えてもらって、
後日病院で調べてもらうと、

なんと、

子宮筋腫

が発見されたそうです!

その子宮筋腫をマッサージで早期発見でき、その後すぐに治療がスタート出来たんです。

凄いですよね!!

自覚症状の無い病気も
足裏マッサージで見つけれるなんて、
つぼも反射区も馬鹿に出来ないですね!

ただ、このつぼ押しは、
健康法までしか進んでいないので、
医学的根拠は無いんです(/_<。)

ですが昨今は、色々な地域で足裏・足もみ健康法の集まりがあります。
最近ではお医者さんの参加が増えてきているそうです。

医学的根拠が無いとは言っても、
身体には何かしら影響があるって言う点から、
お医者さんも興味を持たれているそうです。

将来的には医学的根拠が出てくるかもしれませんね(^-^)

現段階では、
足裏マッサージは身体のバロメーター
としての受け止めてもらえればいいと思います。

↑※「足つぼの効果は痛みが悪いわけではない?驚きの3つの効果!」という記事をベースに書かせて頂きました。

●日本人は痛いぐらいが好き
●大きな声を出したり、汗をかいたり、飛び上がったり、笑ったり、呼吸が荒くなったりすることでリラックス効果や血行促進効果がある。
●痛みを通して自分の体に興味や愛情が持てる。
●本当に嫌がっている人には行わない。
●当店のリフレクソロジーのリピート率は高く、「徹底的にやってもらえて嬉しい。もう他店では受けられない」といったお声を頂いている。

ということも、付け加えておきます。(*^^*)

by sekotans | 2017-02-07 20:54 | つぼ押し 手もみ | Comments(0)
私は対人恐怖なところがあり、人が多い場所などに行くと動悸がうってしまったり、イライラしたり汗をかいてしまうのですが、何か良いツボなどありますでしょうか?

というコメントを頂きました。
f0115484_18280557.jpg
ずばり、対人恐怖症の症状を緩和させる効果のあるツボというのも存在します。

対人恐怖症に限らず、閉所恐怖症、暗所恐怖症、赤面恐怖症、先端恐怖症といった心身症には、強い強迫観念がともなっています。
他人には馬鹿みたいなことでも本人にとっては深刻な問題で、そう簡単に克服できるものではありません。
こういった恐怖症を克服するには「次々と浮かび上がる恐怖を抑えようとする、しかし、抑えようとすればするほど焦ってしまう」といった悪循環を断ち切る事が必要です。
ここでは自律神経を整えることで焦りから生ずるストレスを取り除き、リラックスする効果のあるツボや日常生活での工夫・方法をご紹介します。

まずはツボのご紹介。
1.百会。
頭のてっぺんのくぼみにある百会(ひゃくえ)のツボは、体じゅうのエネルギーの流れが集まる場所といわれ、ここを押してコリを取ると、体全体のバランスが調整され、頭も体もすっきり。

自律神経の失調にも効果があり、心身ともにリラックスします。
百会の押し方
1.両手を組み、親指を下側にして頭のてっぺんのくぼみに起きます。
2.左右どちらかの親指の第一関節を軸に、真下に向かってグ~っと押します。

2.天柱。(てんちゅう)
天柱は、後頭部全体を支配する大後頭神経上のツボです。
天柱に親指を当てて頭皮を揉むことで、大脳のリラックス効果と自律神経の調整効果が期待できます。



3.首のマッサージ
耳の後ろから鎖骨に向かってさすります。
イライラや不満といったストレスが原因でおこる動悸や息切れなど、心臓神経症の症状を静めます。
↓イラストのようにポイントで押していくのも効果的。自律神経を整えます。

4.内関(ないかん)
手の平側の手首を見ると何本かシワがありますね。
このシワの中央から指3本分のところに内関というツボがあります。
このツボは、食欲不振や軟便といった消化器系の不調に効果があるツボですが、精神的ストレスによる吐き気や食欲不振にもとても効果のあるツボです。
対人恐怖症の症状に、食欲不振や吐き気など消化器系の異常が出てしまう方の場合、この内関を呼吸に合わせてゆっくり刺激することで症状が緩和されていきます。

5.合谷(ごうこく)
手の甲の人差指と親指の骨が合流する部分のやや人差指寄りのところにくぼみがあります。その部分が合谷というツボです。対人恐怖症を緩和するツボ 合谷 合谷は、万能ツボという異名を持つ程、様々な効果を発揮してくれるツボで頭部疾患や首や肩の不調、大腸の不調、そして精神的な不調に効果があるツボです。
ゆっくりと呼吸しながら、呼吸に合わせて合谷を刺激することで不安や緊張などが解れてきますので対人恐怖症の症状緩和にも効果があります。

f0115484_19470318.png
6.神門(しんもん)
手の平側の手首にあるシワの小指側を探るとくぼみがあり、そのくぼみが神門というツボです。
このツボは、不安感やイライラの抑制に効果的です。
ゆっくりと呼吸しながら刺激します。


便秘・動悸に効くツボ「神門」


汗を抑えるには「多汗点」を。
手の平の中心から、指一本下にあるツボが多汗点です。その名のとおり、汗を調整します。

背中にもツボがあり、特に背骨際のマッサージは効果的なのですが、ここでは自分で押しやすい手や頭のツボをご紹介しました。

日常生活での工夫・改善方法。
●鏡に向かって表情の練習
毎日鏡に向かって自分の表情を見て、百面相をしてみましょう。
緊張すると、知らず知らずに表情はこわばっています。それで相手も身がまえてしまい、互いに緊張が高まって悪循環に陥ってしまうのです。ニッコリ笑える顔を、鏡を見て毎日練習しましょう。

●まず自分からあいさつを
職場に行ったり、人と出会ったりしたら、まず大きな声で自分からあいさつをしましょう。そうすると相手の気持ちがやわらいで、雰囲気がふっとよくなります。自分からリラックスした印象や雰囲気をつくり出すことができます。

●リラックスして腹式呼吸
緊張して不安なときには、意識的に体にギュッとカを入れ、フッとカを抜いて脱力感を味わいましょう。
力を抜きにくいときは、手、肩など部分に分けて少しずつ脱力させるのも効果的。
その後ゆっくりと腹式呼吸を。吐く息を長くするのがポイントです。
●アロマテラピーの香りで安心
アロマテラピーで使われる精油の香りには、気持ちを穏やかにしたり、緊張をやわらげる働きがあるとされています。
とくにローズの香りには、抗不安作用があることが臨床的に確かめられています、不安なとき、ティッシュに1滴たらして香りをかいだり、お部屋に香りを漂わせて。
鎮静作用のあるラベンダーもおすすめ。

by sekotans | 2015-05-25 20:02 | つぼ押し 手もみ | Comments(2)
f0115484_18154306.jpg
上手なツボの見つけ方
「ツボ」の数はWHO(世界保健機関)が公認しているだけで361,新しく発見されたツボを合わせれば2000以上あると言われています。
通常の治療に用いられるツボだけでも50ほど。
もちろん一般の方がそれらのツボをすべて覚える必要はありません。
それぞれの体調に応じて、やりやすいところからはじめましょう。
試しやすく、効果がわかりやすいのが耳ツボです。
まずは耳ツボで
ツボを見つけるのは難しいと思っている方は多いものです。
ツボを間違えると危険だと心配される方もいらっしゃいます。
確かに鍼や灸でツボを間違えると危険ですが、指で普通に押すくらいなら大した問題はありません。
ツボ押しの効果はゆるやかです。
場合(症状)によっては即効性がありますし、安全です。
ツボの位置は、その人の体格やその時々の体調によって微妙に異なります。
慣れないうちは、だいたいの見当をつけてから周辺を何箇所か押してみてください。
他とは違って痛みやコリ、しこりのあるところ、冷たく感じるところ、ビビっと来るところが見つかったら、そこが「ツボ」です。
myツボを探そう

正しいツボの探し方


慣れるに従って、「頭が痛いときはここ」「便秘にはここ」というように、自分ならではのツボがわかってくるはずです。

上手なツボの押し方
ツボを押すときも、さほど神経質になる必要はありません。
何より大切なのは、効果を信じること。
信じて押すのでなければツボの効果はよくありません。
疑いながらこわごわ押してみるようでは、それだけで気の流れが悪くなってしまうからです。
心が抵抗すれば治らない
ゆったりした気持ちで心身ともにリラックスすれば気の通りもスムーズになります。
1.まず手指の先と手のひらをこすりあわせて温めます。
2.押し方はツボや症状によって異なりますが、基本的には指の腹をツボに当て、「3~5秒押して、ゆるめる。」を10回程度繰り返します。ゆるめるときもツボから指を離さないで下さい。
3.呼吸法にも気を使えば効果は更にアップします。
ツボを押す前に息を吸い、押しながらゆっくり息を吐きます。そして、力を緩めている間に再び息を吸うようにします。

余計な力を抜いて、絶対に無理はせず、イタ気持ちい程度の力が基本です。
また、疲れが酷い時や体調が悪い時は軽めに押すこと。
傷や炎症のある場所を刺激してはいけません。
How to ストレッチ&マッサージ
参考文献

自分でできる美肌ツボ・やせツボ・癒しツボ (だいわ文庫)

邱 淑惠 / 大和書房

スコア:




関連ページ

by sekotans | 2015-02-07 18:14 | つぼ押し 手もみ | Comments(0)
久しぶりにジョギングしたら突発的な膝痛が・・・
人間の膝には、歩行時は体重の約4倍、
階段を登るときは約7倍もの力がかかっています。
毎日重労働を強いられている膝は、年とともに膝関節が老化し、痛みが生じやすい部位です。
特に寒い季節は足が冷えて血行が悪くなり、急に走ったりすると痛みが起こりがちです。
まずは、特効ツボを刺激して痛みを和らげましょう。

突発的な膝痛には・・・
●血海 けっかい & 三陰交 さんいんこう
血海は膝のお皿から斜め上に指3本分ほどのところです。
三陰交は、内くるぶしから手のひら分上に行ったところです。

↑動画では2分6秒~。
f0115484_197961.jpg

足が冷えているときは・・・
●足三里 あしさんり
膝のお皿の下のやや外側にある骨の出っ張りから、指3本分ほど舌の骨と筋肉の間にあります。

↑6分4秒~。
f0115484_19231150.jpg

●委中 いちゅう & 承山 しょうざん
委中は膝の裏の真ん中です。
f0115484_19282539.jpg

承山はアキレス腱を下から上にたどり、硬い腱が筋肉に変わるところ。
いずれも足の血行を促進します。
f0115484_19274194.jpg

参考文献

あなたに効く!症状別・ツボの大図鑑―ひとりでできる!治せる!元気になる!

岩田 一郎 / 永岡書店

スコア:


関連ページ
むくみ・冷え解消♪脚のセルフマッサージ&ツボ押し(動画付き)
f0115484_1936066.jpg


膝痛を和らげるセルフマッサージ
f0115484_20503167.jpg


膝が痛い方向けの整体(動画)

膝が痛い女性への施術動画を撮りました。

膝痛体操1
f0115484_1537365.jpg

ひざ痛体操2
f0115484_2025517.jpg

by sekotans | 2014-12-29 19:46 | つぼ押し 手もみ | Comments(0)
風邪は万病の元ですから、かかった時には早めに治療するに越したことはありません。
しかし、予防や初期の症状であれば、以下に記す方法で十分効果が上がります。
治し方
1.腕こすり
手のひらを合わせてよくこすりあわせます。
そして熱くなった手で、もう一方の指先から腕の付け根まで、内側も外側も擦り上げます。
これは手の肺経、三焦経、心包経、心経などを一度に刺激することになり、血液が全身を駆け巡り、あらゆる機能を高めて、風邪に負けない体を作ります。
f0115484_19411213.jpg

2.湧泉のツボ押し
足の湧泉は元気を出すツボです。
両手の親指で強く押して下さい。
f0115484_15411016.jpg

3.耳マッサージ
耳は、体の中で一番体温が低い上、外気の寒さも強く受けます。
耳を寒さから守ることが全身的な健康の保持に通じます。
イラストや写真に示した2点を中心に1分間、指先の腹でよくこすり、揉みほぐします。
f0115484_19504247.jpg
f0115484_19503184.jpg

 日頃から寒さに対しての鍛錬ができていない人、虚弱体質の人などは抵抗力が弱いので、天候の変わり目や忙しさで風邪を引くことになります。
風邪をひきやすい方やなかなか治らずに困っている方は、関連ページもご参照の上、普段からケアと体力づくりを心がけましょう。

参考文献

手と足のツボ77―こんなときには、ここを押せ

堤 芳郎 / 日東書院本社

スコア:


関連ページ
寒気がしたら
f0115484_8574973.jpg

背中が美しい人は、風邪を引きにくい
f0115484_2025841.jpg

冬は「首」と名の付くところを温める
f0115484_18492926.jpg

風邪をうつされたくない
f0115484_1382199.jpg

のどの痛み・腫れ
f0115484_17143345.jpg

風邪には血液浄化
(人の手ならではのデトックス=ペーシング効果)
f0115484_1323539.jpg

健康、美容に効く自律神経鍛錬法(風邪予防にも効果的)
f0115484_1344670.jpg

by sekotans | 2014-12-16 19:58 | つぼ押し 手もみ | Comments(0)
8月25日に紹介した「顔もみ」
自律神経を調整する「顔もみ」
f0115484_19284194.jpg

とセットで行うとより効果的なのが「頭もみ」です。
脳幹のうち、延髄と橋(きょう)、中脳は、デルマトーム理論により、顔もみで刺激できると考えられます。
デルマトームとは、神経学理論に基づき、中枢神経が支配する領域を示した図です。
f0115484_191789.jpg

心臓、肺、胃、肝臓、膵臓、腸などの胸部や腹部の内臓を支配する中枢は、脳幹に存在します。
ですから、心臓や呼吸器、消化器などの病気も、顔もみで調整できると考えられます。

ホルモン分泌や体温調整に関わる中枢は、脳幹のうちの間脳(視床、視床下部、下垂体)です。
間脳は、頭を揉むことで刺激できると考えられます。
頭もみで重要なポイントの1つが、後頭部の髪の生え際にある「天柱てんちゅう」というツボです。
天柱は、後頭部全体を支配する大後頭神経上のツボです。
天柱に親指を当てて頭皮を揉むことで、大脳のリラックス効果と自律神経の調整効果が期待できます。

頭もみのやり方
親指で天柱のツボを押しながら、人差し指から小指までの指先を頭皮に当ててみて、固いところや痛いところを中心に10回ほど揉みます。
1日2~3セット。
刺激に慣れたら徐々に回数を増やしてかまいません。
f0115484_19212752.jpg

参考文献

脳神経外科医が考案した超健康になる「顔もみ療法」 (自律神経の調整ポイントは「顔」だった)

長田 裕 / マキノ出版

スコア:



関連ページ
頭の疲れを取る体操(動画付き)
f0115484_16351277.jpg

脳幹を刺激するマッサージ
f0115484_14485867.jpg

頭のツボ刺激で老廃物や余分な水分とサヨナラ!
f0115484_14384744.jpg

後頭神経痛2
f0115484_17455847.jpg

恒常性と調節(内分泌/外分泌)
f0115484_17105360.jpg

顔を見てわかる体や心の状態
f0115484_16395169.jpg

by sekotans | 2014-08-26 19:28 | つぼ押し 手もみ | Comments(6)
毎日3分の足指つまみで万病が改善
f0115484_2021069.jpg

という記事がランキング上位になっていましたので、実践する際の参考になるよう、動画を撮りました。

「爪もみ」の観点を取り入れたり、私自身の知識や考えも取り入れてお話し&マッサージをしていますので、記事内容よりも時間ややることが増えていますが、実際には短縮してOKです。
今、私の健康に対する考えは、「足と歯を大事にして、しっかりケアしていれば元気でいられる。逆に他を大事にしても足や歯がダメだったら全身ガタガタになる」という結論に落ち着いています。

これからまだまだ色々な出来事を経験したり、本を読んだり、動画を見たり、お話を聞いたりするうちに「もっと大事なことがあった」となるかもしれませんが、今のところ「歯と足が要かな」と思っています。
なので、私は銀歯がありません。
銀歯は「アマルガム」という金属を使っていてそれが全身に悪影響を与えるそうで。
意外に思われるでしょうが、合金の詰め物が電磁波のアンテナになったり、どこかに電流を流したりすることで頭痛や肩こり、冷え性、だるさなど、慢性的な症状の原因になることもあるのです。
原因不明の痒い湿疹が全身にできて病院めぐりをし、様々な薬を飲んだり塗ったりしても治らなかった初老の男性が、銀歯を金歯に替えたらすっかり治った、という話をテレビで見たこともあります。
私の場合金属アレルギーもあるので銀歯は体に合わず、金歯にしたら気にならなくなりました。
そもそも保険適用の銀歯は劣化をするので接着面に隙間ができて虫歯が広がるリスクが年々増えるのだとか。
実際、私も銀歯だったところが虫歯になってしまい、金歯に変えました。
というわけで私は治療した歯は全部金歯なのです。お金かかってます。(-_-;)
これ以上は虫歯を増やしたくないのでマウスケア、頑張ってます。
by sekotans | 2014-07-18 12:15 | つぼ押し 手もみ | Comments(0)
元記事はこちら。脳幹を刺激するマッサージ(動画付き)
f0115484_14485867.jpg


イラストと文章だけではわかりにくいかと思いましたので、動画を撮りました。
本の説明はかなりあっさりしたものでしたので、本の内容をベースにかなり私の解釈やアレンジが加わっております。
●目が疲れている
●いいアイディアが浮かばない
●顔色や表情が暗い
●目つきや顔つきがキツいと言われる

という方はお試しください。
ちなみに私のエプロンが裏側ですがそこは気にしないでください。(笑)
by sekotans | 2014-07-11 14:47 | つぼ押し 手もみ | Comments(0)
綿棒を使って手軽に老け顔対策
綿棒によるツボ刺激で美肌が手に入る
身近にある綿棒は顔のツボ押しに最適です。
その理由は主に2つ。
1.安全で清潔
先端がコットンで、柔らかく押しすぎません。
抗菌加工や個別包装で清潔に使えるものが多いのもポイント。

2.的確にツボを捉えられる
面積の小さなツボに、綿棒の先端がフィット。
ピンポイントで正確にツボに刺激を加えられます。

顔は体の他の部位より刺激に敏感に反応するため、ちょっとした刺激で効果が出るし、その効果を自分で感じやすいのです。
綿棒は、皮膚の薄い耳の手入れを想定して作られているため、先が柔らかく安全。
繊細な場所にも安心して使えます。

顔ツボ刺激は内臓の調子を整えるため、体の内側からの美肌効果が。
顔の筋肉に指令を出す脳神経の働きが鈍るとシワやシミ、たるみ・ほうれい線などの原因にもなります。
顔ツボ刺激なら、脳神経にもアプローチできます。

血流アップ、肌調子改善!3つの万能美肌ツボ
1.四白 しはく
たるみ予防に効果。シミやクマも改善。
目の真ん中(瞳孔)から下瞼へ真下1センチのところで、頬骨の上の際。
肌の弾力アップに効果的。
目の舌や頬のたるみ予防に効果があり、シミやクマも改善。眼精疲労にも◎。
斜め上に痛くない程度に圧す。

2.承漿 しょうしょう
顔疲れを取り、口元のたるみ予防。
下唇の真ん中から下あごの先に続く、溝の中央。
ストレスや寝不足などの顔の疲れを取り、血行を上げ、くすみや口元のたるみ予防に役立つ。
やや強めに押してもOK.

3.頬車 きょうしゃ
たるみに効く。顔面全体の血流アップ。
左右の下あごの骨の橋で、歯を食いしばった時に皮膚が盛り上がる場所。
顔全体の血流を促進。
顔を引き上げる小さな筋肉が集まる場所で、刺激すると顔全体のたるみ予防に良い。
f0115484_15175348.jpg

注意点
●綿棒の持ち方は指3本で中央より短めに。
●鏡を見ながら
●圧を感じるくらいの力で
●5~10秒押し続けてじんわり効かせる
●同じ場所を続けて押さない。
●朝晩、一日2回行う。


参考文献

ほうれい線は消せる! (日経BPムック 日経ヘルス別冊)

日経BP社

スコア:



関連ページ
美顔のツボ・マッサージ
f0115484_1611634.jpg

健康/美容を損なう元凶「口呼吸」にあいうべ体操(動画付き)
f0115484_12344318.jpg


by sekotans | 2014-06-27 15:31 | つぼ押し 手もみ | Comments(0)
梅雨は小腸が病んだり、持病が痛み出しやすい
6月は春から夏への変わり目の季節です。
夏至になると高温多湿の日々が続きます。
入梅や梅雨の梅とは梅の実が熟すところからと言われます。
植物は冬の間にも成長を続け、早春に花を咲かせ、この時期に実るのです。

人間も同様で気力が充実し、活動的になる季節です。
しかし、さわやかな初夏に慣れはじめた体には、気圧の谷間に訪れる底冷えなど、本格的な夏への気候の変化に適応できないことが多く、小腸を病み下痢、食欲不振が起こります。
時に寒く、しかし高温多湿を常とするこの時期はまた、リューマチや坐骨神経痛などの持病が痛み出します。
足や手を寒湿の邪気から守るように心がけましょう。

トマト、きゅうりなど代表的な生野菜が旬を迎えます。
しかし、生野菜ばかりに頼らず、じゃがいもやにんじんなど根菜類もしっかりメニューに加えましょう。
そして、
●肩こり
●神経痛
●偏頭痛
を和らげ、
また予防するために、足の「丘墟」「臨泣(りんきゅう)」を刺激してください。
この2つのツボはともに足の少陽胆経という経絡に属し、この経絡には目の外窩から耳、肩をまわり、体の外側から腿へと下がり、足の第四指まで43(両側で86)のツボがあります。
初めは押すと痛みますが、しばらくするとポカポカと温かく、気持ちが良くなります。
●寝違い
●五十肩
などの初期の段階にも効果があります。
f0115484_1736780.jpg


参考文献

春夏秋冬ちょっといいツボ―四季の過ごし方とツボ療法 (やさしい家庭医学)

伊藤 直子 / 新日本医学出版社

スコア:


関連ページ
肝臓の内臓反射(肝経⇔胆経)
f0115484_14254092.jpg

肝・胆経が弱ると・・・
f0115484_106550.jpg

胃腸病は脾経の異常(●腹八分目の食事、●甘みの制限、●指圧の励行)
f0115484_17112550.jpg

冷え、胃腸症状に梅醤番茶(余分な水分を排出するホットドリンク)
f0115484_169421.jpg

by sekotans | 2014-06-07 17:56 | つぼ押し 手もみ | Comments(0)

中野区新井薬師前、個人経営の整体サロン。健康・美容・マッサージ情報。月~土10時~20時営業。日祝と火曜休み。老若男女歓迎。ネットで即時予約可能。?03-3388-3372


by りらく屋 花澤誠子