リラクゼーション整体 ツボゲッチューりらく屋

riraseko.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

手はとても敏感。

外からの刺激をセンサーのように受け止め、目では見えない体の変化を感じ取ることができる、唯一の存在です。

ですから、マッサージをするのには、主に手を使います。

手で加える力を「圧」といい、この圧を効果的に使うようにします。

力任せにゴシゴシやればいいというものではなく、「気持ちいい」~「痛気持ちいい」心地よさを与えることが大切です。

ここで手の使い方を10個紹介します。

圧をかける場所の大きさや肉質、形によって、その時々で合ったものを選びましょう。

基本的には簡単で、程よい圧がかけられる、手のひらや指先を使うことをおすすめします。

1.指先によるタッピング。
ピアノをひくようにリズミカルに動かします。
圧が弱いので頭などに最適です。

2.親指・人差し指
2本の指を広げて、首筋を揺らしたり、ほぐしたところを関節やリンパに流すときに使えます。

3.人差し指・中指
折り曲げて使います。
腕や足など刺激に強い部分をさするときに◎。
こぶしよりもピンポイントで圧がかけられます。

4.親指
ツボやポイントを集中的にほぐすときに、押して使います。
強い圧を加えることができます。

5.指先(親指をのぞいた四指)
揺らす、揉む、押すといった時に。
ほぐしたあと、関節やリンパを流すときにも指先はおすすめです。

6.小指の側面
空手チョップのように使います。
瞬発的に強い圧がかけられるので、太ももをほぐすときなどに。

7.手のひら(下部)
圧が強くかけられるので、カチコチに固くなっている部分に。
叩く、押す、さするなど。

8.手全体
顔などを温めたり、足やお腹をほぐすときに最適。
揺らす、さする、叩く、揉むなど。

9.掌(手首~指の付け根)
叩くときや、揺らすときに。
指を含む手のひら全体よりも、強い圧がかけられます。

10.こぶし
叩いたり、グリグリ押す、流すときに。
力を抜いているつもりでも、強い圧がかかるので、足やお尻など刺激に強く、コリが深い場所に。
f0115484_1746825.jpg


↑叩打法6種

参考文献

早川義修式ボディワーク 美体革命

早川 義修 / 講談社

スコア:



関連ページ
東洋式リフレクソロジーの手技
f0115484_10553026.jpg

ツボ療法の基本手技
f0115484_16314538.jpg

マッサージによる治療法 ●軽擦法●
f0115484_17285933.jpg

6.叩打法
f0115484_17251867.jpg

手の筋肉、働き、傷害、マッサージ法
f0115484_13474341.jpg

by sekotans | 2012-03-31 17:53 | マッサージ リラクゼーション | Comments(0)

今日はお休み致します。

先日、親戚に不幸があったため今日はお休み致します。
明日の開店は午後からとなる予定です。
明日の3時から4時はご予約で埋まっております。
よろしくお願いいたします。
by sekotans | 2012-03-30 09:54 | お知らせ | Comments(0)

寒気がしたら

背筋がゾクゾク、風邪の引き始め?
ゾクゾクしてくるのは風邪の前触れ。

東洋医学の考え方では、風邪をひくのは「邪気」(西洋医学で言えばウイルスなど、風邪を引き起こす要因)が体内に侵入した時と考えられています。

この邪気の侵入口が首筋にある「風門ふうもん」で、邪気がたまるのが「風池ふうち」。

さらに邪気が「風府ふうふ」に集まって風邪をこじらせると言われています。

風邪対策は引き始めが肝心。

風邪を引いたかな?と思ったら、これらのツボが集まるエリアを蒸しタオルやドライヤーで温めてからツボ刺激を。

発熱したときは、ツボ刺激は行わないようにしましょう。

ツボの場所
「風府」は後頭部の中央の生え際から、親指の幅分上に行ったところ。
「風池」は、「風府」から親指の幅分下の外側にあります。

刺激の仕方
「風府」は、親指で押すか、手のひらの側面で軽く叩きます。

「風池」は、両手で頭を包むようにして親指をツボに当て、首の中心に向かって5秒ほど押します。

これを5~10回程度繰り返します。
f0115484_8574973.jpg


参考文献

あなたに効く!症状別・ツボの大図鑑―ひとりでできる!治せる!元気になる!

岩田 一郎 / 永岡書店

スコア:



関連ページ
肩・首のコリに効果抜群のツボ
f0115484_11375177.jpg

後頭神経痛に効くツボ
f0115484_1145399.jpg

後頭神経痛2
f0115484_17455847.jpg

風邪には血液浄化
f0115484_1323539.jpg

鼻水=脳脊髄液
f0115484_1438168.jpg

by sekotans | 2012-03-30 09:03 | つぼ押し 手もみ | Comments(0)
やっぱプロの人は丁寧ですごいっす-。

髪の毛もちょっとセットしてもらいました。

f0115484_16144264.jpg


喜色満面。

PR動画&メニュー写真の撮影終わりましたよー。

恐縮するやら緊張するやら疲れたし無事に終わったのかどうかちょっと不安もありますが皆さん優しく良い方でありがたく、いい経験でしたー。

耳リフレ中の写真を一枚。
f0115484_1621647.jpg

by sekotans | 2012-03-28 16:21 | 近況報告 | Comments(0)

へそ曲がり、鼻曲がり

性格も生活もまっすぐに
テレビを見ていると、鼻が顔の真ん中にない人がいます。

鼻曲がりです。

このような人は、鼻だけではなく、アゴも背骨も骨盤も股関節も足も曲がっています。

むろんへそも曲がりますし、靴も片減りします。

へそ曲がり鼻曲がりの人は、体のあちこちの筋肉がつっぱっていますから、精神的に完全にリラックスするということがありません。

「あの人はへそ曲がりだからねえ、困ったものだ」

というように、対人関係でもねじれた対応をしがちです。

薬味程度のねじれは、その人の人間性というか、コクになりますが、体的にも反応がすなおではありませんので疲れが溜まってしまいます。

季節の変わり目には体調が大きく崩れて苦労するのです。

同じ、テレビに出ている人でも、運動選手出身のキャスターなどは鼻が真ん中についています。

プロの高度な運動をこなすには、鼻やへその曲がった、骨格の曲がった人では通用しないのです。

子供を運動選手にしたい人は、へそ曲がりや骨格のバランスを整えながら鍛錬して下さい。

お勉強のできる子供にしたい人も同様です。

思考力に粘りが出ます。

f0115484_13434278.jpg


参考文献
誰にでもできる和尚さんの健康法

関連ページ
f0115484_13434010.jpg

骨盤の歪みチェックと解消法
f0115484_17452049.jpg

左右のゆがみ矯正法
f0115484_14121388.jpg

子どもの不調にくすぐり治療
f0115484_19245180.jpg

腰の仕組みと腰痛
f0115484_1523565.jpg

体の中心線を作る
f0115484_1543211.jpg

by sekotans | 2012-03-27 13:51 | 歪み | Comments(0)

撮影します!

明日の11時から3時まで、りらく屋のプロモーション動画や写真を撮影しますので、ご予約は取れません。10時から11時までと、3時以降は大丈夫です。

でも6時40分から8時(閉店)も埋まっておりますが。

プロモーション動画や写真っていきなりなんでそんな?

というと、今、無料掲載してもらっているホットペッパービューティーの担当の方から、
「セラピストさんも受けてる方も顔が出ている写真があると引きがいいですよ」
と教えてもらい、撮ることに。

話すうちに、知り合いのお陰で格安で、モデルさんも呼んで、メイクさんもカメラマンさんも来て、照明も使って、の大掛かりなことに~

ドキドキ~

色々準備せねばー。

出来上がったら詳細はまたこちらでもお知らせします~
by sekotans | 2012-03-27 13:20 | お知らせ | Comments(0)

腰の仕組みと腰痛

起立によって行動する人間の腰には大きな負担がかかります。

ここでいう腰は、腰椎、骨盤全体、仙腸関節も含めてのものです。

この腰に不安定な上体を乗せて、重心を取るのだから、いくら上手に作られている腰でも、不自然な動きや、力の入り具合で悲鳴を上げる事になるのは当然です。

腰痛の種類には、
1.椎間板ヘルニア(腰椎椎間板内髄核脱出症)
2.腰椎すべり症
3.変形性腰椎症
4.仙腸関節機能異常
5.腰椎分離症
6.骨粗しょう症
7.ぎっくり腰(腰椎捻挫)
などがあります。

腰椎は20歳を過ぎる頃から老化が始まると言われます。

腰部の動きに関しては、第五腰椎と仙椎との動きが全体の60~75%をしめると言われ、

第4と第5腰椎との間の動きが20~25%であり、

残りの10%近くが第1、2,3腰椎間で起こるといいます。

前屈や後屈がよくできるのは、第4,5腰椎と第5腰椎、仙椎との間の動きが上手くバランスがとれていることになります。

これだけ可動性に富みながら、体を支える要になっている腰椎は、周囲の筋肉が全体のバランスを取るようにしています。

周りの筋肉の緊張のバランスがとても大切になってきます。
f0115484_1523565.jpg

イラストのように、悲しいときの姿勢は首をうなだれて腹がへこみ、背は丸くなって下腹に力が入らず、心身とも冴えないことになります。

元気なときは、背腰はピンとし下腹に力が入る、胸をはる。

疲れたときはアゴを出す。

体の中心がずれると精神もずれてへそ曲がり。

というように、姿勢は感情や精神状態の鏡のようなものです。

これらの姿勢を取るのも中心は腰であり、大きな負担がかかっています。

体の重心がうまく腰にあり、バランスが良い時は、余分な力が筋肉にかからず無理も出ません。

ところが色々なことで無理がかかると腰痛となるのです。

腰痛といっても前述のように種々の病態があるし、骨の病気やがんの転移から起こることもあります。

3~4日安静にしていても軽快しない痛み、しびれの増強などが起きたら、精密検査が必要です。

痛みの性質、運動時の痛みか、安静時の痛みか、姿勢によってどう変化するか、など注意しておいて下さい。

治療法としては手術が必要になることもありますが、多くは安静と運動療法が有効です。

どう動けば痛いのかを調べ、動いても痛くない動きを探しましょう。

痛くて動けないときは、安静にしていましょう。

安静にしていて、少しでも動かせるところが出てきたら、動くところから少しずつ痛くない動きを見つけて、動かせば良いのです。

これは気持ちのよい動きだとわかったら、その動きを積極的にして下さい。

それが元の正常な体になろうとする動きなのです。





参考文献

リハビリに生かす操体法―入院中から在宅ケアまで (健康双書)

須永 隆夫 / 農山漁村文化協会

スコア:


万病を治せる妙療法・操体法 (健康双書)

橋本 敬三 / 農山漁村文化協会



関連ページ
腰から足への痛み(変形性腰椎症)
f0115484_12414942.jpg

腰痛の原因と検査
f0115484_19375357.jpg

腰の筋肉、働き、傷害、マッサージ法
f0115484_15192313.jpg

腰のストレッチ
f0115484_1534658.jpg

良さそうでかえって悪い病院頼み
f0115484_13335922.jpg

ぎっくり腰になったら
f0115484_1895368.jpg

四つんばいからだ回し(ぎっくり腰にも)
f0115484_1651913.jpg

仙腸関節チェック
f0115484_14334661.jpg

骨盤・背骨矯正4ステップ
f0115484_15521938.jpg

by sekotans | 2012-03-26 15:22 | 腰痛 | Comments(0)
首・肩のコリにツボの指圧。

定番中の定番といっても良い対処法の一つです。

「ツボはどこだ?」と難しく考えることはありません。

「気持ちいい」と感じるポイントを探して押せば、それでOKです。


血行が悪くなりがちな部分、それがツボ
古来からツボと言われる部分は、東洋医学では、気(エネルギー)の流れの通り道にある要の場所と考えられています。

解剖学的に見てみると、その多くが、筋肉の骨に近い部分である筋(腱)や神経のそばに点在しています。

腱は肉眼で見ると白っぽく見えます。

これは、腱を通る血管が非常に細いものだから。

血管が細いということは、血液が滞りやすく、その分、神経を刺激する発痛物質もたまりやすいと言えます。

痛みを感じる部分に外から力を加えて刺激することで、血液の循環を取り戻す「ツボ刺激」は、西洋医学的に見ても理にかなったものなのです。

5つの注目ポイント
「肩こりに効く」と言い伝えられてきたツボの中でも、血液循環が悪化しやすいところを重点的にチェック。

「痛・気持ちいい」点が見つかったら、指先で3~4秒押して離します。

一箇所10回程度を目安に指圧してみて下さい。

※イラストを参考に親指の腹で圧痛点を探し、「ここ」というポイントが見つかったら、爪を立てないように注意しながら押します。
f0115484_11375177.jpg



「膏肓(こうこう)」「肩外兪(けんがいゆ)」をギュッ!

肩甲骨の内側に位置する「膏肓」は、僧帽筋を支配する太い神経の真上にあり、頑固な痛みを感じやすい部分。

「病、膏肓に入る」ということわざもあるように、この部分に痛みが出ると、なかなか楽になりません。

「肩外兪」は、肩甲骨の真横を走る肩甲背神経(けんこうはいしんけい)上にあるツボです。

「風池(ふうち)」「天柱(てんちゅう)」をギュッ!
髪の生え際のくぼみにある「風池」は小後頭神経の出発点。

風池のやや内側、首の太いスジの外寄りのところにある「天柱」は大後頭神経の出発点です。

自分でも簡単に押すことができます。

「肩井」を自分でギュッ!
肩井は肩甲骨の上方、僧帽筋の上にあり、最も筋肉が厚いところに位置しています。

ここは肩こりに効く代表的なツボ。

コリや痛みを感じ始めたら、人差し指、中指を使いながら押してみましょう。



参考文献

首と肩の痛みをとる本 (健康ライブラリー イラスト版)

青木 正美 / 講談社

スコア:



関連ページ
後頭神経痛に効くツボ
f0115484_1145399.jpg

後頭神経痛2
f0115484_17455847.jpg

ツボ押し&体操で肩こり解消
f0115484_18354387.jpg

肩甲骨周りの筋肉、働き、チェック、マッサージ法
f0115484_14575143.jpg

寝ながら肩押し(インナーマッスルが原因の肩こりに)
f0115484_11382470.jpg

by sekotans | 2012-03-22 11:54 | つぼ押し 手もみ | Comments(0)
西洋医学の立場から見れば、「どこにも異常はない」と見放されてしまうこともある「未病の痛み」の受け皿になっているのが東洋医学です。

それぞれが補う関係にあるのが理想的
東洋医学と西洋医学は、とかく対立関係にあるように思われがちです。

実際、「病気をどう捉えるか」という根本的な考え方からして、両者は大きく異なります。

しかし、目指すものは両者とも同じ。

「健康な状態を回復すること」に尽きます。

どちらにも得意・不得意な分野があります。

それぞれの特性をいかして、治療を進めていくことが理想的な状態と言えます。

「箸」の東洋医学
東洋医学で重視されるのは「気・血・水」の流れ。

病んでいる部分だけを切り離して考えるのではなく、どんな病気や不快症状も、メンタル面も含む体全体の状態を改善することが大事と考えます。

どんな料理に対しても一膳の箸があれば対応できます。

東洋医学の考えにのっとって行われる鍼灸、指圧、漢方治療は「箸」の治療法と言えます。

得意なのは・・・
検査では不具合の原因がつかめない「未病」の痛み。
複合的な要因によって起こっている慢性的な症状。
不得意なのは・・・
骨や関節に明らかな病変が起きている場合。
箸でかたい肉や骨は切れません。

「カトラリー」の西洋医学※カトラリー:食卓用のナイフ、フォーク、スプーンなど。

体の不具合はパーツの問題、と捉えるのが西洋医学の基本的な考え方です。

ですから、有効とされる治療法は故障の原因、場所によってそれぞれ異なります。

料理によって、各種のナイフ、フォーク、スプーンを使い分ける。

西洋医学の考えにのっとって行われる薬物療法、理学療法、手術療法は、いわば「カトラリー」の治療法と言えます。

得意なのは・・・
病因がはっきり特定できるもの。

不得意なのは・・・

検査では「異常」が見られないもの。
複合的な要因によって起こっている症状。
確立した治療法がないもの。

料理が何かわからないとカトラリーも選べませんし、複雑なものだと使い分けが難しくなります。

f0115484_11572541.jpg


参考文献

首と肩の痛みをとる本 (健康ライブラリー イラスト版)

青木 正美 / 講談社

スコア:



関連ページ
経絡の特徴と働き
f0115484_19442831.jpg

ツボ療法はなぜ効くのか
f0115484_13221275.jpg

発熱と食欲不振は名医
f0115484_131383.jpg

ツボ押しABC(前編)
f0115484_1237998.jpg

日常の不調はツボで治す
f0115484_14255817.jpg


★管理人補足★
りらく屋では東洋医学の考え方や治療法を取り入れて施術をおこなっております。
西洋医学のお医者さんでは異常が見つからない、治療をしているがよくならない、「ストレス」や「年齢のせい」にされてしまい困っている。

という方は「東洋医学」をお試しになってはいかがですか。

なかなか解消しない慢性の疾患や症状は「背骨の歪み」「不規則な生活」「食べ過ぎ」「リンパの詰まり」「ドロドロ血液」「免疫力の低下」など骨格、体質、生活習慣、精神面、季節、環境・・・などたくさんの原因が重なっていることが多いものです。

東洋医学は「根本から改善していく」「自然治癒力を呼び覚まし増進する」ことを目的とした歴史ある治療法です。
by sekotans | 2012-03-21 12:31 | 東洋医学 | Comments(0)
りらく屋のエキテンでの口コミが増えました。
最新4件をご紹介致します。

こみふ様(2012/03/17) 30代 女性
施術の後はいつも身体が軽く、今まで毎日のように肩懲りがひどかったのも軽くなりました!
とてもよく勉強されてるようで、身体の不調について質問すると丁寧に答えてくださるのもうれしいです♪
しばらくコンスタントに通おうと思ってます!

アキチャン 様 (2012/03/19)70代 男性
20年以上の持病の肩凝りと足の痙攣が、一度の治療でかなり楽に成りました。これからが楽しみです。

おでんくん 様(2012/02/06) 50代 男性
仕事が続いて疲れがたまり、肩や首のこりが気持ち悪く、行ってみました。
マッサージには何度か行っていますが、ここのマッサージは少し変わっていて、指や手首を引っ張ったり揺すったり、意外な気持ちよさでした。わきを伸ばしたり揉まれるのは少し痛かったのですが、不思議と肩首が軽くなりました。
ちゃんと知識や考えを持ってやっていると感じました。

もやし様  (2012/01/30)20代 男性
いつもお世話になっています。
しっかりとしたマッサージで、あっという間に1時間が経過していることも。
終わったあとは、信じられないくらいに身体が軽くなっています。
施術者の方の専門知識性が高く、いつも「なるほど」と目からうろこが落ちる思いをしています。
f0115484_15565182.png

by sekotans | 2012-03-19 15:52 | 口コミ | Comments(0)

中野区新井薬師前、個人経営の整体サロン。健康・美容・マッサージ情報。月~土10時~20時営業。日祝と火曜休み。老若男女歓迎。ネットで即時予約可能。?03-3388-3372


by りらく屋 花澤誠子