リラクゼーション整体 ツボゲッチューりらく屋

riraseko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:マウスケア・口の健康( 14 )

正しい噛み合わせのためには、まず顔の筋肉、口の周りの筋肉の緊張を取り、十分にゆるめる必要があります。
特に生活習慣で変な噛み癖が付いている人は、無意識のうちに相当筋肉がこわばっています。
そこで、体の持つ本来のニュートラルな状態に戻してあげる必要があります。

顔と口周りの緊張を一気にほぐす、とても効果的なメソッドをご紹介しましょう。
アゴの周りが「ゆるむ」感覚を実感してみてください。

1.まず両手でこぶしを作り、人差し指で額を下から上にグイグイと押します。
引っ掛かり(コリ)がある方を、より重点的にほぐしてください。

2.次に頭頂部の頭皮を、5本の指の腹で軽くつまみ上げたり、ひねったりして揉みます。
固く張っている頭皮をよく伸ばすのがコツです。

3.最後に、側頭部、耳の上あたりを後ろに向かってこぶしでグリグリと押してみて、引っかかるところを重点的に揉みましょう。
引っ掛かりが大きい側はアゴの周りの筋肉が緊張を起こしているので、特によくほぐします。


これらを行うと、たとえば右に噛みぐせがあり、右が過緊張を起こしている方は、右側の側頭部が痛むでしょう。
と同時に、意外かもしれませんが、左側の額が痛むはずです。

ちょっと専門的な話をすると、頭には帽状腱膜という筋膜があり、横は後耳介筋、前耳介筋、後ろは後頭筋などが起立筋へとつながっています。
帽状腱膜という名前のとおり、水泳帽のように頭蓋を覆って頭を持ち上げている格好になっているのです。

ですから、頭頂部~側頭部をマッサージすることで、口の周り全体の筋肉のねじれを取ることができます。
ちなみに、噛み合わせが悪い人や顎関節症の人には、皮の硬い人が多いのです。
頬だけでなく、頭の皮も皮膚自体が張ったように硬くなっています。
普段からマッサージを続けることで、過緊張がなくなって本来の柔らかさを取り戻すことができます。

頭頂部は非常に反応の出やすい場所です。
ゆるんで楽になる感覚を知ることが、体のバランスを取り戻す第一歩です。
なお、噛み合わせを整えたり、アゴの緊張や顎関節症を和らげるためには「舌回し」も効果的です。
関連ページの「食事力アップ!口腔体操」を合わせて行いましょう。
f0115484_202559100.jpg


参考文献

歯はいのち!―気持ちよく噛めて身体が楽になる整体入門

笠茂 享久 / 文藝春秋

スコア:



関連ページ
食事力アップ!口腔体操
f0115484_12432427.jpg

精神疲労を取り除く頭皮マッサージ
f0115484_15114755.jpg

美顔、薄毛に頭皮マッサージ
f0115484_14395736.jpg

脳幹を刺激するマッサージ
f0115484_14485867.jpg

ぼーっとするときの頭皮マッサージ
f0115484_19522811.jpg


★管理人補足★
りらく屋では「頭スッキリコース」をご用意しております。
20分2000円~。
頭皮を清潔にし、血行を促進するローション「ハールワッサー」の塗布もオプションとしてございます。
+500円です。
f0115484_17251948.jpg

f0115484_14554174.jpg


by sekotans | 2014-01-01 20:55 | マウスケア・口の健康 | Comments(0)
8割の日本人は歯周病になる
中高年を迎えると、8割の人が歯周病を発症しているといわれます。
歯周病は、現代の日本で国民病と言われるほど、幅広くはびこっている深刻な病気です。

歯周病は、歯周病菌に感染することによって歯肉に炎症が起きて、歯を支えている歯槽骨が溶けてしまう病気です。
はじめのうちはほとんど自覚症状がなく、
●歯肉の腫れや痛み
●膿漏臭(のうろうしゅう)
といった具体的症状に気づいた時には、かなり病気が進行しています。

50歳以上が歯を失う最大の原因は、この歯周病であり、こわいのは歯を失うことだけではありません。
本当の恐ろしさは、その原因である「歯周病菌」にあります。

歯周病菌は歯と歯肉のわずかな隙間の奥深くに潜り込み、体内の血液中で増殖して、体に有害な毒素や酵素を放出します。
その影響で血管はひどく傷つき、汚染された血液は全身をめぐり、体の細胞の老化を急速に進めます。
更に、糖尿病や心疾患、肺疾患、早産などあらゆる全身疾患を呼び起こすことが明らかにされています。

昔は歯周病のことを歯槽膿漏(しそうのうろう)と言いましたが、それは歯肉から膿が出る現象を示しています。
その臭気は膿漏臭といわれ、歯磨きやマウスウオッシュなどでは到底隠しきれない強烈な臭さで、人に強い不快感を与えます。

歯肉の健康診断
健康な歯茎は
●薄いピンク色をしている
●歯間にしっかりと歯肉が詰まっている
●歯と歯茎の境に出血がない
●歯がグラグラしていない
という状態です。
f0115484_19352049.jpg

歯周病は血管の病気である

歯周病菌の破壊力は、歯周組織だけにとどまりません。
皮膚や粘膜のガードが崩れて、微生物が血管内に入り込んだ状態を「菌血症」と呼びます。
これが全身に回って命にかかわる重篤な症状が出てくると「敗血症」といいます。
歯周病菌はこれと同じことを体で起こします。

歯周病菌が呼び起こす病気

●動脈硬化
これまで、動脈硬化はコレステロールや中性脂肪の沈着が主な原因とされてきましたが、最近の研究で、歯周病菌によっても起こることが分かりました。

●心疾患
歯周病菌は心臓に巣を作ります。
歯周病のある人は、心疾患にかかって致命的な心臓発作を引き起こす確率は、健康な人に比べて約3倍の高さです。

●糖尿病
現在、日本で糖尿病が強く疑われる人は約700万人。
予備軍を入れると1400万人で、今後も増え続けることが予測されています。
日本人は飢餓遺伝子を持っているため、アメリカの肥満者より痩せていても糖尿病のリスクが高いのです。
糖尿病は、歯周病と深い因果関係があり、糖尿病を持つ人は、歯周病が治りにくいのです。
なぜなら歯周病がある人はインシュリン抵抗性と言って、インシュリンの働きを勝手にブロックしてしまうので、血液中に糖が溢れかえり、血糖値が下がらなくなり、糖尿病に陥っています。
血液が健全でないため、歯周病菌と戦う基礎体力が低く、治癒力がうまく働かず、負の相乗作用で、血管をボロボロにしてしまうのです。

●胃潰瘍・胃がん
口は、消化器官の始まりです。
歯周病菌によって胃の悪玉菌が増えるため、体の免疫はアレルギー反応を起こし、炎症が始まります。
長引くと、胃炎から胃潰瘍へと発展し、更に歯周病の炎症を悪化させていきます。

●肺炎
歯周病があると、歯周病菌から出てくる毒素が肺を守るバリア(ペクリルという薄膜)を破壊してしまいます。
このため、歯周病菌は肺に入り、肺組織に炎症を起こします。

●バージャー病
バージャー病とは、何らかの原因で手足の血管が詰まることで、しびれや激しい痛みを起こし、その部位返しに至る難病です。
東京医科歯科大学の研究で、この病気の発病と進行に歯周病が関与していることが明らかになりました。
対象となったバージャー病患者の全員が、中度から重度の歯周病にかかっており、手足の患部から歯周病菌が検出されました。

●リウマチ
人間の体は異物が入ってくると、それを排除しようとする免疫が働きます。
この時の免疫反応が過剰だと、自分の体を攻撃してしまい、さまざまな障害や病気を引き起こします。
歯周病では歯周病菌という異物が血液に入り、全身に回ってしまうため、免疫が絶えず発動して炎症を起こしています。
その時産出される炎症性物質がリウマチなどのアレルギー性疾患の原因になるという研究報告もあります。

参考文献

老けない人は歯がちがう―歯周病でからだがサビつく!

宮田 隆 / 草思社

スコア:


関連ページ
歯周病・便秘に塩マッサージ
f0115484_17462767.jpg

歯ブラシ一本で生活習慣病予防
f0115484_1229362.jpg

歯を大切に。
f0115484_12244011.jpg

歯槽膿漏に注意
f0115484_1838019.jpg


思わぬ病気の原因に!胸やけに要注意

f0115484_1324336.jpg


★管理人補足★
精神的ストレスがある とき、緊張したとき、不安や怒りを感じたときなどには、交感神経が刺激されて、唾液の 分泌が抑制され、口の中が乾いたり粘っこくなったりします。
整体やマッサージを行なってリラックスすると副交感神経が優位になり、唾液の分泌が盛んになります。
サラサラの唾液が充分に口内に満たされることで、虫歯や歯周病の予防、改善につながったり、肌や内臓の若返りなどが期待出来ます。
by sekotans | 2013-09-28 19:45 | マウスケア・口の健康 | Comments(0)
汗をかくと、冷たい炭酸飲料やビールを、一気に飲み干したくなります。

しかし、あまりに体温と温度差のあるものを体内に入れると、胃腸がびっくりし、しかも頻繁になると、消化液の分泌が間に合わなくなってしまいます。
胃腸の機能は低下し、食欲が減退したり、食事が美味しくなくなったり。

栄養の補給ができなくなり、体全体に無力感が出てきます。
これが夏バテの症状です。

胃液の分泌が悪くなると、口の中の水分が減少して乾いた状態になったり、唾液が粘っこくなってきます。

これは、弱っている胃腸に固形物を入れないよう、防御しているのです。
「唾液は最高の胃腸薬」
といいます。

舌や耳の下、アゴの周りにある唾液腺で作られる唾液の分泌を活発化させることが何より大切です。
f0115484_1950099.jpg

↑耳下腺、顎下腺、舌下腺イラスト
やお歯科クリニック様「唾液について」よりお借りしました。)

冷たい流動物を流しこむ前に、酸味や香辛料の効いた料理で夏バテを防ぎましょう。

1.両手をこすりあわせて、手の指を熱くする。
(指先を使いますので、特に指先を熱くします)

2.指先で、両ほほを軽く叩く
50回。
こうして唾液を分泌させます。
唾液は1日1~1.5リットル必要です。
どんどん作りましょう。

3.耳下腺と扁桃腺を揉みほぐす。
人差し指か中指の指先をまず耳下腺に当て、揉みほぐします。50回。
次に扁桃腺を50回。
ゆっくり丁寧に、よーく揉みほぐします。

4.あごのツボ2箇所を両手の指で押圧。
まず下あご中央のツボ(口の下のくぼみ)10秒間、中指で押圧します。
次に耳の横のあごのツボをまず中指で。
その後人差し指、中指、薬指の3本でそれぞれ10秒間押します。

5.口を軽く閉じて舌をグルグル回す
口の周りや頬の筋肉を緩めて、軽く口を閉じます。
舌を口の中でグルグルとまわします。
時計回りに20回、反時計回りに20回。

6.胃腸のあたりを反時計回りにさする。
再び両手をこすりあわせて手のひらを熱くします。
胃腸部分に、両手のひらを当てて、反時計回りに50回ゆっくりとさすります。
胃腸部分は力を抜いてリラックスして行います。
胃腸の機能が回復すれば、唾液の分泌も整ってきます。
f0115484_1753513.jpg

このマッサージは夏バテだけでなく、「食欲不振」「便秘/下痢」「ドライマウス」「虫歯・歯周病」など口や胃腸にかかわるさまざまな不調に効果的です。
りらく屋では「顔スッキリコース」でお顔周りを。「基本コース」や「背オイルコース」、「ポカポカスリミングコース」でお腹まわりの揉みほぐしを行います。(お腹まわりは希望があった場合や必要を感じた場合に行なっており、絶対ではありません。)

参考文献

手のひらでできる無痛リンパ整体

佐藤 彰 / ベースボールマガジン社

スコア:



関連ページ
自分で出来るマッサージ2(便秘や二日酔いで胃がむかむかするとき)
f0115484_11252978.jpg

「ツバをつけておけば治る」は真実
f0115484_17514487.jpg

水を飲みましょう。
f0115484_11505029.jpg

夏ばてに効くツボと運動
f0115484_1914193.jpg

食事力アップ!口腔体操
f0115484_12432427.jpg

しっとり肌になろう
f0115484_14174619.jpg

咬筋と側頭筋のマッサージ
f0115484_1328324.jpg

by sekotans | 2013-08-08 18:08 | マウスケア・口の健康 | Comments(0)
動物はケガをすると、本能的に患部を舌でペロペロと舐めます。

実際に唾液にはケガを自然治癒させる効能、つまり細胞の再生を促す作用があるのです。

1980年代、アメリカのコーエンという研究者が、ネズミから唾液腺を摘出したところ、
●歯が生えてこない
●毛のツヤがなくなる
●まぶたが開かない
など成長や神経系に障害が現れました。

このことから、唾液自体にEGF,NGFという成長を促進するホルモンが含まれていることを突き止め、ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

EGF(上皮成長因子)とは、上皮細胞の新陳代謝を促す成長ホルモンです。
体の表面をおおう細胞を上皮細胞と言いますが、胃や腸などの内臓、口の中の粘膜、血管の内皮細胞もこれに含まれます。
また、歯や髪の毛も、上皮細胞が変化したものです。
つまり、EGFは全身の細胞を新しく新生させる働きがあるホルモンなのです。
NGF(神経成長因子)は、神経の増殖を促進させる成長ホルモンで、加齢とともに破壊されていく神経線維を修復する働きがあります。

実際、脳を損傷させたラットにNGFを与えたところ、記憶力の回復、学習能力の向上などが見られました。

唾液の健康効果まとめ
●消化を助ける
唾液はa-アミラーゼという消化酵素を含み、食べ物の消化を助けます。
また、唾液に含まれるムチンという酵素は、胃腸や食道の粘膜を刺激から保護する作用があります。

●再石灰化で虫歯を防ぐ
唾液成分のスタテリンが歯表面のハイドロキシアパタイトと結びつき、歯のエナメル質を修復します。
この再石灰化によって、虫歯ができにくくなり、歯が丈夫になります。

●虫歯菌や歯周病菌をやっつける
唾液の持つ抗菌作用が、虫歯菌や歯周病菌の増殖を防ぎます。
また、食品についた最近の繁殖を抑えて、食あたりを防ぐ効果があります。

●ガンを予防する
唾液に含まれるラクトペルオキシダーゼという酵素が、食品添加物や食品のコゲ、タバコのヤニなどの発ガン性物質の毒性を消去する働きをします。

●全身を若々しく保つ
唾液に含まれるEGFとNGFというホルモンが、細胞の新生や神経の増殖を促します。
その結果、自然治癒力が高まり、全身を若々しく保ちます。
f0115484_17514487.jpg


参考文献

老けない人は歯がちがう―歯周病でからだがサビつく!

宮田 隆 / 草思社

スコア:



関連ページ
ガムでアンチエイジング
f0115484_17331345.jpg

なぜ「よく噛む」?
(唾液には若返りホルモン「パロチン」が含まれる)
f0115484_11173591.jpg

食事力アップ!口腔体操
f0115484_12432427.jpg

ダイエットに効く食べ方
f0115484_13363322.jpg


思わぬ病気の原因に!胸やけに要注意

f0115484_1324336.jpg


★管理人補足★
精神的ストレスがある とき、緊張したとき、不安や怒りを感じたときなどには、交感神経が刺激されて、唾液の 分泌が抑制され、口の中が乾いたり粘っこくなったりします。
整体やマッサージを行なってリラックスすると副交感神経が優位になり、唾液の分泌が盛んになります。
サラサラの唾液が充分に口内に満たされることで、虫歯や歯周病の予防、改善につながったり、肌や内臓の若返りなどが期待出来ます。
by sekotans | 2013-08-03 18:20 | マウスケア・口の健康 | Comments(0)

食事力アップ!口腔体操

美味しく食べられる「口」を取り戻す
食べ物を噛み、飲み込むためには「舌の筋力」と共に、「唾液」も大切な要素です。

噛み砕いたものを、スムーズにのどへ送るために欠かせないからです。

舌を鍛える「体操」と、だ液を出す「マッサージ」を毎日食事前に10分程度行うと効果大。

舌体操
1.舌を前に出し、もう伸びないところまで伸ばしたら、舌で唇の左側を舐める
2.同じように右側を舐める。これを左右に10回繰り返す。慣れたら早く行う。

1.舌を真っ直ぐ前に出す。ややきつく感じる程度まで、ぐっと舌を伸ばすと効果的。
2.舌を上に向け、まくりあげるようにする。1.2.を10回繰り返す。

パタカラ体操
「パ・タ・カ・ラ」と口を大きく開け、できるだけ早くはっきりと発音することで舌の筋力を鍛える。
「ゆっくり」10回、「早く」5回行う。

応用として、「新春シャンソンショー」「夕月にぬるま湯でゆるゆるゆったり」など早口言葉も効果的。

唾液腺マッサージ
1.だ液を分泌する場所(耳下腺)がある耳の下に、親指以外の4本の指を当てる。
ゆっくりと円を描くように指でマッサージする。

2.あごの下に両手の親指の腹を当て、押し上げる。
これを繰り返し行うと、舌下腺と顎下腺が刺激される。
食事の前に行うと効果的。

データでガッテン
1日10分の口腔体操で舌の力が30%アップ。
介護施設などで口腔ケアを指導している菊谷武先生の研究によると、「口腔体操」を1日10分、6ヶ月間続けたところ、舌の力が30%アップしたというデータがみられたそうです。

体験者は「食事がスムーズになり、のどにつかえない」と満足。

近頃、飲み込みにくいと感じている人にはもちろん、予防法としても効果があります。
f0115484_12432427.jpg


参考文献

NHKためしてガッテン健康プレミアム2 2010年 06月号 [雑誌]

主婦と生活社

スコア:



関連ページ
咬筋と側頭筋のマッサージ
f0115484_1328324.jpg

簡単無料で今日から出来るダイエット(一日一回あっかんべー)
f0115484_2061646.jpg

しっとり肌になろう
f0115484_14174619.jpg


管理人補足
この体操とマッサージをすると、あごや頬のたるみを引き締め、顔まわりの血流を良くして小顔効果や美肌効果も期待できます。
by sekotans | 2012-01-31 13:03 | マウスケア・口の健康 | Comments(0)

歯ぎしりを抑えるには

いびきに劣らず同室の人に迷惑をかける歯ぎしり。

想像以上の力が歯にかかるので、歯の健康上もよくありません。

歯ぎしりの要因は日中の精神的なストレスや緊張だといわれます。

噛み合わせの悪さが、歯ぎしりを起こしてしまう原因と以前は言われていましたが、咬合性が原因で起こる歯ぎしりは実際には少ないようです。

ツボ療法でリラックスすれば、かなり改善できるでしょう。
f0115484_152299.jpg

ツボ1 ●身柱 しんちゅう

第3と第4胸椎棘突起の間にあります。

自分で押す場合、肩越しに手を伸ばし、中指の腹でこねるようにマッサージします。

自分ではうまく刺激しにくいので、熱めのシャワーがおすすめ。

体の内側からぽかぽかしてくるまで2~3分当ててください。

ドライヤーの温風を当て続けるのも効果的です。

ツボ2 ●合谷 ごうこく
親指と人差指の骨が合わさるところにあります。

緊張した体を緩める効果があります。

ボールペンの頭や親指で、気持ちいいと感じる強さで押します。

ツボ3 ●神門 しんもん

手首の横ジワの一番端(小指側)のところにあります。

緩やかに押しては離す。

という刺激を毎日3分ほど行います。




参考文献

あなたに効く!症状別・ツボの大図鑑―ひとりでできる!治せる!元気になる!

岩田 一郎 / 永岡書店



★管理人補足
「リラックス」といえばアロマテラピーも欠かせません。
入浴の際や、就寝時に自分が落ち着く、好きな香りを漂わせてみてはいかがでしょうか。
おすすめのアロマオイルは
ハーブ系では
●ラベンダー
●ローマンカモミール
●スイートマージョラム
●クラリセージ
など。

柑橘系では
●ベルガモット
●プチグレン
●ネロリ
●スイートオレンジ
など。

フローラル系では
●ローズ
●イランイラン

などがあります。

ダイレクトに口にはめ込む歯ぎしり防止グッズもあります。

歯ぎしりマウスガード

東京企画販売



関連ページ
ぐっすり眠るために出来ること
ドライヤーで温刺激
f0115484_12146100.jpg

リラックスの薬
f0115484_1741699.jpg

いびきの原因と対処法
f0115484_12261782.jpg

免疫・ホルモン・自律神経を整える生活見直し8か条
f0115484_15534362.jpg

by sekotans | 2011-09-28 15:06 | マウスケア・口の健康 | Comments(0)
スパイシーな食べ物やニンニクを食べたあとには、誰でも口臭が強くなりますが、生理的な口臭は、疲れている時や胃腸の調子が悪い時に強くなります

by sekotans | 2011-08-29 14:06 | マウスケア・口の健康 | Comments(0)

なぜ「よく噛む」?

「一口30回を目安によく噛みましょう。」

と皆様聞いたことがあると思います。

なぜ良く噛むことがいいのか?

よく噛まないとどう悪いのか?

を今日はご紹介します。

●筋肉を強化する。
歯が悪かったり、噛み合わせが悪かったりしてよく噛まない人は、あごの筋肉が緩んでいます。

あごの筋肉を動かそうとすると下腹部の骨盤バンド筋肉は連動して収縮します。

反対に、噛まないと骨盤バンド筋肉も緩んで、腹筋も弱ります。

しっかり噛む習慣ができてくると、首の筋肉が強くなり、腹筋が強くしまってきます。

●老化を防ぐ。

よく噛むと唾液の分泌が多くなります。

唾液には若返りホルモン「パロチン」が含まれていて、この分泌が活発だと皮膚の再生能力も高く、肌もツルツルになります。

老人に良く見られることですが、歯が悪くなり噛めなくなると唾液が出なくなり、消化液も出なくなって栄養素を吸収しなくなります。

そのため筋肉はやせ、筋肉に力がないので、血液中のカルシウムは骨に入らなくなって骨粗しょう症になり、骨折して寝たきり、というように進むのです。

寝たきり老人はまず歯から抜けていきます。

歯のない人はボケやすいというデータもあります。

●根気をつける
現代の子どもたちが長く立つことができないですぐしゃがんでしまうのも、その筋肉を育てるかみ締めるあごの筋肉が弱っているためです。

もっと硬いものを良くかむと根気も出てきます。

食べすぎを防ぎ、内臓脂肪を減らす
おいしい物はついつい食べすぎてしまいます。

その「ついつい食べ過ぎ!」を抑えてくれる夢のような物質が脳内物質の「ヒスタミン」です。

ヒスタミンは鼻づまりやかゆみなどのアレルギー症状を引き起こすやっかいな物質ですが、脳の中では満腹中枢を刺激して、満腹感を高めてくれる物質です。

そのヒスタミンを脳内だけで増やす方法が「よく噛む」ことです。

さらにうれしいことには、脳内のヒスタミンは内臓脂肪を減少させる効果もあるのです。

玄米がおすすめ
よく噛む習慣をつけるためにも、主食を玄米にすることがお勧めです。

玄米の皮が非常に食物繊維を含んでいるので、しっかり大量に便が出ます。

腹部肥満も解消し、噛むことで骨盤バンド筋肉も鍛えられるので、骨盤が締まってきて、腰の歪みが取れ、骨がしっかり太くなります。
f0115484_11173591.jpg


参考文献

足腰、ひざの痛みを治す自力整体法 (健康双書)

矢上 裕 / 農山漁村文化協会



参考webページ
ためしてガッテンHPより
医学が認めた!食欲をコントロールできる技
2011年06月08日放送


★管理人補足★
ただし、「硬すぎる食品」を力任せに噛む事はよくありません。

歯やアゴに相当な負担を与えます。

玄米のような適度に硬さのあるものを味わって噛んでください。

関連ページ
歯を大切に。
f0115484_12244011.jpg

肩こりに良い食品・悪い食品
f0115484_16435189.jpg

唇が乾く
(ドライマウスの改善、予防にも「よく噛む」事が大事。)
ガムでアンチエイジング
f0115484_17331345.jpg

正しい排泄→綺麗・元気
f0115484_11474135.jpg

(アトピーさんも玄米菜食がお勧め)
過食は美貌の敵
粗食・和食のすすめ
歯槽膿漏に注意
f0115484_1838019.jpg

(歯磨きも大事ですが食事も大事。
かみ締めて食べるくらい歯ごたえのあるものやカルシウムの豊富な食品をもっと食べましょう。)
ストレスは、甘いものを食べるからたまる
f0115484_1250792.jpg

by sekotans | 2011-07-23 19:40 | マウスケア・口の健康 | Comments(0)
f0115484_1838019.jpg

歯槽膿漏、若い頃から要注意

歳をとると歯茎が弱って歯が抜ける。

これが「歯槽膿漏」だと思っていませんか。

歯槽膿漏は老化現象ではありません。

れっきとした病気です。

歯槽膿漏の最大の原因が歯垢。

歯と歯の隙間にたまった食物のかすのことです。

歯垢1グラムの中には微生物が1000億匹も住んでいます。

まさに歯垢は細菌の巣窟。

この歯垢は、まず歯茎に炎症を起こします。

だんだん奥へ進入して、歯の根やあごの骨まで悪影響を与え、放っておくと歯が抜けてしまいます。

早期発見すれば歯を失うことはないのですが、歯槽膿漏は虫歯のような痛みがないので手遅れになるケースも目立ちます。

早期発見のポイントは

1.口臭

2.歯茎が赤い

3.歯茎が腫れている

の3つ。

「歯茎から血が出た」ときには病気はかなり進行しています。

丈夫な歯と歯茎を作ろう
20年前の調査でも、
10代で10%、20代で20%もの人が歯槽膿漏にかかっています。

こんなに若い人が病気になるのは、やはり現代人の歯が弱いからなのです。

歯槽膿漏にならないためには、日ごろから歯と歯茎を鍛え、強く丈夫にすることが大切です。

鍛える第一の方法は「歯磨き」です。

歯を磨く理由は歯の汚れを取るだけではありません。

歯茎に適当な刺激を与えることも大切な目的なのです。

歯が白くなればよいと思っている人もいますが、これは困ったことです。

歯磨き剤を使えば茶渋やタバコのヤニなど、歯の表面の着色は簡単に取れてしまいます。

そのために、歯にこびりついた歯垢を取り除いたり、歯茎をマッサージするという、歯磨き本来の目的がおろそかになっているのです。

また普段の食事も忘れてはなりません。

●かみ締めて食べるくらい歯ごたえのあるものやカルシウムの豊富な食品をもっと食べましょう。

玄米や、食物繊維の多い豆や野菜、小魚やするめ、海草などを多くとり、加工食品やインスタント食品に頼らない食生活が、丈夫な歯作りの基本なのです。

●甘いものを摂る回数を減らしましょう。
だらだらとお菓子を食べたり一日に何度も甘いジュースを飲んだり。
こんな習慣は虫歯や歯槽膿漏に一直線。

オーラルケアで重要なのは砂糖の量ではなく砂糖が口に入る回数や時間なのです。

ジュースをお茶や水に変える、お菓子やご飯は量や時間を決めて食べ、食後は歯を磨く。

このように注意すれば虫歯や歯周病はぐっと減るはずです。

★補足(「肩こりに良い食品・悪い食品」より)
カルシウム
言わずと知れた、骨を作る成分です。
カルシウムが不足すると、骨粗しょう症や骨折、首の病気にもなりやすくなります。

カルシウムの多い食べ物
木綿豆腐、ヨーグルト、チーズ、納豆、ひじき、しらす干し、小松菜
※牛乳は日本人の成人は吸収できない人が多いのであまりおすすめできません。

ビタミンD
カルシウムの吸収率を高くします。
不足すると、カルシウムと同様、骨粗しょう症や虫歯になりやすくなることがあります。

ビタミンDの多い食べ物
鮭、カレイ、かつお、秋刀魚などの魚類、干ししいたけ、シメジ、きくらげなどのきのこ類

きくらげやきのこ類は油を使って料理すると体への吸収率が上がります。



参考文献
体に効く名医の話 オフィスGEN

関連ページ
歯周病が呼び起こす病気について
f0115484_19352049.jpg

歯周病・便秘に塩マッサージ
f0115484_17462767.jpg

歯ブラシ一本で生活習慣病予防
f0115484_1229362.jpg

歯を大切に。
f0115484_12244011.jpg

by sekotans | 2011-01-28 19:06 | マウスケア・口の健康 | Comments(0)

ガムでアンチエイジング

食事の際に、左右どちらかの歯ばかりで物を噛んでいませんか?

ぜひ一度チェックしてみてください。

顔のゆがみを引き起こす要因の中でも、自分では気づきにくいのが「片噛みグセ」。

すぐに直したいところですが、食事しながら意識的に両方の歯で噛むことを心がけるのはけっこう難しいもの。

せっかくの料理もゆっくり味わえなくなってしまいますね。

そこでおすすめなのがガムを使って噛みグセを治す方法。

粒ガムを二つ口に入れて、左右の奥歯で一粒ずつ噛みます。

これを一日一回以上行いましょう。

しばらく続けると、次第に両方の奥歯で噛む感覚を口が覚えてきて自然に左右均等に噛めるようになってきます。

また、ガムを噛むと唾液の分泌が促進されます。

唾液には若返りホルモン「パロチン」が含まれていて、この分泌が活発だと皮膚の再生能力も高く、肌もツルツル!

噛みグセを治しながらアンチエイジング効果も期待できます。
f0115484_17331345.jpg


参考文献

「顔のゆがみ」をとって、絶対キレイになる!―おうちでミルミル変わる!リンパ美顔整体

鏡 久美子 / PHP研究所



関連ページ
体の歪みを防ぐ4大原則
by sekotans | 2010-03-02 17:35 | マウスケア・口の健康 | Comments(0)

中野区新井薬師前、個人経営の整体サロン。健康・美容・マッサージ情報。月~土10時~20時営業。日祝と火曜休み。老若男女歓迎。ネットで即時予約可能。?03-3388-3372


by りらく屋 花澤誠子