リラクゼーション整体 ツボゲッチューりらく屋

riraseko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:むくみ( 27 )

第二の心臓、ふくらはぎは外から状態を確かめたり、直接触ることが出来ます。
まるでセルフドクターのように、体の不調を知らせ、つらさや痛みを和らげてくれます。

健康な人のふくらはぎは、ゴムまりのように弾力があり、ほんのりと温かく、つきたてのお餅のように柔らかです。
ところが、たとえば腎臓が弱っていると、ふくらはぎは弾力を失って薄い革袋のようにグニャグニャに。
血圧が高いと、硬く膨らんで、熱っぽくなりがちです。
腰痛・肩こり、頭痛や糖尿病の持病がある人や、悩みやストレスがある人の多くはふくらはぎがパンパンに張っていたり、奥に芯のようなしこりがあって、ちょっと押してもすごく痛がります。

ふくらはぎが浮腫みやすい人は、血流が悪く、血栓ができやすい体質。
血栓が血管に詰まると、まさに栓をしたように、そこから先に血液が流れなくなり、最悪の場合は突然死の悲劇につながります。
脳梗塞や、エコノミークラス症候群にならないよう、ふくらはぎマッサージを習慣にしましょう。

ふくらはぎでわかる5つの不調
1.熱くて硬い→高血圧
2.熱くて硬くない→急性炎症、風邪など
3.冷たくて硬い→冷え症、婦人病、自律神経失調症
4.冷たくて柔らかい→糖尿病
5.冷たくて柔らかく、弾力がない→腎臓病

by sekotans | 2015-08-17 19:33 | むくみ | Comments(0)
むくみの解消には筋肉のポンプ作用が大事
塩辛いものを食べて水を飲み過ぎると、むくみが起こると思っている方が多いのですが、そう単純なことではありません。
塩分を取ると血中の塩分濃度が高くなるので、水分摂取量が増えます。
すると血液の濃度が薄まって全体量が増え、毛細血管から細胞の間に漏れだす組織間液の量も増えます。
しかし、リンパ管はとても柔軟性があって、通常の20倍位まで広がります。
脚の筋ポンプ作用などが正常に働いていれば、しみでた組織間液をリンパ管にどんどん取り込んでしまうので、むくみは起こりません。
リンパ管に入った水分は、静脈を通って腎臓に入り、尿として排出されます。

朝、顔がむくんでいるわけは?
理由の1つは、寝ている間は脚の筋ポンプ作用が働かないので、リンパ液を押し上げる力が弱くなってしまうため。
もう一つは、顔のリンパ管は、起きているときは重力によって自然に下に流れていくのですが、寝ていると重力の助けが弱くなるので、リンパ液の流れが悪くなるためです。
これは枕が高ければ起こりにくく、逆に枕が低かったり、枕を使わない場合、顔がむくみやすくなります。
(これは物理的な理論として述べただけで、無理に高い枕をすすめるわけではありません)
予防・改善する対策3つ
1.歩く
歩くことで脚の筋肉が収縮して、リンパ管をまわりから適度に圧迫する「筋ポンプ作用」が働き、リンパ管内部の弁を開いて、リンパ液を押し上げる流れをサポートします。
2時間おきに10分程度歩くだけでも、むくみの解消に十分な効果があります。
「血液ポンプ」を使えばたった3分で1万歩分の効果
f0115484_1912126.jpg

2.マッサージ
リンパ管の流れに沿って皮膚の両面を手で優しくマッサージしたり、リンパ管の中継点に当たるリンパ節を圧すことで、外側から適度な圧力がかかり、リンパ液の循環を良くします。
肌に直接触れることで心身がリラックスするので、自律神経を整える効果も期待できます。
むくみ・冷え解消♪脚のセルフマッサージ&ツボ押し
f0115484_1936066.jpg


3.グッズを利用
むくもうとする内部の力を、周囲から押し返そうとするのが肌のハリ。
衰えた内部のハリの代わりに脚を包んで適度な圧力をかける着圧ソックスや弾性ストッキングはむくみの緩和に効果的。
また、足の裏から刺激する健康サンダルやツボ押しグッズの利用もリンパの流れを良くします。
ただし、足の裏を刺激し過ぎると水分が奪われ、角質が厚くなります。
足裏刺激、やりすぎ注意
f0115484_11263071.jpg

健康サンダルは長時間履き続けず、一日15~20分を目安に使用しましょう。
f0115484_151641.jpg

参考文献

7歳若返る!新美肌術―シミ・クマ・くすみを撃退! (AC mook―NHKためしてガッテン)

NHK科学・環境番組部 / アスコム

スコア:


関連ページ
心臓を助けるミルキング・アクション
f0115484_15353435.jpg

たかがむくみも、放置すれば命が危険?
f0115484_1536646.jpg

脚のむくみのメカニズム/予防・解消法
f0115484_172562.jpg

~ながらムクミ対策
f0115484_12233465.jpg

むくみの正体は?放置するとハリなし肌に?
f0115484_18492340.jpg

水を飲んでもみずみずしくなれない
f0115484_15513026.jpg

by sekotans | 2014-09-10 15:30 | むくみ | Comments(0)
むくみは、体型を気にする女性にとって大きな問題ですが、男性にとっても朝履いてきた靴が夕方窮屈に感じたり、デスクワークが終わって足が張って重い、だるいと感じることがあるでしょう。

心臓がぎゅっと収縮することによって、酸素と栄養を含んだ血液が全身へ送られるのですが、その勢いは徐々に弱まり、心臓から遠くなるほど血液は流れにくくなります。
動脈の血圧は、80~130mmHg前後あるのですが、手足の末端にある毛細血管では10~30mmHg程度まで下がり、戻りの静脈内に至っては1桁台までに低下してしまいます。

血管、特に毛細血管からは血管を通過して血液の液体成分がしみだし、細胞周囲を満たす細胞間質液となります。
血液の循環が良いと、同じ量だけ細胞間質液から液体が血管に戻っていくのですが、循環が悪いと、しみだす量だけが増えて、重力に引っ張られた水分が元の血管に戻れなくなります。
これがむくみのメカニズムです。

立位では、心臓から最も遠いふくらはぎや足の血液の流れが最も悪いので、足にむくみが起こりやすくなります。
ちなみに、仰向けで寝ている場合は、地面に近い背中の細胞間質液が増えます。
うつ伏せで寝ると顔がむくみやすいのも同じ理由です。

このようにして重力の作用で滞留しやすい体液の流れを良くする働きをしているのが筋肉です。
筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことで、筋肉な以外の血管がも乱され、重力に逆らって血液が心臓に戻る手助けをしています。
すると、血管からしみだして細胞間にあふれていた体液は血管に戻りやすくなり、むくみが解消されます。
この筋肉の働きは、「ミルキングアクション」と呼ばれ、主に、下半身の筋肉が重要です。
「足は第二の心臓」と呼ばれる理由です。
心臓を助けるミルキング・アクション
f0115484_15353435.jpg

もともと私達の生活は労働、家事でからだを動かすことが多かったため、むくみに悩むことはありませんでした。
しかし現代では運動量そのものが極端に減り、じっと座りっぱなしの時間が増えたためむくみが起きやすい状況にあります。

貧乏ゆすりでOK
むくみなんか大したことないと甘く見ていると、大変なことになります。
血管には血液の逆流を防ぐ「弁」がついているのですが、下半身の血流が滞って、静脈の血液が増えると、弁がその重さを支えきれなくなって壊れてしまうのです。
残念ながらこの弁は、一度壊れると戻すことはできません。
これが下肢静脈瘤の原因になります。
f0115484_11333024.jpg

美容的な意味だけでなく、健康面からもむくみはこわいもの。
むくみが起こるほど血液の循環が悪くなると、血液の塊であるプラークが生まれやすくなります。
それが肺や心臓の細い血管をつまらせてしまうと、肺塞栓や心筋梗塞を引き起こすことになりますから、命に関わるのです。

これを放置せず、解消するには歩いて筋肉を動かすのがいいのですが、難しい場合、椅子に座ったまま足踏みしたり、貧乏ゆすりのようにかかとを上下に動かすだけでも、むくみの解消に役立ちます。
f0115484_1536646.jpg


参考文献

やってはいけないストレッチ (青春新書インテリジェンス)

坂詰 真二 / 青春出版社

スコア:



関連ページ
~ながらムクミ対策
f0115484_12233465.jpg

脚のむくみのメカニズム/予防・解消法
f0115484_172562.jpg

むくみを放置しておくと脂肪になる?
f0115484_13471212.jpg

むくみの正体は?放置するとハリなし肌に?
f0115484_18492340.jpg

危険なむくみ?
f0115484_19512788.jpg

日本人に多い水太り
f0115484_1235292.jpg

水を飲むとむくみやすい?
f0115484_12551894.jpg

管理人補足
りらく屋ではむくみ対策としてオイルトリートメントを行っております。
足オイルコース20分2000円~。
オイルを使用したリンパマッサージは冷えやむくみにとても効果があります。
その効果をさらに高めるべく、精油はカモミール、ゼラニウム、ジンジャー、グレープフルーツ、ジュニパー、ローズマリー、クラリセージなどから好みや状況に応じて選んで使っています。

by sekotans | 2014-04-11 15:50 | むくみ | Comments(0)

水の飲み過ぎに注意

朝起きてすぐ水を飲む必要はない
朝起きると、まず水やお茶、コーヒーを飲むのを習慣にしている人も多いでしょう。
医師も朝水分を取ることを勧めます。
その理由は、寝ている間に500mlもの汗をかくから、失った水分を補うためだといいます。
そうしないと血液が濃縮してドロドロになるともいいます。

しかし、朝起きて顔がむくんでいる人は、無理やり水分を取る必要はありません。
人間の体の大半は水分で出来ています。
体の水分は3つあり、ひとつは血液。もうひとつは細胞の中にある水分です。
血液や細胞中の水分量は常に一定に保たれていますので、余程の脱水でもない限り、血液がドロドロになったり、細胞が干からびたりすることはありえません。
そして3つ目の水分は、細胞と細胞の間の間質液です。
余分な水分はこの間質に蓄えられます。
顔がむくんでいるということは間質液が過剰にあるということですから、水を飲む前にまずむくみを解消しなければなりません。

ガムを噛んで顔のむくみ改善
そのためには、体内の血の巡りを良くし、リンパ液の流れを促して、寝ている間にたまった間質液を血中に戻すように、まずはガムを噛んで唾液をどんどん出すようにするのです。
唾液は口の中の雑菌を洗い流して口臭をなくし、歯のぬめりもとってくれます。
のどに流れ込んだ唾液は、喉の渇きを癒やし、消化管を潤してくれます。
その刺激で腸が蠕動をはじめ、便秘が解消されます。
また消化管から吸収された唾液は血流を良くしてくれるのです。

更にガムを噛むことで首から上の咬筋のポンプ作用によって、それが静脈に流し込まれるようになり、顔のむくみが取れるわけです。
体にたまった余分な水分を排出せずに、新たに水分だけを摂取すれば、ますますむくみはひどくなります。
それよりも、まずは体じゅうがシャキッと目覚めるように、体にたまったむくみ水分を排出し、消化管の中に戻してやるほうが理にかなっています。
朝起きた時に、ふくらはぎがだるいことはありませんか。
そんな時はいつまでもゴロゴロ寝ていないで、パッと起きて家の中でも近所でも歩きましょう。
歩くだけでふくらはぎの筋肉のポンプ作用が働き、下半身にたまった間質液が押し流されてむくみが取れます。
また抹消に溜まっていた血液が洗い流されて循環が良くなります。

要は血液やリンパ液の流れを促すために、日常的にからだを動かすことを習慣化しておくといいということです。
朝のガム噛みも、その一例なのです。

のどが渇いていないのに飲む必要なし
水を一日2l飲むのが健康法だという人もいます。
たしかに、大人が一日に必要な水分摂取量は2lと言われていますが、その半分は食事から取ることができます。
それを更に水分だけ別で取ると、1l以上とりすぎてしまう計算になります。
もともと私達の体には、不足しがちなものは体内に蓄え、過剰なものは体外に排出する働きがあります。
水分は間質に、栄養は内臓脂肪に蓄えてあるので、のどが渇いてもいないのに水を飲んだり、お腹が減っていないのに食事をしたりする必要はありません。
ますますむくんで太るだけです。
一日2lの水を飲めば血液がサラサラになるという専門家もいますが、余計に摂り過ぎた水分は、すべて尿となって出るのでトイレが近くなるだけ。
それで血液量が増えるなら、腎臓の機能障害によって水中毒が起きていることになります。
それどころか、どんどん体の中の水分が尿として流れていってしまったら、塩分と一所にカルシウムも流れでてしまい、骨も弱くなってしまいます。

頻尿は水分とりすぎの証拠

日中、からだを動かすことは少なく、よく水を飲んで、頻繁にトイレに行く。
これは水分過剰の証拠です。
水分を取らないと膀胱炎になるという女性もいますが、水分をとりすぎてトイレを我慢するから尿が逆流して炎症を起こしているのではないでしょうか。
一日のトイレの回数は4,5回が適正ですので、くれぐれもトイレが近くなるほど水分をとらないでください。
f0115484_1920495.jpg


参考文献

「空腹」が人を健康にする

南雲吉則 / サンマーク出版

スコア:


関連ページ
日本人に多い水太り
f0115484_1235292.jpg

水を飲むとむくみやすい?
f0115484_12551894.jpg

むくみ、耳鳴り、肩こりの原因と対処法
f0115484_14415019.jpg

むくみの正体は?放置するとハリなし肌に?
f0115484_18492340.jpg

疲労の表れ「むくみ」にマッサージ
f0115484_19244074.jpg

花粉症は悪い水分の溜め過ぎで起こる
f0115484_1427616.jpg

by sekotans | 2013-12-03 19:32 | むくみ | Comments(0)
だる~い時、鏡を見ると顔もむくんでいませんか?
手足も冷えていて、やる気も起きなくて、さらにだるくなっていく・・・

そんな悪循環から抜け出す秘訣を教えます。

そもそもどうしてむくむの?
●汗や尿が出なかった
●ずっと同じ姿勢だった
●お酒や塩分を摂り過ぎた

これらもむくみの原因となりますが、同じ環境でも平気な人もいますね。
そこには「気持ち」「そのとき、どう感じているか」が大きく関わっているからです。

「つまらない」と感じる環境にいるとまず呼吸が浅くなります。(気)
しーんとしているうちに血の巡りが悪くなって体が冷えてきます。(血)
代謝が滞ってしまい、水も回らなくなってむくんでしまうのです。(水)

同じ「しーん」でも、好きな本を読んだり面白い映画を見たりしている時、見た目は静かですが気持ちは高揚しているので体の代謝も活性化されています。
そういうとき呼吸は知らず知らず深くなっています。

体と気持ちはつながっているんですね。

冷え・むくみ・だるさを断ち切るメニュー
●腰湯
お風呂で気分転換を図りましょう。
熱めのお湯に腰までつかってリラックスしながら5~15分。
上半身を冷やさないように気をつけて下さい。
きちんと汗を出せば余分な水分がなくなり、冷え、ムクミが解消します。
だるさも取れてリフレッシュ。

●水含み
発汗を促し、腰湯をより効果的にします。
腰湯をしながら軽く一口水を含んで3分。
2~3回繰り返します。
汗がたっぷり出ます。

●グレープフルーツ
冷え・むくみ・便秘・生理痛のお助けフルーツです。
お砂糖を加えずに食べたり飲んだりしましょう。
クエン酸の効果で基礎代謝を上げ、体内のゴミ出しが促進されます。

●イチョウ葉エキス
活性酸素の発生を抑えます。
錠剤やお茶があり、薬局で入手できます。
ドイツでは血圧降下剤として処方されているそうです。
血液中のコレステロールを減らす作用があり、血の流れが良くなります。
結果として、水がたまりにくくなります。
f0115484_18355614.jpg

参考文献

かわいいからだの救急箱―気持ちいいからだをつくる70のメニュー (幻冬舎文庫)

寺門 琢己 / 幻冬舎

スコア:


関連ページ
「だるいから寝る」はNG
f0115484_11493836.jpg

肩のこりや痛みにグレープフルーツを
f0115484_11461959.jpg

部分浴中の合わせ技(水含み)
f0115484_11441591.jpg

腰湯 
f0115484_1133795.jpg

by sekotans | 2013-09-27 18:41 | むくみ | Comments(0)
多くの方が困っている「足のだるさ」は本来ならスムーズに心臓に戻っていく血液が静脈内で逆流し、血管内にたまってしまうために起こります。

特に朝や午前中はさほどではないけれども、夕方近くになると足が重くなり、だるくて仕方がないという方が多いと思いますが、昼の間に足の血管に血液が大量にたまったことを示しています。

「足がむくむ」のは、血管から血液中の水分が出てきて皮下組織に溜まるからです。
静脈弁が充分に閉じなくなったり、壊れてしまった血管内では血液が逆流を起こし、血管内の圧力が高まります。
圧力が高まった血管壁からは水分が押し出されてきます。
この水分が皮下にたまるために足がむくんでくるのです。
足の静脈血管の中で血液が常にたまるようになると、足のだるさやむくみの他にも様々な症状が現れてきます。
「夜、寝ている時にたびたび足がつって、痛くてつらい」
という方もいることでしょう。
「足がつる」ことも静脈瘤が関係しています。
静脈血管の血液の流れが悪くなると、足の細胞の新陳代謝でできた老廃物や疲労物質が運び出されず、足の筋肉の中にたまってしまいます。
これらの物質は神経を刺激する作用があるため、筋肉がけいれんを起こしてしまうのです。
このような足の筋肉のけいれんが「足がつる」という状態です。
特に就寝中に起こりやすいのは、一日分の老廃物や疲労物質が足の筋肉に蓄積しているためです。
ひどいときは何度も繰り返し、大変つらいことと思います。
また、足の静脈血管の中にたまった血液中の二酸化炭素などの老廃物が発痛物質として作用することも足に痛みが出てくる原因となります。
f0115484_11333024.jpg

参考文献

足・手・顔の血管が気になる人が読む本 ―専門医がやさしく解説

横山 滋彦 / 現代書林

スコア:


関連ページ
脚のむくみのメカニズム/予防・解消法
f0115484_172562.jpg

むくみを放置しておくと脂肪になる?
f0115484_13471212.jpg

むくみの正体は?放置するとハリなし肌に?
f0115484_18492340.jpg

脚太り解消!タイプ別リンパマッサージ
f0115484_1537581.jpg

足のつり(坐骨神経を鎮める)
f0115484_1838577.jpg

by sekotans | 2013-08-20 11:40 | むくみ | Comments(0)
「夕方になると足がむくんで靴がきつくなる」という、つらい思いをしている人が少なくありません。

むくみは体液(血液・リンパ液)の循環がうまくいかなくなり、細胞間の水分が増加した状態のことです。

足は心臓から離れているため体液が滞りがちで、むくみも起きやすいのです。

むくみの予防、解消法には、次のようなことを心がけて下さい。
1.体を冷やさない
冷えは、血管を収縮させ、全身の血行を悪くします。
さらに、余分な水分や老廃物を排出する腎臓の働きも低下させてしまいますから、冷えはむくみの元凶のようなものです。
冷えから体を守るには、靴もサンダルやミュールではなく、足先まで包み込むパンプスが適しています。
ひざ掛けなどを利用し、ストッキングや靴下も必ず履くようにしましょう。
また、ガードルやウエストニッパーなど、体を締め付ける下着は冷えの原因になります。

2.適度な運動をする
足の血液やリンパ液は、ふくらはぎの筋肉が収縮することによって心臓へ押し上げられます。(ミルキングアクション)
ふくらはぎの筋肉はいわばポンプの役目を果たしているのですが、座りっぱなしや立ちっぱなしが続くとポンプ機能が働かず、体液が足に滞ってしまいます。
1日に20分程度歩くだけでも、ムクミ解消に効果があります。
デスクワークが多い人は、机に向かったままで足指の運動をしたり、休憩時間にひざの屈伸運動をする習慣をつけるといいでしょう。
可能ならば机の下でこっそり靴を脱いで足の「尺取り虫運動」を。

3.マッサージをする
1.はだしになって足指の間に手の指を入れ、広げたり回したりすると指の末端まで血液循環が良くなり、冷えが解消されます。
2.人差し指の関節で、くるぶしの周りをマッサージするとリンパ液の流れが良くなります。
3.握りこぶしを作って、くるぶしから膝のあたりまで上下にマッサージをして、ふくらはぎの筋肉をほぐします。

4.塩分、水分、糖分は控えめに。

塩分の取り過ぎは、体液の塩分濃度を上げるため、体内の水分量を増加させます。
糖分の過剰摂取は、代謝を乱すので水分が滞ることになります。
水分の取り過ぎは当然むくみにつながります。
食事は薄味にして、水分もがぶ飲みは控えましょう。
f0115484_172562.jpg

参考文献

全身きれいに美肌スキンケア

佐藤 英明 / PHP研究所

スコア:



関連ページ
~ながらムクミ対策
f0115484_12233465.jpg

椅子に座ってむくみ予防
f0115484_1149196.jpg

脚太り解消!タイプ別リンパマッサージ
f0115484_1537581.jpg

むくみ、耳鳴り、肩こりの原因と対処法
f0115484_14415019.jpg

むくみの正体は?放置するとハリなし肌に?
f0115484_18492340.jpg

むくみ(水毒)に効くツボ
f0115484_18354969.jpg

顔のむくみに
f0115484_1844228.jpg

むくみを放置しておくと脂肪になる?
f0115484_13471212.jpg

下着選びについて
f0115484_1753927.jpg

by sekotans | 2013-07-22 17:36 | むくみ | Comments(0)
むくみの正体は?
座りっぱなしでは脚はむくみますが、水分をたくさん摂っただけではむくみは起こりません。
むくみの原因は水分の摂取によるものではなく、細胞間に溜まった水分なのです。

むくみの水分はどこからくるの?
むくみの原因は細胞の周りに溜まっていた余分な水分。
私達の体内では、動脈を流れてきた血液がやがて毛細血管に入っていきますが、毛細血管の組織にはところどころにすき間があり、その小さな穴から血液の血漿成分の一部がじわじわと細胞の間へ染み出しています。
これが「組織間液」と呼ばれるもので、むくみの水分の正体です。
いったん細胞の間に広がった組織間液は、細胞に必要な成分を行き渡らせた後、その一部はリンパ管に入ってリンパ液となって運ばれ、リンパ節という部分を通って、やがて静脈へと回収されます。
つまり、リンパ管が正常に働いている限り、余分な水分は常に回収されてたまることはないのですが、リンパ管の流れが滞ってしまうと、回収しきれない水分が細胞の間にどんどん溜まって、ムクミが起こるのです。

むくみを放っておくと肌の張りがなくなる

むくみを放置すると、いけない理由。

それは、組織間液に存在するタンパク質の一種、「アルブミン」の働きを知ることで理解出来ます。
アルブミンは血液とともに流れて、ビタミンやカルシウムなどの栄養や、ホルモンなどを体中に送り届け、それ自身が細胞の栄養にもなっています。
細胞に使われなかったアルブミンは、乳酸やカリウム、死んだ細胞のかけらとくっついてリンパ管へ回収されます。
しかし、むくむとアルブミンの循環が滞って細胞は栄養不足になり、体に老廃物が溜まってしまうことに!
そんな状態が続けば体は疲れてだるくなり、細胞の老化が進んで肌にハリがなくなってしまいます。

リンパ管の流れを良くして体内でアルブミンをきちんと循環させることは、元気な体を維持するために欠かせません。
早め早めにむくみの解消を心がけ、美しい健康な体を手に入れましょう。

リンパの流れをスムーズにするには
1.歩く
歩くことで足の筋肉が収縮し、リンパ管を周りから適度に圧迫する「筋ポンプ運動」が働き、リンパ液が押し上げられます。
2時間おきに10分程度歩くだけでも、むくみの解消に十分な効果があります。

2.グッズを利用
圧力をかける靴下やストッキング、健康サンダル、ツボ押しグッズの利用もリンパの流れを良くします。

3.マッサージ
リンパ管の流れに沿って優しくマッサージしたり、リンパ節を押すことで、外側から適度な圧力がかかり、リンパ液の循環を良くします。
肌に直接触れることで心身がリラックスするので、自律神経を整える効果も期待出来ます。
f0115484_18492340.jpg

参考文献

7歳若返る!新美肌術―シミ・クマ・くすみを撃退! (AC mook―NHKためしてガッテン)

NHK科学・環境番組部 / アスコム

スコア:


関連ページ
ドロドロリンパを放って置くと老けるわけ
f0115484_11404080.jpg

リンパ液の話
f0115484_11385164.jpg

なぜ不健康になるのか?
f0115484_1719542.jpg

むくみについて。
f0115484_17115720.jpg

水を飲んでもみずみずしくなれない
f0115484_15513026.jpg

水を飲むとむくみやすい?
f0115484_12551894.jpg

椅子に座ってむくみ予防
f0115484_1149196.jpg

むくみを放置しておくと脂肪になる?
f0115484_13471212.jpg

冷え性、むくみにそんきょ
f0115484_17745100.jpg

疲労の表れ「むくみ」にマッサージ
f0115484_19244074.jpg

f0115484_19591471.jpg

りらく屋では足の冷え、むくみに効くオイルを使ったトリートメントコースをご用意しております。
足オイルコース20分2000円~。
リンパマッサージは冷えやむくみにとても効果があります。
その効果をさらに高めるため、代謝、発汗、血液循環を促進するカモミール、ジンジャー、ゼラニウム、グレープフルーツ、ジュニパー、ローズマリー、クラリセージなどの精油をお客様の好みや状況に応じて選び、使用しています。
f0115484_2129447.jpg
f0115484_21291828.jpg

by sekotans | 2013-05-02 19:04 | むくみ | Comments(1)

顔太りの6つの原因

最近は「小顔」がブームですが、顔太りの主な原因は以下の6つが考えられます。

1.むくみ
睡眠不足、疲労、冷えなどによって代謝が悪くなると、血液やリンパ液がスムーズに流れず、老廃物がたまりやすくなります。

2.脂肪の増加
頬とあごの部分には脂肪細胞があるので、太るとそこに脂肪がつきます。

3.皮膚の弾力やハリの衰え
加齢、紫外線、乾燥などで真皮内の繊維組織が破壊されたり、保湿成分が減少すると、水分保持能力が落ちて皮膚の弾力がなくなってしまいます。

4.筋肉の衰え
加齢、重力、ストレスによる筋肉のこわばりがあったり、あまり噛まない食事をしていたり、顔の表情を変えないでいたりすると、筋肉が運動不足となってたるんできます。

5.歯の不正咬合
虫歯や歯周病があったり、歯並びが悪かったりすると、上下の歯が正しく咬み合わないため、顔の左右に歪みが出てきます。

6.姿勢が悪い
背中が曲がると首が前に出て、首の前の皮膚がたるんでシワができます。
また首の神経も圧迫され、血液やリンパ液がスムーズに流れず、老廃物がたまりやすくなります。

歯の不正咬合と姿勢の悪さからくるもの以外は、マッサージである程度改善できます。
特にむくみは、フェイスライン、ほほ、口元に現れ、耳の後ろや首筋、鎖骨に溜まっているリンパの流れをスムーズにすることで解消されます。
首周りが硬くなっているときは、ウォーミングアップとして首を回しておくといいでしょう。

f0115484_17142424.jpg


参考文献

アロマテラピー入門―こころも体もリフレッシュできる香りのパワー

主婦と生活社

スコア:



管理人補足
りらく屋では上記のお悩みには「顔すっきりコース」や「頭スッキリコース」「耳リフレ」がおすすめのコースです。15分1500円~。
f0115484_15143766.gif

f0115484_17251948.jpg

f0115484_17254026.jpg

関連ページ
美顔、薄毛に頭皮マッサージ
f0115484_14395736.jpg

二重あごは肌のたるみじゃない
f0115484_15135995.jpg

耳の歪みを整えて小顔に
f0115484_1321755.jpg

しもぶくれ解消に口の開け閉め
f0115484_12334145.jpg

顔のシワを減らすマッサージ
f0115484_14111491.jpg

あご引き締め体操
f0115484_11405114.jpg

たるんだ二重あごとさよならしよう
f0115484_16234811.jpg

肌や内臓の下垂を防ぐには?
f0115484_19442611.jpg

首・デコルテ矯正4ステップ
f0115484_13594874.jpg

by sekotans | 2013-04-11 17:37 | むくみ | Comments(0)
まずはチェック。
1.足がむくんでいる
2.耳鳴りがある
3.下痢気味
4.肥満気味
5.食事をしただけで汗が出る
6.仰向けになってお腹を叩くとポチャポチャ音がする

2つ以上当てはまったら、筋力が落ちて体内の水分が過剰になっています。

人間の体(成人)の6割程度は水分です。

水分は人間の生命維持に欠くことのできないものですが、過ぎたるは及ばざるが如しというように、体内に水分が過剰に存在すると、今度は毒になってしまいます。

これを漢方では「水毒」と称します。

水毒の症状は
●肩こり
●高血圧
●めまい・耳鳴り
●湿疹、アトピーなどのアレルギー性皮膚疾患
●花粉症などのアレルギー性鼻炎

など。

一見、バラバラの症状ですがどれも「水分過剰による症状」です。

肩こりについて。
「コリ」は冷えや水分過剰からくる血行不良が原因です。
「冷え」と「水」によって引き起こされる「痛み」の軽い症状が「コリ」なのです。
肩こりの人は、冷房で冷やされたり、気温が低い日にコリが悪化することを経験的にご存知でしょう。

高血圧について
体内に存在する過剰な水分は血液の総量を増加させ、心臓の負担がおおきくなります。
また、過剰な水分は体を冷やし、血管を収縮させるので、細くなった血管に血液を送り込まねばならず、心臓の負担はますます大きくなります。

めまい・耳鳴りについて
めまいには、脳梗塞や脳腫瘍、または内耳にできた腫瘍が原因となるケースもあります。
そうした病気が原因のめまいなら、すぐに専門医の治療を受ける必要があります。
しかし、重大な疾患がないにもかかわらず、めまいに悩まされている人は内耳に溜まった水分が原因です。
こうした人に見られる特徴は
●排泄力が低下している(便秘・尿の出や切れが悪い)
●その割にコーヒーや清涼飲料水などの水分をしょっちゅうとっている
●あまり歩いたり動いたりしない
ということ。
筋肉による体熱の産生も、発汗も行われていません。
出すことなく入れてばかりいると、体内の水分がたまり、内耳の中のリンパ液も増加し、平衡感覚が狂ってしまいます。
内耳のリンパ液が多いと、めまいの他、耳が詰まったような感じがしたり、耳鳴りもしてきます。
西洋医学では、めまいは原因不明の自律神経失調症として精神安定剤を処方されることもありますが、漢方では苓桂朮甘湯(りょうけいじゅっかんとう)を処方し、排尿を促進させます。
めまいは疲れやストレスが一因となっていることもありますので、そうした心あたりがある方は、まずはゆっくりと休養を取ることです。

アレルギー性疾患
について
どちらも、余分な水分を体外に出そうとする反応です。
湿疹は皮膚から。花粉症は鼻水から。という違いです。

体に水分がたまる4つの理由
1.筋力低下
筋力が低下すると、筋肉細胞で消費される水分量が少なくなり、結果、筋肉の発熱量も減少して発汗や排泄がスムーズに行われなくなります。

2.塩分の控えすぎ
高血圧の元凶とも言われる塩分ですが、実は体熱を上昇させる役目があります。
塩分を過剰に控えると、体熱が低下し、排泄機能も停滞してしまうことがあります。
自然塩に含まれるミネラルはガン、精神病予防に寄与するマグネシウムや、利用促進、筋肉増強に効くカリウム、精力増強や美肌効果のある亜鉛、骨、歯、神経を健やかに保つカルシウム、糖尿病を予防するマンガンなど、60種に及ぶとされ、その数だけ効能を秘めているのです。
(ただし精製塩にミネラルは含まれませんので体に良くありません)

3.日常的な食べ過ぎ
食べることは体力をつける基本であり、病人や虚弱体質の人こそ、モリモリ食べる必要があると思われているフシがあります。
これは完全な間違い。
「食べる」という行為はかなりの体力を要するもので、健康だからこそ食べられるのです。
胃腸の蠕動運動は非常にゆっくりとしたものですから、三食腹一杯に食事を摂ると、食べ物を常に詰め込んでいる状態になります。
これは胃腸に負担をかけるだけでなく、体全体に負担を強いることになります。
食べ過ぎが続くと血液は胃腸にだけ集中し、他の臓器は血液不足になります。
すると、消化器官は過労となり、排泄の滞りから体内は水分過剰状態へ。
他の臓器は血液不足による冷えが起こり、病気が発生しやすくなります。
「食事は腹八分目」というのは、健康のための鉄則と言えます。

4.水分のとりすぎ
人間が一日に摂取する水分は約2100~2600ml.
排泄も同量です。
しかしこれは、筋肉運動、食事、排尿・排便がバランスの良い人の場合です。
水分の排泄が摂取量に追いつかない人は水分が下から溜まって、下半身デブになります。
痩せるためには水をどんどん飲むように、というダイエット法もありますが、「水でも太る」ので注意。
喉が渇いた時の水分補給には、発熱、発汗作用のある生姜紅茶がおすすめです。
f0115484_14415019.jpg


参考文献

「筋力」をつけると病気は防げる

石原 結實 / フォー・ユー

スコア:



関連ページ
発熱と食欲不振は名医
f0115484_131383.jpg

水毒や冷えによる病気と体を温める飲み物
f0115484_1251352.jpg

朝食は抜いたほうが体にいい?!(吸収は排泄を阻害する)
f0115484_12572941.jpg

高血圧の原因と改善法
f0115484_18343469.jpg

塩分控えめ=健康 は間違い!!
f0115484_16275686.jpg

花粉症は悪い水分の溜め過ぎで起こる
f0115484_1427616.jpg

正しい排泄→綺麗・元気
f0115484_11474135.jpg

敏感肌からアトピーへ。原因と対策。
f0115484_15224966.jpg

ショウガの効能
f0115484_16463724.jpg

過食は美貌の敵
f0115484_16334674.jpg

by sekotans | 2012-12-06 16:10 | むくみ | Comments(0)

中野区新井薬師前、個人経営の整体サロン。健康・美容・マッサージ情報。月~土10時~20時営業。日祝と火曜休み。老若男女歓迎。ネットで即時予約可能。?03-3388-3372


by りらく屋 花澤誠子