リラクゼーション整体 ツボゲッチューりらく屋

riraseko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ストレッチ( 36 )

「ストレッチは健康・美容のために良いらしい」という認識はずいぶん浸透しました。
しかし、「なぜ良いのか?」「どのように行うべきなのか?」など具体的な知識はあやふやな人が多いようです。
自己流ストレッチは効果が見込めないばかりか、危険なこともあります。

まずは素朴な疑問とその答えをご紹介します。
f0115484_17564623.jpg
Q1 始めてからどのくらいで効果が出ますか?
はじめてすぐにその場で姿勢や柔軟性は改善します。
ただ、良い状態を維持するには毎日続けることが大切です。
また、筋肉の組織は3ヶ月で生まれ変わります。
とりあえず2週間は続け、習慣にしていきましょう。

Q2 なかなか柔らかくなりません。
体を十分に温めましょう。
体が温まると血流がアップし、筋肉を伸ばしやすくなります。
また、呼吸は意識していますか?
絶対に息を止めてはいけません。必ずリラックスして息を吐きながら伸ばして下さい。
湯船に浸かったり、ウオーキングなどで体を十分に温めて、気分もほぐしてからが◎。
血液がサラサラになるよう、食生活も見なおしてみてください。(後述)

Q3 年をとっていると体を柔らかくするのは難しい?
年齢は関係ありません。
筋肉は50際、60歳になっても柔らかくすることが出来ます。
また、一般的には女性のほうが男性より筋肉が少ないので、柔らかくなりやすいといえます。
Q4 飽きっぽくて続けられません。
義務ではなく、毎日の習慣にしましょう。
また、30秒程度の短時間でもOKです。
歯磨きや入浴と同じように、生活の一部になれば自然に続けられます。
毎日決まった時間帯に行うなど、日々のリズムに組み込む努力をしてみましょう。

Q5 酢を飲むと体がやわらかくなるって本当?
昔からお酢を飲むと体がやわらかくなると言われていますが、それは、お酢の主成分である酢酸が骨のカルシウム分を溶かし、骨をやわらかくするというところからきているかと思います。
ただし、それは調理に関しての話。
実際に、お酢を飲んで体がやわらかくなるという科学的なデータはありません。
ただ、真っ赤なウソともいえません。
というのは、酢に含まれる酢酸が血管を拡張して血行を良くするので、筋肉中の乳酸を分解し、筋肉のこりがほぐれ、体が柔らかくなる。とする説もあるからです。
どちらにしても取り過ぎはNGです。

Q6 体を柔らかくしてくれる食べ物ってある?
デトックス効果の高い食品(玄米・海藻・きのこ類など)がおすすめです。
食物繊維は便の量を増やし、排便を促してくれます。
体内の余分なものが排出され、むくみが減るので、筋肉は伸び縮みがしやすく、柔らかくなります。
f0115484_17515187.jpg
Q7 脂肪が多くてぷよぷよしている人は柔軟性も高い?
脂肪が多く太っていると、柔らかそうに見えるかもしれません。
ですが、筋肉は脂肪の奥にあり、全く別物です。
脂肪が柔らかいからといって、筋肉も柔らかいというわけではありません。

参考文献

by sekotans | 2015-02-27 18:29 | ストレッチ | Comments(0)
一流のバレリーナやフィギアスケートの選手になるには、遅くても小学低学年、できれば小学校に入る前からやっておいたほうが良いと言われます。
そんな話もあるからか、
「柔軟性は幼いころにしか身につかない」
「ストレッチは長期間行わないと効果が無い」
というイメージを持っている人が少なくないようです。

もちろん、筋力トレーニングや有酸素運動の効果同様、1度のストレッチで劇的に効果が現れることはありません。
ですが、実はあらゆるトレーニングの中でストレッチングは、最も効果が早く表れるのです。

皆さんは立位体前屈などで、一回目より二回目の柔軟性が向上していた経験や、テレビなどで柔軟性をチェックした参加者が同様の結果を出しているのを見たことがありませんか。

一見、不思議で驚くべきことですが、実はこれは当たり前の現象です。
安静時からいきなりストレッチしようとしても筋肉は冷えているし、姿勢を保つために緊張している筋肉もあるので、うまく伸ばすことはできません。
ストレッチは一度目より二度目、二度目より三度目のほうが効果が上がるに「決まっている」のです。
1回めと2回めの間に腰を振ったり、屈伸などの筋温を高める動き、尻や腿裏を伸ばす動きがあればなおのこと、効果は顕著に現れます。

筋力や持久力のテストではこうはいきません。
握力テストでも、持久走でも、筋力や持久力は1回目より2回めのほうが記録が低下することがほとんどです。
それは筋力や持久力を発揮するときにはエネルギーをたくさん消費し、疲労を伴うからです。

すぐに効果が表れるからといって、いきなりだれでも1日で劇的に体がやわらかくなるわけではありません。
回を重ねるごとに柔らかくはなりますが、5回程度行うと「もうこれ以上伸びない」というその日の限界が訪れます。
柔軟性を向上させるには、筋力や持久力と同様、ストレッチを継続することが必要です。
継続することで、少しずつ柔軟性は向上します。

例えば座位体前屈は週に3回、3分ずつでも継続して1年行えば、どんなに硬い人でもつま先を持てるようになります。
すでにつま先を持てる人であれば、1年でぴったり胸が膝につくようになります。

また、トレーニングを中止すると能力が徐々に落ちていきますが、自分に必要な柔軟性を獲得できた後は、週に1回継続すればその柔軟性を維持することができます。

ちなみに冒頭のバレリーナやフィギアスケート選手ですが、早期に行わないとなかなか一流になれないのは通説のとおりだと思います。
しかし、その理由はバレエやフィギアスケートの技術が一般の陸上で行うスポーツと異なり、日常生活にない「独特で複雑なもの」であるからです。
その技術の基板となる一つの要因が柔軟性ですが、そればかりが大きく影響するわけではありません。
柔軟性は何歳になってからでも獲得できるのです。
ただし、間違った方法では効果がありませんので、関連ページを参考に、正しく行うようにしてください。
f0115484_15592265.jpg

参考文献

やってはいけないストレッチ (青春新書インテリジェンス)

坂詰 真二 / 青春出版社

スコア:


関連ページ
「頑張るストレッチ」は逆効果
f0115484_13283367.jpg

How to ストレッチ&マッサージ
f0115484_19121234.jpg

ストレッチの注意事項
f0115484_1547599.jpg

ストレッチの効能(筋紡錘を働かせないこと)
f0115484_158273.jpg

by sekotans | 2014-04-09 16:08 | ストレッチ | Comments(0)
「もうこれ以上伸びません」はいけません!
フィットネスクラブでも、スポーツの現場でも、顔をしかめながら、あるいはうめきながらストレッチをしている方を見かけることがあります。
中には二人一組で押し合い、「痛い、痛い」と言いながらやっている人も。
こんなストレッチは、筋肉にとって逆効果。
むしろ柔軟性を低下させてしまう可能性もあります。

イソップ物語に「北風と太陽」という話があります。
旅人のコートをどちらが脱がせるか、北風と太陽が賭けをします。
ビュービューと強い北風に、旅人はしっかりと上着を守り、温かな太陽の日差しには自然と服を脱ぐ。
ストレッチでも同じようなことが言えます。
無理にギュウギュウと力を込めてストレッチをしてしまうと筋肉に力が入ってかえって伸びにくくなり、優しく伸ばしてあげると徐々に力が抜けて筋肉は伸びやすくなるのです。

私達が転んだりぶつけたりして「痛み」を感じると、自律神経の交感神経が働き、ぶつけた部位周辺の運動神経が興奮して、筋肉の緊張が起こります。
痛みには出血を伴うことが多いですから、これは筋肉が緊張し血流を悪くすることで、出血を最小限に抑える防衛反応です。
ですから、ストレッチで交感神経や運動神経が興奮してしまうと、筋肉は伸びにくくなります。
ストレッチで筋肉をゆるめたいなら、「痛さ」が伴ってはマイナスなのです。
また、筋肉は伸ばされると、筋紡錘が働いて、脳を介さず反射として緊張し、短くなろうとします。
これは姿勢を維持するために備わっている姿勢反射の一つで、「伸張反射」といいます。
これもまた筋肉を伸ばす上ではマイナスになります。
最も問題なのは、人から無理に伸ばされようとすれば、自分でも筋肉が切れる不安から自然と抵抗して力を入れてしまうことです。

とにかく「ギュウギュウ」と力を込めたストレッチでは、筋肉は頑なになって、伸びることはないのです。
それでもど根性で筋肉を伸ばしたら、筋肉が切れて肉離れを起こしたり、関節を痛めてしまうかもしれません。
相撲、体操、バレエなど、特に柔軟性を求められる競技では、過剰に力を加えてストレッチをする傾向があります。
そういった歴史の古い競技では、教える方の「力」が強いため、お弟子さんや生徒さんが筋肉を損傷しても、なかなか言い出せない空気があります。
相撲取りは弟子入りすると180度の開脚、いわゆる股割りを行います。
この激しいストレッチで、股関節周囲にある筋肉や靭帯を痛めて、廃業に追い込まれる人もいるようです。

筋肉を伸ばすには「筋肉が脱力している」ことが第一です。
そのためには暖かな太陽のように優しく、痛みを感じない範囲で伸ばして、筋肉をほぐしながら行うことが肝心です。
f0115484_13283367.jpg


参考文献

やってはいけないストレッチ (青春新書インテリジェンス)

坂詰 真二 / 青春出版社

スコア:



関連ページ
筋肉が固くなる理由
f0115484_195494.jpg

ストレッチの効能(筋紡錘を働かせないこと)
f0115484_158273.jpg

動的ストレッチ、筋弛緩法、静的ストレッチ
f0115484_13253928.jpg

若い体の秘密は柔軟性
f0115484_2032318.jpg

How to ストレッチ&マッサージ
f0115484_19121234.jpg

ストレッチの注意事項
f0115484_1547599.jpg

ストレッチについて(基礎代謝の説明など)
f0115484_17364183.jpg

by sekotans | 2014-04-08 13:40 | ストレッチ | Comments(0)
胸鎖乳突筋と僧帽筋が緊張すると、首や肩が凝りやすく、胸は過緊張を起こし呼吸が浅くなります。

今回紹介するストレッチは「クリック一発解消法」ともいわれ「姿勢咬合医研究会」の主催者川邊研次先生が考案されました。

●首や肩のコリ
●頭痛
●頬の痛み
●開口時にあごが鳴る
といった症状に良く効きます。

●噛み合わせ不良
●寝違え
●鎖骨の位置がアンバランス

といった症状にも効果的です。
口腔や胸の緊張がゆるむので胸のつかえが取れたように楽になり、呼吸が自然と深くなるでしょう。

手順はイラストを参照し、決してムリしないようゆっくり行ってみてください。
1.ストレッチごとに必ず頭を真ん中に戻す。
2.頭を倒すときはまず横に倒してから前後に倒す。頭を戻すときはその逆に。
3.伸ばすときは頭の重みを感じながら、その重さで自然に伸びるように行う。
4.伸ばしたいスジの付着部それぞれに手を添え、伸びるのを補助するようにわずかに引っ張る。
という4点に注意しましょう。
f0115484_1939108.jpg

1.頭を左に倒し、更に後ろにゆっくり倒しながら、右の鎖骨の前方とエラの上方の部分に手を起き、伸びる手助けをするように軽く引っ張る。
2.頭を元に戻し、今度は右に倒し、更に斜め前にゆっくり倒しながら、肩と頭の付け根に手を起き、軽く引っ張る。
3.頭を下に戻した後、右に倒し、さらに斜め後ろにゆっくり倒しながら1.と同様に行う。
4.頭を下に戻した後、左に倒し、さらに斜め前にゆっくり倒しながら2.と同様におこなう。
5.頭を元に戻し、右を向きスジ状に出る筋肉(胸鎖乳突筋)を後ろの方に向かってマッサージする。
6.頭を元に戻し、左を向き首の付け根の筋肉(僧帽筋)を前の方に向かってマッサージする。
反対側の筋肉も同じように、5.6.の手順でマッサージする。



参考文献

歯はいのち!―気持ちよく噛めて身体が楽になる整体入門

笠茂 享久 / 文藝春秋

スコア:



関連ページ
首のストレッチ
f0115484_1736656.jpg

不良姿勢矯正ストレッチ 首
f0115484_17355973.jpg

頭・首の筋肉、働き、マッサージ法、傷害など
f0115484_16155798.jpg

首コリ体操
f0115484_16201035.jpg

首・デコルテ矯正4ステップ
f0115484_13594874.jpg

by sekotans | 2014-01-07 19:51 | ストレッチ | Comments(0)
f0115484_13253928.jpg
ストレッチには
「大きく動いて行う」動的ストレッチと、
「姿勢を保持して行う」静的ストレッチがあります。
それぞれのやり方や特徴と、
静的ストレッチの安全性と効果を高める「筋弛緩法」をご紹介します。

動的ストレッチ

動的ストレッチはラジオ体操のように体を動かして筋肉に血液を送ることを目的にしています。
筋肉に多くの血液が流れるようになれば、毛細血管が増えて、栄養や酸素が送られやすくなります。
また、関節内にある滑液包(かつえきほう)が刺激されることで、滑液が出て、関節がスムーズに動くように準備をします。
ポイントはできるだけ大きくダイナミックに、かつゆっくり動くこと。
一つの動作を30~60秒続けます。
朝起きた時や、仕事中に簡単に行えるので便利です。

動的ストレッチの例
骨盤のゆがみをとる①(大きく回す)
f0115484_1147920.jpg

タイプ別肩こり体操(筋肉疲労)
f0115484_1136829.jpg


筋弛緩法
体をリラックスさせるのはなかなか難しいもの。
力を抜いたつもりでも、入っている場合が多いのです。
静的ストレッチを行うためには筋肉がゆるんでいることが重要です。
そこで力を抜いた状態をこの方法で覚えましょう。
やり方は、全身に6割程度の力を入れて15秒ほどその状態を保持し、その後、一気にストンと力を抜きます。
一度、力を入れることで力を抜く感覚がわかってきます。

筋弛緩法の具体例
立って脱力
f0115484_12284561.jpg

O脚矯正のためには
f0115484_11331382.jpg


静的ストレッチ
筋肉を伸ばすことで歪みの改善や、疲労の除去を狙っています。
静かに、じわじわと筋肉を30秒かけて伸ばすことで、筋肉内へ酸素や栄養を送り、代謝物が溜まった筋肉の疲労を軽減すると同時に、柔軟性のアンバランスを整え歪みを取り除きます。
就寝前の風呂上りや、スポーツを行った後に行うのがおすすめ。
動かずにゆっくりと行うので、心身がリラックスできます。

静的ストレッチの例
肩・首筋の筋肉のコリをほぐす
f0115484_1222558.jpg

普段と逆向きの運動を
f0115484_1715477.jpg


参考文献

Dr.クロワッサン 病気にならない全身ストレッチ (マガジンハウスムック Dr.クロワッサン)

マガジンハウス

スコア:


関連ページ
ストレッチの効能(筋紡錘を働かせないこと)
f0115484_158273.jpg

ストレッチの注意事項(どちらも筋肉刺激なのでマッサージと共通します。)
f0115484_1547599.jpg

How to ストレッチ&マッサージ
f0115484_19121234.jpg

ストレッチについて
f0115484_17364183.jpg

ストレッチをしましょう
f0115484_1795048.jpg

ストレッチでダイエット
f0115484_1702192.jpg

by sekotans | 2013-08-07 13:41 | ストレッチ | Comments(0)
ストレッチテストは、体の状態や筋肉各部の柔軟性を把握するのに便利です。

特に、マッサージの前に行うことによって、どの部位を重点的にマッサージしたらよいかがわかります。

硬い場所は凝っていたり、柔軟性を失っているサインであり、痛みが出たり、ケガをしやすくなっている部分なので、ケアが必要なのです。

このテストで硬いと認められた部位は、マッサージやストレッチングを行い、柔軟性を高めるようにしましょう。(以下の方法は各部の柔軟性テストでもあり、筋肉のほぐし方、ストレッチでもあります。)

大腿前部のストレッチテスト(ペア)

うつ伏せになり、膝を曲げてかかとを自分の方向に近づける。
この時臀部を押さえて体を動かさないように固定し、かかとを臀部の方に押していく。
同様に反対の足でも行い、かかとから臀部までの距離を見て、大腿前部の筋肉の柔軟性をチェック。
大腿前部の肉離れや膝関節の怪我をしている足は、かかとと臀部の距離が大きくなります。
(ホワイトボード参照)
一人で行う場合はイラスト下部分の動作で大腿前部のストレッチができます。
f0115484_1154441.jpg

※詳細は関連ページから御覧ください

大腿部内転筋(ペア)

仰向けの状態で膝を曲げ、そのまま外側に倒す。
内転筋が硬い人は膝が床につかない。
大腿内側部の進展法としても用いられる。

腰部(セルフ)
足を伸ばして座る。
膝を曲げないように注意しながら、ゆっくりと上体を前に倒していく。
手の位置がどのあたりまで行くかで腰部の柔軟性をチェックする。

大腿後部(ペア)
仰向けになり、膝を曲げずに片足を上げる。
床から足までの角度は90度が平均。
90度以下ならばハムストリングスが硬い。

下腿後部(セルフ)

足の裏を床につけたまま片膝を曲げて、腰を落とす。
腰の位置が低いほど柔軟性がある。
下腿部と床の角度が60度以上だと硬い。

肩(セルフ)
立位で片手を上げて背中で、もう一方の手とつなぐようにする。
指先同士でつかめるくらいが正常。
10センチ以上離れるとかなり硬い。
左右両側をやること。
f0115484_171385.jpg


参考文献

スポーツマッサージ―コンディショニング・スポーツ傷害予防のための

増田 雄一 / 新星出版社

スコア:



関連ページ
腿の後ろ(ハムストリングス)のストレッチ
f0115484_1913847.jpg

腰のストレッチ
f0115484_1534658.jpg

左右のゆがみ矯正法(足指、足の裏の筋肉、アキレス腱、ふくらはぎ、ひざ裏、腰を伸ばし疲労を取り去ります)
f0115484_17243743.jpg

腰痛に関係する骨格・筋肉・靭帯
f0115484_12333267.jpg

若い体の秘密は柔軟性
f0115484_2032318.jpg

ストレッチの効能(ストレッチは一ヶ月以上続けましょう)
f0115484_158273.jpg

スポーツ後のクーリングダウン
f0115484_1154441.jpg

コリと痛みの原因と法則
f0115484_16154854.jpg

by sekotans | 2013-03-07 17:28 | ストレッチ | Comments(0)
ストレッチの利点、効能、その理屈や注意するポイントをまとめて紹介致します。

ストレッチの利点
1.それほど時間をかけずにできる。
2.誰でも簡単に行える。
3.いつでもどこでも実践できる。
4.気になる部分に集中して行える。
5.毎日できる。

ストレッチの効能

1.毛細血管が増えて、全身に血液が行き渡る。
ストレッチで筋肉を伸ばすとそこへ血液が大量に流れ込みます。
これを続けていくと、血液を体の隅々まで行き渡らせるために、毛細血管が増えてきます。
微細な血管が全身を覆うようになるのです。
その結果、栄養と酸素が全身へと送られるようになり、これらが足りなかったことで起きていた体の不調を軽減することが出来ます。
※冷え、むくみ、血行不良による肩こり、腰痛、頭痛、眼精疲労、かすみ目など。

2.筋肉の温度を上げて柔軟性を取り戻せる。

筋肉が硬いと血液が流れ込みにくくなり、その場所の温度が下がっていきます。
すると、筋肉はさらに硬直していきます。
ストレッチを繰り返し行うことで、エネルギーが生まれ、温かい血液が入り、筋肉の温度を上昇。
筋肉は弛緩し、柔軟性を取り戻します。
同時に、物理的に筋肉を伸ばしているので、その結果としても柔軟性は向上します。

筋肉のバランスを整えて、骨格の歪みを解消できる。

人間の体は一本の柱に例えることが出来ます。
そしてこの柱はテントのポールのように何本ものロープで支えられて直立しています。
このロープが筋肉です。
あるロープを引っ張りすぎると、ポールはその方向へと傾いてしまいます。
同じようにある筋肉がかたくなって縮むと、柱は傾き、骨格がゆがんでしまいます。
ストレッチでゆがんだ筋肉を伸ばせば、歪みを解消できるのです。

4.乳酸を少なくして、疲労を除去できるようになる。
筋肉を動かしたり、同じ姿勢を続けると、乳酸という代謝物が溜まってきます。
筋肉の中に箱があるとすると、そこが乳酸でいっぱいになってしまい、酸素や栄養が入るスペースが無くなってしまいます。
ストレッチを行うと、箱が引き伸ばされてスペースが生まれ、そのスペースに酸素と栄養が入り込み、疲労が除去できるのです。

ストレッチの注意点

1.筋紡錘(きんぼうすい)というセンサーを働かせてはいけない
筋紡錘の働きは筋肉が伸びすぎて切れるのを防ぐこと。
急に筋肉が伸びたり、これ以上伸びたら危険という時に「縮め!」と司令を出します。
ストレッチは筋肉を伸ばすことが目的ですから、このセンサーを働かさないのがポイント。
ゆっくりと、かつ痛気持ちいいと感じるところまで伸ばしましょう。
そうすれば、筋紡錘は眠りについたまま。

2.1ヶ月以上続けましょう。
毎日ストレッチをすれば体は変わります。
ただし、はじめの1か月間は大きな体の変化を実感できることはないでしょう。
なぜか。筋肉は、筋膜という膜で覆われています。
ストレッチを始めると、まずこの筋膜が伸ばされるのです。
そしてこれが充分に弛緩したら、いよいよ筋肉が伸ばされていきます。
それまでの時間が数週間から1ヶ月程度なのです。
ストレッチを生活の一部にして、1ヶ月以上続ければ、素晴らしい変化へとつながっていきます。
f0115484_158273.jpg

参考文献

Dr.クロワッサン 病気にならない全身ストレッチ (マガジンハウスムック Dr.クロワッサン)

マガジンハウス

スコア:



関連ページ
同じ姿勢をとり続けると・・・
f0115484_12544760.jpg

若い体の秘密は柔軟性
f0115484_2032318.jpg

How to ストレッチ&マッサージ
f0115484_19121234.jpg

正しいウオーミングアップとクーリングダウン
f0115484_16325347.jpg

ストレッチの注意事項(どちらも筋肉刺激なのでマッサージと共通します。)
f0115484_1547599.jpg

ストレッチについて(基礎代謝の説明など)
f0115484_17364183.jpg

乳酸をためやすい生活チェック
f0115484_1834160.jpg

ストレッチでダイエット
f0115484_1702192.jpg

by sekotans | 2012-06-04 15:19 | ストレッチ | Comments(0)
スポーツやマッサージを始める前にまずはストレッチで体の柔軟性をチェックしましょう。

体の中で柔軟性にかけている部分を把握しておくことで、どこにポイントを置いて体をメンテナンスすればいいかわかってきます。

体が硬い部分は運動や日頃の動作の際に負担がかかる確率が高いので、日頃から積極的にストレッチを行ったり、重点的にマッサージしたりして、柔軟性を高めるように心がけましょう。

1.足首
足の裏を床につけたまま、腰を落として膝を抱えるようにします。
膝を抱えたまま静止できればOK.
足首の柔軟性が高いということです。
f0115484_12345144.jpg

注意!
かかとが浮いてしまうとNG.
足首の関節が硬い人は無理に腰を落とそうとすると、後ろに転んでしまいます。
壁の近くなど、すぐにつかまることが出来る場所で行うなど安全性の配慮を。

2.ふくらはぎ
片足を前に出し、足の裏を床につけた状態で腰を落とします。
左右ともに行います。
f0115484_2032318.jpg

注意!
足の踵が床から離れてしまったり、膝が曲がってしまうのはNG.
正しい姿勢でどこまで腰を落とせるかをチェックしましょう。

3.太もも表側
片足を前に出し、もう片方の足の膝が床につくまで、腰を落とします。
左右ともに行います。
上体をまっすぐに保っていられればOK.
太もも表側の柔軟性が高いということです。
f0115484_15573294.jpg

注意!
上体をまっすぐに保っていられず、前に倒れてしまうとNG.
上体を起こした状態でどこまで腰を落とせるかをチェックしましょう。

4.太もも表側2
ペアになります。
受者にうつぶせに寝てもらいます。
操者は足首を持ち、膝を曲げてかかとをお尻に近づけます。
左右ともに行います。
かかとがおしりに付けば太ももの表側の柔軟性が高いということです。
f0115484_1154441.jpg

↑セルフストレッチする場合。

注意!
かかとをお尻に近づけたときに、おしりが持ち上がってしまうとNG.
おしりをおさえて、持ち上がらない範囲でチェックしましょう。

5.太もも裏側(ハムストリングス)
ペアになります。
受者に仰向けに寝てもらいます。
操者は受者の膝をまっすぐに伸ばしたまま、かかとを持って足を持ち上げます。
左右ともに行います。
足が床に垂直になるまで上がればOK.
太ももの裏側の柔軟性が高いということです。
f0115484_1913847.jpg

↑セルフストレッチをする場合。

注意!
おしりが浮いたり、膝が曲がってしまうとNG.
おしりが浮かないところまでで止めます。



参考文献

DVDスポーツマッサージ

西東社

スコア:



関連ページ
若い体の秘密は柔軟性
f0115484_2032318.jpg

アキレス腱のマッサージ
f0115484_1341686.jpg

手が疲れない「足のマッサージ法」
f0115484_17394288.jpg

ストレッチについて
ストレッチをしましょう。
f0115484_1795048.jpg

by sekotans | 2011-12-15 16:43 | ストレッチ | Comments(0)
息を吐いた時にお腹をへこませて、息をすった時にお腹をふくらませることで、かたくなった横隔膜をほぐしていく、基本のストレッチ。

横隔膜が上下に伸び縮みするのを感じながら、大きく呼吸をするのがポイントです。
1.うつぶせに寝て、スタンバイ。
平らな場所にうつぶせになり、足は、肩幅くらいに開く。
手は胸の横に。

2.上半身を起こして、口から息をフーッ。

足の先からお腹まで、しっかり伸びていることを意識して。
肩を後ろに引くようにして上半身も伸ばす。
この状態で口から息をフーっと吐く。
お腹をへこませて息を押し出すようにすると◎。

3.息を吸ってから止めて、お腹をふくらませる
今度は鼻で息を吸ったら、一度息を止めて、お腹の下まで息を行き渡らせるようにして、お腹をふくらませる。
2.と3.を1セットとして3回繰り返す。
f0115484_14303222.jpg

横隔膜ストレッチの効果
●猫背改善
●美姿力アップ
●くびれやすくなる
●柔軟性アップ
●アンチエイジング


参考文献

美姿力UP!DVDつき 兼子ただし ドSストレッチ完全版―飽きずに毎日できる! (主婦の友生活シリーズ)

兼子ただし / 主婦の友社



関連ページ
下痢に効く運動
f0115484_18303933.jpg

腹式呼吸について
f0115484_1863819.jpg

お腹の硬さをチェック
f0115484_1821248.jpg


★管理人補足★
お腹をほぐすことは全身の筋肉や関節をしなやかにすることに繋がる。ともいわれます。
基本的に日本人は猫背&呼吸が浅い、早い、不規則(止める癖があるなど)という人が多いですから、普段と逆の姿勢(のけぞり)をし、ゆっくりと大きく規則的な呼吸をする。というのは非常に有用と思われます。
ただし、このストレッチは普段しない動きなだけに注意が必要です。
無理をしたり急いで行ったりしないで下さい。
by sekotans | 2011-11-12 14:58 | ストレッチ | Comments(4)
●パソコン
●携帯メール
●書類や手紙の手書き
●重いかばんや荷物を運ぶ
●育児

など手や腕を酷使したときに疲れを感じるのが手首。

疲れを解消するためには、手首だけでなく、指から手や腕にかけて全体的にストレッチを行うようにしましょう。

手首をさまざまな角度に曲げることで、関節の稼動域が広がります。

また、筋肉の緊張や肩こりもほぐすことが出来ます。

同時に肩のストレッチや首のストレッチも行うことで、全体的にスッキリと疲れが引いていくので試してみてください。

ストレッチのポイント
1.体の前で手を組んで、手のひらを返す
背すじを伸ばして立ち、体の前で両手を組み、大きく息を吸う。

息を吐きながら手首をひねり、親指が手前を通るように手首をひねり、組んだ手のひらを外側に向ける。

手首を反らすように手を前に伸ばし、3回深呼吸。

2.手のひらを反対向きに返す
ひねった手首を元に戻し、大きく息を吸う。

息を吐きながら、親指が外側を通るように手首をひねり、組んだ手のひらを外側に向ける。

手首を反らすように手を前に伸ばし、3回深呼吸。

3.手首をひねって手のひらを太ももにつける
床に正座をして、指先が体のほうを向くように手首をひねる。

手のひら全体を太ももにつけて、3回深呼吸。
f0115484_14343897.jpg


参考文献
体の疲れと痛みをとる速攻ワザ 久永陽介監修 アントレックス発刊

関連ページ
肩・腕のストレッチ
f0115484_1555319.jpg

肩こり解消首回し呼吸
f0115484_158112.jpg

首のストレッチ
f0115484_1595935.jpg

腕のコリに天泉
f0115484_14435023.jpg

肩こり・腕の疲れに
f0115484_14532488.jpg

腕のコリをクイックに取る
f0115484_14533842.jpg

主根管症候群
f0115484_1448304.jpg

腕のむくみ
f0115484_14535669.jpg

腱鞘炎>
f0115484_14552391.jpg

親指湯(手の疲れを取る )
f0115484_14543299.jpg

腕の痛み
f0115484_14545728.jpg



★管理人補足★
りらく屋では『腕ツボ』『腕オイル』のコースもご用意しております。

受けた方からは「「痛みがなくなった」「肩も楽」」「腕が軽い」「手がスッと開く」「手首が動かしやすい」などのお声をいただきます。
腕ツボコース
  20分:2,000円  30分:3,000円  40分:4,000円

※パソコン、運転等で疲れた腕、指、手のひらをいたわります。腕が軽くなると肩こりも軽減。
響く効き目がいたきもでリフレッシュ間違いなし。
手~指のマッサージはきれいな爪を育て血色のよいすっきりした手になります。

腕オイルコース→20分・・・2,000円
            30分・・・3,000円

肌に優しい植物オイルで指先~ひじ上までをトリートメント。
硬く収縮したり、ねじれたりしている筋肉をリリース。ハリ、コリもほぐします。
腕の疲れを解消することで肩コリにも効果があります。

このような方にオススメです
・肩こりにお悩みの方
・腕がだるく重く感じる方
・手あれが気になる方
・手の冷えやむくみが気になる方
f0115484_179086.jpg

by sekotans | 2011-04-26 14:56 | ストレッチ | Comments(0)

中野区新井薬師前、個人経営の整体サロン。健康・美容・マッサージ情報。月~土10時~20時営業。日祝と火曜休み。老若男女歓迎。ネットで即時予約可能。?03-3388-3372


by りらく屋 花澤誠子