リラクゼーション整体 ツボゲッチューりらく屋

riraseko.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今月上旬にいらっしゃった方です。ご近所の方で、40代?位の男性で、力加減は「強ければ強いほど良い。」とおっしゃって、
「満足してもらえるかな?」と正直不安になったのですが頑張りました。
で、「気持ちよかった。また来る。」とおっしゃっていただいて先日本当に再び来てくれました。
効かせたいところではひじを使い、壁を使って踏ん張って、全体重を乗せるように押していたら、その方(Hさん)は眠っていたのですが「うー気持ち良い。」と「思わず」と言う感じでもらしてくれて嬉しかったです。
人が喜んでくれるのは本当にやりがいになります。
お客様一人ひとりに、呼吸を合わせて、状態を良く見て、気持ちを考えて、大切に真剣に施術していこう、と改めて思いました。(☆∀☆)
by sekotans | 2007-02-25 17:10 | つぼ押し 手もみ | Comments(0)
同僚、と言うか先輩、と言うか。Iさんとしておきましょう。
以前井荻のチェーン店で一緒に働いていた男性なんですけども。
わざわざ受けに来てくれました。この前来てくれた人とは別人です。

で、「それいいね!」
と言われたのが、

さすり。
 
と、

さすりながらも軽く揉む。

と言うやり方。

私もこれが受ける手技の中では一番すきなんですよね。
楽で気持ちいい。眠くなる。
ぜんぜん痛くなく、後に残る症状もなく、よくほぐれるんです。ほんとに極楽。

ただひたすらさする。
骨の形状や筋肉の走行に沿うように。
そのときに親指と四指をつまむように軽く近づけたり離したりをすると刺激が奥まで届くと。
でも常に動かしながらなのでふわーっと軽い刺激だと思います。

自分としても変に力んだりすることなく楽に出来るし「効く感じ」より「癒し」を求めてる人にはいいかもしれない。

「これが一番いいね!」
と反応も良かったのでメニューに加えようかな。
それか「さすり屋」にしちゃおうかな。
とまで思いました。新装開店。
オリジナリティーを出したほうが受けるらしいので。

緊張が続いてよく眠れない人とか痛いのが苦手な人とか揉み返しが起こりやすい人。

おすすめです。
たぶん。連続して起こる弱い心地よい刺激はリラックス効果高いですから。
あの、あったかいお湯がやさしく体を流れ続けていくのをイメージしてもらうといいかも。副交感神経が優位になります。骨や筋肉を傷める心配もないですし。

足から頭までさすられるのは相当気持ちよさそう。毛穴開いてよだれ出そうな気がする。
新規の方とかやってみようかな。
でも看板が「ツボ押し手もみ」だからな。。。

様子見てチャンスあればやってみます。
で、反応よければりらく屋のひとつの「スタイル」として確立します。

あと、Iさんには
「あたりが小さくなってる。押しが雑になってる。」
と、注意を受けました。

ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!

・・・ありがとうございます。言って貰わないとつい自分のペースになってしまうみたい。
気をつけます。
もっと心をこめて大切に丁寧にやります。

反省。(´-ω-`)
f0115484_19181467.jpg

by sekotans | 2007-02-18 19:18 | マッサージ リラクゼーション | Comments(0)
ご予約のお客様が来店されません。。(゚д゚;)!
どうしちゃったんでしょう。電話もないし。
(´(・)`)クマッタ・・
by sekotans | 2007-02-17 12:26 | マッサージ リラクゼーション | Comments(0)
ヨツユビリクガメのメロンたん。
温度上げ対策で電気カーペット敷きました。
ホットスポットももう一箇所。電球入れました。
シェルターにするためのスリッパも入れた。
それに入ってる姿は!!
超萌え(〃▽〃)キャー♪
写真アップ。
砂を掘るメロンたんと眠るメロンたん。

コオロギが切れるたびにハチクラが休み。。。しかも連休だった。ごめんよトコちゃん。
明日買うからね。

電気代が1万3千円超えました。どひゃー。Σ(○ Д ○;)
f0115484_17491670.jpg
f0115484_17492752.jpg

by sekotans | 2007-02-15 17:49 | 生き物 | Comments(0)
はい。こんにちは。
と言うわけで受けてきました。

まずびっくりしたのはそのマッサージ店はビルの三階に入ってるんですが階段で上らなければいけなかったんですね。体がつらい人が歩いて3階まで上るのはかなり酷なことです。チラシはけっこう立派だったんですがこれは流行ってなさそうだな、と感じました。
うす暗いさびしい階段を一人で三階まで上るのはちょっと恐かったですね。面倒だし。さらに、その店は冴えない怪しい事務所のような濁った銀色の扉が完全に閉まっていて愛想のない看板がかかっていました。音楽や話し声も聞こえず、薄暗く、誰も通らず、なんだか本当にそら恐しかったですね。開けて入るのはちょっと勇気が要りました。

次のインパクトは電話でしゃべった人が先生だったということですね。
昼休みを取るも取らないも、自分の気分しだいでどうにでも出来るじゃん。と。

まあいいんですけど。


順番に感想を書いていきます。
「カルテ細かいなあ。」
体のどこに異常が出ているのか、どういう症状があるか、頭痛はあるか、痺れはあるか、体は冷えるか、特にどこが冷えるか、痛みはあるか、鼻が詰まるか、ひざは痛いか、生理はどうか、など具体的な質問が色々ありました。その割りに過去、現在の病歴、怪我歴、について記述するところはなかったのが不思議な感じがしました。
「着替えにくいなあ。」
青い上下のパジャマが用意されていて着替えるように指示されました。ベッドの回りはカーテンで仕切られてるのですがそのカーテンが床すれすれまでの長さではなく、床から30センチは見えてるんですね。しかも狭い密室に男性と二人きりの状況ですからね。まさか覗いてはいないだろうと思いつつもだいぶ嫌な感じがしましたね。
「がっつり触るなあ。」
始める際に、体の表面をしゃっしゃっと摩るんですが臀部や腿も、なんの前置きもなく、一気に全身やられました。
まあ、いやらしい感じはないし、たいしたことではないのですが、少し抵抗がありました。
いきなりだったし。あと、うつぶせの状態で腿を押されたのですがそのときもいきなり一番付け根のところから両手で押されたので「えっ?!」って感じでしたね。遠慮がない、って言うか。
バシバシ叩くし。黙ってやるんですよ。基本的に。最初に「強さどうしますか。」って聞いてきて、それ以外はあまり聞かれませんでしたね。おずおずやるのも良くないと思うし、いちいち色々断ったり聞いてきたりする必要もないとは思いますが「施術するときは誤解のないよう、不快感を与えないよう気をつけること。揉めたら大変。」というのは常識だと思っていたのでびっくりしたし当惑しました。
それ以上のことはなかったので「考え方の違いだな。」とあまり気にせず納得しましたが問題になってもおかしくないですね。嫌がる人はいますからね。

首からやっていくのも大きな違いでしたね。前の職場は足から温めほぐしていく、と言う考えだったので。あと、最後に横向きで矯正をかけてくれたのですがそれ以外はぜんぶうつ伏せで行われたのも大きな違いですね。
私は胸やお腹側の筋肉を仰向けで押すので。というのも、表も裏も相互に関係していて、一方からだけのアプローチではほぐれにくいと考えているので。
あとはいい点としては「体をうまく使ってるな。」と。
楽にやっているみたいでした。座ったりひじを使ったり。手際もよかった。
無駄のないスムーズなうごきでした。
これは私も見習いたいですね。でも、ひじはちょっときつかった。
あと、矯正が痛くて力が入ってしまうのですが「リラックスして。力を抜いてください。」と、何度も言われ困ってしまいました。
結局私の腰椎のずれは治らなかったようです。
そのことで「治療していかないとヘルニアになる。自分では根本的な解決は出来ない。あなたの背中はもう相当硬い。放って置いたら大変。回数券を特別に分割にしてあげます。他の患者さんには内緒です。今日は一万円持ってませんか?健康は大事ですよ。」等と、すぐ帰ろうとしたのに色々言われ引き止められ弱りました。
「お金ありません。今受けてすぐでは決められません。2,3日様子を見て考えて良ければまたお願いしますから。」と逃げてきました。

私の体が冷えやすい、とか疲れやすい、と言うのは昔からのことで、腰椎が良くないのも事実なのでしょうが脅しはいけませんやね。ヘアブラシや床が汚かったのもマイナスポイントでした。

そしてその日から2,3日ちょっとモミッた(背中痛くなった)けど割とスッキリしました。
他のところも安く受けられるチャンスがあれば行ってみまーす。( ・ω・)∩
by sekotans | 2007-02-15 16:54 | マッサージ リラクゼーション | Comments(0)

リサーチだ!

今朝郵便受けに近所のマッサージ屋さんのチラシが入っておりました。
中国整体、マッサージだそうです。
「チラシをご持参の方一回限り」で60分3000円、とあったので心が動きました。
特に体でつらいところはないのですが、前の職場でも「同業店には色々行ってみなさい。手技の違いを体感して新しい発見があるかもしれないし施術でも接客でも内装でもお客様の立場になることで勉強になることがあるだろう。気づくことも有るだろう。実際疲れもたまってるだろうし受けて損はない。お金を惜しまずに行け。」と言うようなことを言われていたのでした。

とはいえ、安いものではないし自分の体に合うかどうか、どんな人にどんな風にされるか不安があって結局受けたことはありませんでした。
私は意外と緊張しいだし小心者なのです。ケチだし。
お金を払って面白くない思いをするのはすごーく嫌なんですな。美容院とかも満足して出ることはごくわずかで知らない人に自分の事をあれこれ聞かれたり明るいところでじっくりと見られたり気安く接されるのは苦手なんですな。上から目線とか。
髪の毛洗ってもらうのや、とかしてもらうのは好きなんですけども。

まあとにかく、話を戻して。やはり、近所の同業店ですから。
ほっとくわけには参りませぬ。
予約の電話をかけました。どきどき。
4回目のコールで「はいもしもし。」男性の声。
・・・
・・・・
私「あ、もしもし。」
・・・(あれ?一般の家庭のような出方だな。番号押し間違えたかな?)

男「・・・はい」
私「あのすいませんそちらは○○堂さんでしょうか?」
男「そうです。」
私「・・・(そうですって。。。なんか私が勤めてたとことはぜんぜん違うなあ。客商売なのにこんなにそっけないのって珍しいよなあ。。)」
男「こんにちは」
私「あ、あの、チラシを見たんですけど。」
男「はあ。」
私「(やめといたほうがいいかなあ。なんかこわいなあ。)60分3000円、と言うのを見てやってみようかと思ったんですけど。」
男「そうですか。はい。・・・ちょっとお待ちください。」
しばし待たされる。

男「・・・あの、今日の5時はどうでしょうか?」
私「あ、いえ、すいません。今日じゃなくて月曜の12時はあいてますか?」
男「あ、12時ですか。12時は先生のお休みの時間なのでとれません。」
私「え・・・(チラシを見てみる。営業時間AM10時からpm11時とあるけど昼休みの記述はない。)あの、チラシには書いてませんが12時は無理なんですか。」
男「はい。十二時から二時までは先生がお休みを取りますので。11時なら大丈夫ですよ。」
私「(うーんどうしよう。なんか嫌な感じだな。チラシの写真は4人施術者が写ってるけどその日いるのは一人なんだろうか。それともみんな休憩するんだろうか。どんな店だか恐ろしいな。寝ぼけまなこの人にやる気なく迎えられるんだろうか。心配だ。でもここまできたんだ頑張ろう)えーと、じゃあ2時にお願いします。」
男「はい、じゃあ予約を取りますのでお名前をお願いします」

と言う感じで名前を告げて日付と曜日と時刻の確認をして電話を切りました。
電話に出ていたのはすごく流暢なので最初はわかりませんでしたがどうやら中国の方のようです。受付専門なのでしょうか。慣れてないのは構わないのですが「はいもしもし」はないんじゃないだろうかね?「お電話ありがとうございます。○○店○○(名前)でございます。」を叩き込まれた私は、面食らったのでありました。
私の電話の仕方も良くないですが「受けてみたい」と言われれば「はい。ありがとうございます。いつがご希望ですか?」と言った流れになるのではないのでしょうか。

電話を取った彼が悪い人ではないと思う(むしろまじめないい人だと思う)のだがだからこそもっと感じのよい電話対応を教えておくべきなんじゃないのかなーと、えらそうだが私は思ったのであります。
月曜日、どうかなあ。失礼かもしれないけどやな予感だよう。。゚(゚´Д`゚)゚。
また書きます。絶賛してるかもしれない。
by sekotans | 2007-02-10 12:49 | マッサージ リラクゼーション | Comments(0)

少しずつ。

今朝は大家さんが来てくれました。五十肩がつらいと。
40分の基本コースで関連筋をマッサージして肩関節の動きつけも少ししました。そのあと、肩首のストレッチと躁体法を軽く行って、終了。「今までいろんなマッサージを受けたけど男だからうまいとか年取ってるからうまいとかそういうのはないね。」とか「気持ちよくて眠くなるね。」とお話されてました。
よく受けてる方なので力を抜くのがうまく、リラックスが早いので表面の筋肉はほぐれやすかったのですが「きつくマッサージされる方が好き」ということだったので長年強いマッサージを何度もされたのでしょう。奥のほうは刺激に慣れてほぐれにくい硬さになっているようでした。
ちょっと時間がかかるかもしれませんがお役に立てるといいな(´-ω-`)
「だいぶ楽になった」「娘にも行くように薦める」等と言って下さいました。
ありがとうございました。家賃明日必ず払います。すいません。。( >Д<;)

今日はこのあと昨日も書いたおじいさんのところへ出張です。
1日二人とかお客様があると、「うまくいってる」気がしてうれしい(つ´∀`)つ
ほんとはまだまだですが。
まあでも「けっこう暇だけど何とかやれてる」くらいが理想のような私σ(°ン °)です 。

そのうちタイで暮らしたい。。

知人がりらく屋のホームページを作ってくれました。わーお。( ゚Д゚)ヒョエー
ありがとうございます。作ってもらっといてなんですが「いかにも素人手作り」です。
自分の言葉や姿が人前に出るのは恥ずかしいですね。(/ω\) http://www15.ocn.ne.jp/~nissho/index.htm

写真はトコ。食欲旺盛になってお腹が太った。(´∇`)
f0115484_1413278.jpg

by sekotans | 2007-02-06 13:44 | マッサージ リラクゼーション | Comments(2)

久しぶりの更新。

さぼっていてすみませんでした。
うーーん。旗を作ろうとしてかなり大変で(大きいので扱いにも一苦労。不器用で計画性に欠けるので思うようには行かなかった。)失敗して面倒になってしまいました。アボーン(´・ェ・`)
やろうとは思ってるんですけど。そういうこともあってこちらもおっくうになってしまいました・・・
(´ヘ`;)
更新していない間、本を読んだり、元同僚が背オイルを受けに来てくれたり、以前からのお客様で、小さいお子さんがいてお仕事も忙しい女性のお宅に出張に行ったり、同じように以前からの方でお年を召した男性の方のところに出張に伺ったり、ご近所の方でリピートしてくださる方が少しずつ増えたり、色々ありました。地味に。
あとやっぱりアフェリとりらく屋だけでは経営が厳しいのでちょっとしたバイトも始めまして。
あと今は美顔に力を入れてまして、蜂蜜マッサージとかしてますね。
2ちゃんで話題の。
こんなこと知りたい人いるんだろうか・・・( ゚Д゚)ポカーン

どうでもいいついでに最近読んだ一押し本は村上龍の「昭和歌謡大全集」です。

昭和歌謡大全集

村上 龍 / 集英社


主人公の青年たちが馬鹿げていて、哀しく、かわいくて、突拍子もなく恐ろしい残虐行為がエスカレートしていく話なのですが(日本語変かな?)青年団と対立するおばさんたちも無茶苦茶な思想、発想をするまとまりのない連中でありながら妙にリアルで味わいのある存在で、私はあっという間に話にのめりこみ、トイレでもお風呂でも離さず、一晩で読んだのでした。文体にスピード感があり、次々と奇異なキャラクターが出てきて、とんでもない暴力的な展開が繰り広げられていくので、しかしその語り口はあくまでドライで引きずる感じはないので気分が悪くなることもなく、ちっとも飽きたりほかのことを考えたりはしないのでした。ので、ご飯も食べれなかった。
要はものすごく面白かったんですね。そこに出てくる人間たちは危険だったり気持ち悪かったりする、現実にいたら敬遠するような、あるいは一見何の面白みもなさそうな、ぱっとしない、見過ごしそうな人々なのですが、龍氏の手によって目が離せない魅力に溢れた人々(状態)になっている。魔力、といってもいいか。好き嫌いの問題ではなく、肯定する否定する関係なく、興味しんしんになってしまう。ストーリーが気になるのもあるが、「この人に何があってこんな考えに・・・」とか「この人のにおいはこんな感じかな・・・」とかキャラクターのバックボーン、詳細についても考えてしまう。
それがまた楽しい。
ほんとに、読んでる間、わたしはニヤニヤしたり、びっくりしたり、ひやひやしたり。
ずっと心が動いてました。ワクワクしてました。無表情には読めない。
(私は本でもテレビでも一人でも大勢の中でも面白ければ声を出して笑い、感動したり悲しければ涙を流して嗚咽しながら作品を堪能します。)
同じく龍氏の「コインロッカーベイビーズ」も以前に読んだのですがそれはどんどん読み進めることはできなかった。
あまりにも暴力的で、差別的で、グロテスクで、凄惨で、哀れで、痛くて、思わず目を閉じ、ため息が出てしまうことがしょっちゅうでした。ある場所では生理的嫌悪で気分が悪くなり、ある場所では女性蔑視に腹が立ち、という調子です。もちろん超有名大作家さまの作品ですから、その舌を巻く描写力や絶妙の文章、息づくセリフは素晴らしく心を打ち、面白いのですがそれゆえに想像したくないこと、感じたくない感情が次々と沸き起こり、逃げられず、めったに起こらない自己嫌悪感にまで包まれ読むのをやめようかと何度も思ったほどでした。
「昭和歌謡~」は題名どおり昭和の名歌謡曲がストーリーに盛り込まれていてそれがまたいいクッションになっていたのかもですね。歌は素晴らしい。
「ちゃんちきオケサ」を知らなかったので聞いてみたくなりました。
「昭和~」は映画化されてDVDにもなっていてそれではストーリーに出てくる歌が、BGMになったりしているらしいので観てみよう、と思ってます。
日ごろいらいらしたり破壊衝動が有る人には特にお勧め、かな?
ちまちましたことに振り回される日常を、我われはどうしても送らないといけないから、矮小で退屈な生活にはみんな多かれ少なかれ不満があるんじゃないでしょうか?
私はこれでスカッとしたし、それでいて、ほっとしたり癒されたりもあった。
ちゃんと、バランスがあって、優しさ、あったかさも十分にある。泣けるくらい。私は本当に大好きな本です。主人公の男たちを愛しています。目のずれた女の子も。
とにかく無茶苦茶ツボでした。読んでる間たまらなく幸せでした。思い出してもうれしい。
龍さんありがとうございます。

写真は温浴後のメロンちゃん。黄色いタオルをかけたので本当にメロンパンみたいですね( ^∀^)はな水、鼻づまりはなくなりました。が、相変わらず目を離すと暗い、狭い、寒いところに行ってしまい食も細いので対策を考え中。
f0115484_14445011.jpg

by sekotans | 2007-02-05 14:34 | | Comments(0)

中野区新井薬師前、個人経営の整体サロン。健康・美容・マッサージ情報。月~土10時~20時営業。日祝と火曜休み。老若男女歓迎。ネットで即時予約可能。?03-3388-3372


by りらく屋 花澤誠子