リラクゼーション整体 ツボゲッチューりらく屋

riraseko.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

いつも笑っているとしわになる、というのはウソです。

シワは頭蓋骨の関節が硬いから出来るのです。

野球選手で、顔面に時速200キロ以上の打球を受けた人がいましたが、ひびが入っただけで頭蓋骨は砕けませんでした。

花瓶であれば木っ端微塵に割れてしまうのに、なぜ頭蓋骨は割れなかったのでしょうか。

それは、骨が動いているからです。

頭蓋骨の骨は、頭骨・頭頂骨・頬骨・蝶形骨・後頭骨・上顎骨・下顎骨と、たくさんのパーツに分かれています。

だから、打球の力を一点に集中することなく、逃すことができたのです。

これらのパーツがバラバラに動けているほど、表情は豊かでシワもなくなるのです。

頭蓋骨の動きは脳と直結しています。

おかしくもないのに笑おうとすると、表情筋だけしか動かないので、骨とずれて突っ張ってしまいます。

それがしわになるのです。

つまり、心から笑っていればそれでシワができるということはありません。

年令を重ねてシワが出来るのは頭蓋骨の動きが鈍くなっているから。

かたくなった頭蓋骨をしなやかにして、余計なシワを減らすには次の方法を。

1.自分の両手で頭を包むようにそっと当てます。
そうすると守られている感じがして、頭の中から自然にあったかくなります。
手を近づけてあげるだけでも、安心して関節の修復が始まるのです。

2.この感覚がわかりにくい人は、オイルを使って顔、こめかみ、耳のあたりをマッサージしてあげるだけでも同じ効果が得られます。

3.耳からこめかみにかけて温めてあげれば、とっても気持ちいいし、頭蓋骨がゆるむ感じがわかるはずです。

f0115484_14111491.jpg

やってみて
耳に水が入ってなかなか出てこないときは耳を温めると水が出てきます。
これは骨が温まってゆるむからです。


参考文献
顔や頭の歪みを取る
f0115484_18463452.jpg

頭蓋骨矯正
f0115484_19585757.jpg

しもぶくれ解消に口の開け閉め
f0115484_12334145.jpg

顔・首・肩・うで・手首をチェック
f0115484_19551510.jpg

耳の歪みを整えて小顔に
f0115484_1321755.jpg

肌をきれいに(耳を引っ張る)
f0115484_11252749.jpg

顔のしわ対策。

f0115484_16453763.jpg



管理人補足
りらく屋では
「耳リフレコース」や
「頭スッキリコース」がございます。


by sekotans | 2012-08-31 14:15 | マッサージ リラクゼーション | Comments(0)
敏感肌で、いつもチリチリかゆかったり、ちょっとした事でかぶれたりしてしまう。

これは皮膚の知覚神経が過敏になっているためです。

皮膚にある神経がパサパサに乾いて、表面がささくれだっている状態です。

そうすると、ちょっとした刺激も過敏に反応してしまい、その反応を受けた体は、その場所に救援物資を届けようと血管を伸ばします。

この血管の伸びが、かゆみを引き起こすのです。

だから、救援物資が届く前に、かゆくて掻き壊してしまい、リンパ液がしみだしてしまいます。

そこを治すためにまた血管が伸び、また痒くなる悪循環。

こうして悪化してしまうとアトピーです。

アトピーの初期症状が敏感肌。

血管の異常な増殖を食い止めるためには、ちょっと水でうるおすくらいでは解決しません。

この際、乳製品を一切やめることです。

乳製品というのは、赤ちゃんの牛を育てるためのものなので、非常に濃度の高い栄養がぎっしりと詰まった動物性たんぱく質です。

動物性たんぱく質は、過酷な労働をして体がエネルギー不足の時には大きなプラスになりますが、栄養が十分で運動不足の現代人には、栄養が過剰になってしまうのです。

今まで動物性たんぱく質(乳製品)で摂っていたものを、植物性タンパク(大豆タンパク)で摂るようにすれば、アトピーはだいたい治ります。
f0115484_15224966.jpg


参考文献

かわいいお肌BOOK―お肌の悩みをまとめて解決!

寺門 琢己 / 大和書房

スコア:



関連ページ
五十肩・皮膚疾患(アレルギーなど)に肩髃(けんぐう)
f0115484_18585638.jpg

粗食・和食のすすめ
f0115484_12134960.jpg

正しい排泄→綺麗・元気
f0115484_11474135.jpg

しみになりやすい部分の洗い方(肌の仕組みや化粧品、食事についても)
f0115484_1341984.jpg

by sekotans | 2012-08-29 15:35 | 人体 | Comments(0)
局部治療では根治しない
局部治療は一時的に苦痛を和らげても、治療をやめれば元の木阿弥になってしまいます。

人間の体は、どこが欠けても正常に働かない巨大なシステム工場です。

人体は一体、臓腑の異常はその臓腑だけの異常ではなく、他の原因からの影響もあるし、異常を起こしている臓腑から別の臓腑に病いが移ることもあるのです。

現在の医学は臓器にばかり目を向けていますが、人体で臓器の占める割合は2分の1もありません。

足裏の健康法も、症状があるところだけを揉めばよくなるわけではありません。

腎臓の弱い人が、腎臓の反射区だけ揉んでいるのは間違いです。

足裏からひざ上十センチのところまでの全てを揉み、弱いところを助け、強める。

このことを抜きに、反射区のある一部だけを揉んでも、少しの効果しか挙げられないのです。

ひざ上10センチまで揉まなければ効果なし


イラストは足の中をどのように血管が走行しているかを示した図です。

体内を通って足を流れる血管は膝のところで二本に別れ、一本は脛骨に沿って前へ、もう一本は腓骨にそってふくらはぎに出てきています。
f0115484_13494675.jpg

汚れ(老廃物)がつま先からたまりくるぶしまで来ると、くるぶしが硬くなります。

くるぶしの靭帯に汚れが接着し、動脈を流れる血管を圧迫し、ここの血流が弱くなると血圧の下の数値が高くなったりします。

さらに進んで動脈が二本に別れている膝の後ろまで汚れがたまると、ここの血流が悪くなり、血液が汚れていなくても血圧は上がります。

そうなると慌てて医者へ行き、薬を飲まされる。

薬を飲まされるとますます汚れは溜まり、しまいには膝から下がパンパンに張り、寒い日など、下腿に沈殿している老廃物が収縮して血管が圧迫され、血液が通らず血圧をはね上げ、脳血栓や脳梗塞を引き起こします。

血圧が上がるときは、体のすみずみまで血液の流れが行き渡らず、特に足の先まで届かないうちに、膝やくるぶしまで来たものが、そこで再び押し返される状態になります。

すると心臓や肝臓に負担をかけ、頭部を充血させ、脳溢血や心臓病を引き起こしてしまうのです。

日本で足裏健康法を推奨する人は足裏だけ揉めばすぐ健康になるようなことを言っていますが、これは間違いです。

足裏をもみほぐせば、足先にたまりがちな汚れは溶けていきます。

しかし溶けた汚れは足首から膝を通り、最後は腎臓にたどり着いて排泄されなければなりません。

せっかく取れた汚れも、足首や膝のところで詰まってしまえば、なんにもなりません。

また、汚れた血液を運ぶパイプの役目をしている静脈には血液が逆流しないように弁がついています。

この弁のまわりに汚れがたまりやすいので、足裏だけを揉んでも、心臓に通じる膝から下のパイプの流れを良くしなければ効き目はないのです。

したがって、青竹踏みも、局部治療にしかなりません。

指先も甲も、足首も膝も合わせてまんべんなく揉まないと、効果は期待できません。




参考文献

足の汚れ(沈殿物)が万病の原因だった―足心道秘術 (マイ・ブック)

官 有謀 / 文化創作出版

スコア:



関連ページ
心臓を助けるミルキング・アクション
f0115484_15353435.jpg

足もみの理屈
f0115484_11574174.jpg

なぜ不健康になるのか?
f0115484_1719542.jpg

ひざの裏側が重要ポイント
f0115484_11524360.jpg

リフレクソロジーについて
f0115484_17144292.jpg

足裏刺激、やりすぎ注意
f0115484_11263071.jpg

むくみについて。
f0115484_17115720.jpg


管理人補足
りらく屋ではリフレクソロジーや足オイル、足ツボも行っております。20分2000円~。
足コースはすべて膝上までケアいたします。
f0115484_1744362.jpg

f0115484_17465788.jpg

by sekotans | 2012-08-28 14:50 | むくみ | Comments(0)

健康で正しい姿勢とは?

どうして痛みや不調を感じるのか
朝起きた時から体がだるい。
入院するほどではないけど毎日がつらい。
いつもひどい肩こりに悩まされている。
腰や膝が痛んで歩けないが病院では「老化現象」と片付けられて諦めている。

こんな不調を訴える人が増えています。

病因で検査をしても、緊急に治療をしなくてはならないような疾患が見つからない場合、からだのゆがみを疑ってみる必要があります。

健康で正しい姿勢とは
西洋医学では人の立った姿を横から観察して、頭の下から骨盤へと続く背骨がゆるやかなs字のカーブを描くのが正しい姿勢と定義しています。

横から見ると脊椎は首の部分で前へ、

胸部で後ろへ、

そして腰でまた前にカーブというS字型の曲線を描いています。

そして骨盤は軽く前傾して背骨とつながっています。

このとき骨盤のすぐ上にある腰椎と仙骨の前傾角度は35度以内が理想とされています。

腰仙角が35度以内だと、体重が仙骨と骨盤の上に乗りますが、腰椎が前弯しすぎて、腰仙角が40度以上になると、体重が仙骨と骨盤の上に乗らなくなり、腰椎5番が前へすべるようになってしまいます。

極端に胸を張りおしりを付き出した「鳩胸出っ尻」体型は、一見良い姿勢と見られがちですがからだのためには良くないのです。

また背骨から頭に続く頚椎に適度なカーブがないと、ひどい肩こりや頭痛などの頚椎症候群を引き起こす原因となります。

f0115484_19482157.jpg


参考文献

背骨と骨盤の筋肉をほぐして必ず健康になる本―腰痛・肩こりから免疫力アップにまで効くラクラク体操

川井 武雄 / 主婦と生活社

スコア:



関連ページ
正しい姿勢を保つ
f0115484_12283780.jpg

頚椎を整える(ストレートネック)
f0115484_1630914.jpg

ストレートネックチェック法
f0115484_1648245.jpg

5分間寝るだけ頚椎矯正法
f0115484_15131660.jpg

ストレートネックを防ごう!治そう!
f0115484_1822258.jpg

骨盤を正常に保つことの重要性
f0115484_19191024.jpg

しゃがんで反り腰をチェック(骨盤矯正には脊柱起立筋と大腰筋のバランスを良くする)
f0115484_12345144.jpg

あらゆる不調の元凶?骨盤の歪みチェック
f0115484_19401311.jpg

体重の6割は第4,第5腰椎にかかっている
f0115484_17334568.jpg

by sekotans | 2012-08-25 20:00 | 人体 | Comments(0)
停滞腸チェックリスト
●基本的に小食だ
●野菜はあまり食べない
●果物はあまり食べない
●あまり水分を取らない
●食後、もしくは普段から下腹部がぽっこり出ている
●最近ダイエットした(または現在している)
●あまり運動しない
●ストレスを感じることが多い
●便秘気味だ

チェックの数が
0~2 問題なし
3~4 軽症の停滞腸。
5~6 中程度の停滞腸。要注意。
7個以上 重度の停滞腸。改善が必要です。

便秘・むくみは毒性物質が溜まった証拠。デトックスしましょう。
体に毒性物質がたまると、便秘、おならが増える、むくみなどの症状を示すようになります。

毒性物質のお掃除に「デトックス」(毒出し)を実行しましょう。
詳しくは関連ページを参考にしてください。
f0115484_1223782.jpg


参考文献

医者以前の健康の常識 (講談社の実用BOOK)

平石 貴久 / 講談社

スコア:



関連ページ
デトックスについて
f0115484_12453942.jpg

おならのはなし(臭いおならの原因、おすすめの食品)
f0115484_16352599.jpg

腸のマッサージ
f0115484_1430446.jpg

便秘のとき朝イチにできること
f0115484_171669.jpg

大腸を元気にする
f0115484_1527244.jpg

熟睡で便秘解消
f0115484_14494948.jpg

朝食は抜いたほうが体にいい?!(吸収は排泄を阻害する)
f0115484_12572941.jpg

正しい排泄→綺麗・元気(甘みは体温を下げるので控える)
f0115484_11474135.jpg

整体やマッサージによる反応
f0115484_1154824.jpg

by sekotans | 2012-08-24 12:54 | 女性の悩み | Comments(0)

正座のしびれに後ろ歩き

足のしびれは血行障害が原因
正座を続けて足がしびれた時にしびれを早く取るには、後ろ向きで歩いたり、階段を4~5段後ろ向きの姿勢で昇り降りしたりすると効果があります。

階段の昇り降りは転ばないように手すりをつかんで注意しながら行います。

足がしびれるのは長い時間、足甲の足背動脈が圧迫されて、血液の流れが一時的に悪くなることや足の知覚神経が圧迫されることが原因です。

血行の流れが元に戻ればしびれは取れます。

受診するなら
原因が思い当たらないのに足がしびれるなら神経内科へ。
f0115484_1232575.jpg


参考文献

医者以前の健康の常識 (講談社の実用BOOK)

平石 貴久 / 講談社

スコア:



関連ページ
正座が長く出来る!
f0115484_13163076.jpg

あとずさり歩き
f0115484_1541681.jpg

左右のゆがみ矯正法(足の疲れ・ゆがみを改善し、正座しやすくなります)
f0115484_14121388.jpg

手足のしびれを解消マッサージ
f0115484_1645360.jpg

足のしびれ
f0115484_12153582.jpg

by sekotans | 2012-08-23 12:50 | | Comments(0)
まずはチェックテストから。

3点以上になれば「心因性の腰痛=自律神経失調症などの心身症」の可能性が大です。

●どんな姿勢をとっても痛みが楽にならない(1点)
●腰が痛いという理由で外出を控えるようになって3ヶ月以上経つ(2点)
●最近オシャレや自分の身なりに構わなくなってきた。
 また、イライラしたりくよくよすることが多くなった。あるいは悩みや不安、焦りがある。(2点)
●あちこちが痛かったり、痛む場所が移動したりする。(1点)
●夜、なかなか寝付けない(1点)
●腰や足が冷えがちで、夏の冷房の効き過ぎや冬の寒さに弱い。エアコンの温度変化に過敏。(1点)
●過去に腰痛で通ったことのある病院や施療院で「あそこのせいで余計悪くなった」と恨みを抱いているところがある。(1点)

精神的ストレスが原因の腰痛
痛みの特徴
会社に行く前、嫌なことをはじめる前など特定のストレス状況で痛くなる。
終わるといつの間にか痛みを忘れていることも。

どんな人に多いか
日頃から心がふさぎがちの人。
自律神経が過敏で、気温の変化や環境の変化についていくのが苦手な人。

特徴と傾向
社会の仕組みが複雑になり、生活のリズムが不規則になるにつれて、現代人の抱えるストレスも大きくなってきています。

職場に行こうとすると、腰が痛くなり、家に帰ると痛みを忘れるという人がいます。

交通事故でむち打ち症にかかった人が、治ってもまた再発するのではないかなどと不安になり、どんなに治療を受けても治らない、というケースもあります。

そのほか、不安や悩み、焦りがあると自然に姿勢が悪くなってきますからそれが腰痛の原因になる場合もあります。

悩みや不安、焦りなどは東洋医学では主として腎経、膀胱経に問題があると見ます。

腰痛の主要ツボである腎兪(じんゆ)、大腸兪(だいちょうゆ)、関元兪(かんげんゆ)などはこの経絡に関係したツボです。

心の不調が身体的症状に現れる病気を「心身症」といいますが、その中でも代表的なのが「自律神経失調症」です。

これには自律神経のバランスの崩れが深く関わっています。

心因性の腰痛を訴える方は、大抵の場合、自律神経が交感神経側(頑張りモード)に極端に偏っています。

自律神経が過敏になっていると、通常よりも痛みを感じるセンサーが強く働くようになり、少しの症状でも激しい苦痛を覚えます。

ですから、こうした場合は精神的ストレスの解消をしなければなりません。

ただし、心の問題を解決すれば全てうまく行くとも限りません。

病院の検査で器質的異常が見つからなくても、仙腸関節や腰椎などにトラブルの根が隠されていることも多いからです。

心と体の両面から問題のありかを探って、アプローチしていく姿勢が必要です。

対策・治療のポイント
●温熱療法
ややぬるめの気持ち良い温度でお腹、腰、肩甲間部を温めます。(10~15分間)
リラックス効果、血流促進効果があります。

●生活の改善
規則正しい生活、睡眠時間の確保、なるべく目を休める、ゆっくり呼吸するなど心身をいたわり、ストレスを減らす工夫をしましょう。

●整体、指圧、マッサージ、骨盤調整など
関連ページを参考になさってください。

f0115484_15144015.jpg


参考文献

腰痛は99%完治する―“ぎっくり”も“ヘルニア”もあきらめなくていい!

酒井 慎太郎 / 幻冬舎

スコア:


特効・腰痛はこうして治す (目で見て実践!)

中山 仁二 / 高橋書店

スコア:



関連ページ
自律神経失調症の原因と指圧法
f0115484_16533971.jpg

腕のすじを伸ばす(手の親指の付け根から鼻までを一直線に結ぶラインに気が流れると、自律神経のバランスが整ってきます)
f0115484_19302161.jpg

ストレスに効くツボ
f0115484_12543328.jpg

免疫・ホルモン・自律神経を整える生活見直し8か条
f0115484_15534362.jpg

鼻づまり&自律神経失調症に
f0115484_18502771.jpg

ドライヤーでいらいらを鎮める
f0115484_12146100.jpg

ストレスによる病気を防ぐ
f0115484_18273333.jpg

骨盤の歪みチェックと解消法
f0115484_17452049.jpg

左右の歪みチェック法

f0115484_13434010.jpg

by sekotans | 2012-08-22 15:35 | 腰痛 | Comments(0)
まずはチェックテストから。3点以上で「腰椎分離症もしくは腰椎すべり症」の可能性大です。

●20歳未満である(1点)
●起床時、体を起こして立ち上がるまでに時間が掛かる(1点)
●足にしびれがある。または膝を伸ばした状態で足を上げていくと60度くらい上げたところでおしりにしびれや痛みが出る(1点)
●腰を反らすと、腰の中心部の骨が痛い。
なおかつ、今現在激しいスポーツをしている。あるいは学生時代にそうした運動をしていた(3点)
●肉体労働をしている(2点)
●腰の中心の骨を上からなぞっていくと、明らかに段差がある(1点)

腰椎分離症・すべり症は激しい運動中に起こりやすい
痛みの特徴や症状
腰を反らすと腰の真ん中の骨が痛い。
おしりの筋肉も痛い。
朝、起きた時など、動き始めに痛い。
激しい運動によって悪化する。
同じ姿勢を長く続けると腰や背中が突っ張って痛んだり重くなったりする。
過激な動作をしていると急に腰の力が抜ける。
休んでいると痛みは和らぐ。
長時間歩いたら足が重くなって、もつれる。

どんな人に多いか
20歳以下の若者で、部活動などで激しいスポーツをしている人。
子供の頃や学生時代に激しい運動をした経験がある人。
肉体労働者。

もっと詳しく。治療のポイント
バレーボールやバドミントン、テニス、野球、新体操やクラシックバレエなど背中を激しく反ったり、大きくひねったりという動作を続けると、腰椎の突起が疲労骨折を起こします。

腰椎分離症は突起にひびが入って断裂した状態。

腰椎すべり症はその突起がずれてしまった状態です。

この両者は合併することも多く、症状の特徴や傾向もほとんど同じです。

この疲労骨折を放置していると、腰椎や椎間板に負担がかかってしまい、椎間板ヘルニアを合併し手足のしびれなどの症状が出てくる場合もあります。

ただし、分離症やすべり症があるからといって、必ずしも痛むとは限りません。

なお、神経圧迫さえ起こしていなければ、それほど心配することはありません。

●コルセット装着
腰椎すべり症や分離症が発覚したら、早急にコルセットで固めるなどの処置で疲労骨折を治しましょう。

小学生や中高生などで熱心にスポーツをしている子が「なんとなく腰が疲れる」「練習中、腰の痛みが気になる」などと言い出したら、はやめに診察を受けさせましょう。

この腰痛は初期の対応が肝心です。

コルセットを装着していれば骨は1~2ヶ月で固まります。

しっかり固まるまで腰に負担をかける動作は避けましょう。

●医療レーザー
患部にレーザーを当て、痛みを和らげるとともに回復を早めます。

●マッサージ・温熱療法
鈍痛が残るときは腰部から足部のマッサージをしたり、腰を温めるのも筋肉の緊張を解して痛みが和らぎます。

●痛みが軽い時は腰部や腹部、臀部の筋肉を鍛える。無理をしないこと。

●仙腸関節の調整
仙腸関節が機能していなかったために、腰椎に負担がかかり、疲労骨折につながるという側面も。
前にずれ込んだ仙骨を後ろへ引き戻して重心バランスを改善します。
f0115484_13372669.jpg


参考文献

腰痛は99%完治する―“ぎっくり”も“ヘルニア”もあきらめなくていい!

酒井 慎太郎 / 幻冬舎

スコア:


特効・腰痛はこうして治す (目で見て実践!)

中山 仁二 / 高橋書店

スコア:



関連ページ
腰痛タイプ3椎間板症・椎間板ヘルニア
f0115484_1425060.jpg

腰の筋肉、働き、傷害、マッサージ法(腰椎分離症についても)
f0115484_15192313.jpg

気をつけ療法
(臀筋を鍛え、腰痛の改善・解消に)
f0115484_1633778.jpg

腰痛のタイプと布団の硬さ
f0115484_1734251.jpg

坐骨神経痛のチェック法(SLRテスト)
f0115484_19302289.jpg

by sekotans | 2012-08-21 13:50 | 腰痛 | Comments(0)

お客様のお声

新たに口コミをいただきましたので、アップいたします。

お名前 H・Mさま
年齢 65才
職業 設計業

足腰の筋肉痛でお世話になりました。
体全体を把握して、診て頂きたいところを的確に施術していただきました。
足腰の筋肉痛だけでなく、肩こりもとれて体全体がすっきり元気になりました。
健康になるためのお医者さんだと思います。
f0115484_19443056.jpg

by sekotans | 2012-08-20 19:45 | 口コミ | Comments(0)
まず、痛みの様子を見る
長い期間にわたって鈍い痛みが続いている慢性腰痛は、多くの場合、運動不足や姿勢の悪さ、筋肉疲労などが原因となっています。

このような腰痛症は運動をしたり、姿勢に気をつけるなどの日常生活の改善によって、自分で治すことも可能です。

不用意な動きがきっかけとなって、突然激しい痛みに襲われる急性腰痛症はどうでしょうか。

急な痛みに慌ててしまいがちですが、このような腰痛症の場合はそれほど重症にはなりません。

安静にしていれば、徐々に痛みは軽くなっていくはずです。

こんな腰痛は病院へ
日常生活を改善したり、安静にしていても痛みが酷くなる場合は、検査を受けて原因をはっきりさせることも必要です。

特に、腰痛だけでなく、足にも痛みやしびれがあったらなるべく早く病院へ行く事をおすすめします。

下肢にしびれや痛みがあるのは、神経障害が起きているからなのです。

こうした症状を起こすのは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの病気が考えられます。

放っておくと神経障害が強くなり、治療をしてもしびれが残ってしまうことになりかねません。

急激な腰痛とともに、排尿や排便が困難になった時には急いで病院へ。

排尿、排便をコントロールしている馬尾神経が障害を起こしています。

他の病気で腰痛が起きることも
他に重大な病気があり、それが原因で腰痛を起こしていることもあります。

例えば、ガンが脊椎に転移すると、安静にしていても背中や腰に強い痛みがあります。

また、結核菌が脊椎に侵入すると結膜性脊椎炎(脊椎カリエス)になり、慢性的な腰の痛みが続き、背骨の変形や下肢のマヒがきます。

女性では、子宮筋腫や子宮内膜炎などの症状として腰痛が現れます。

骨粗しょう症が原因で、脊椎に圧迫骨折を起こした時も腰が痛みます。

この他にも、膵臓、肝臓、胆嚢、胃や十二指腸、小腸、大腸といった消化器系、腎臓や尿管などの泌尿器系に病気がある際にも、背中や腰に痛みが出ます。

ただし、こうした病気が元になっているときは、腰痛以外の症状も現れます。

腰の痛みが収まるどころかひどくなっていったり、激しい痛みが続くときは、腰痛以外の症状はないか気をつけることも必要です。

心配な時は早めに病院へ行って検査を受けるようにしましょう。

f0115484_18471870.jpg

参考文献

よく効く腰痛治療全ガイド

藤巻 悦夫 / 主婦と生活社

スコア:



関連ページ
腰痛タイプ3椎間板症・椎間板ヘルニア
f0115484_1425060.jpg

坐骨神経痛の原因と予防・改善法(脊柱管狭窄症や、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎腫瘍などが原因)
f0115484_14434720.jpg

腰痛のタイプと布団の硬さ
f0115484_1734251.jpg

病気によって起こる腰痛
f0115484_19432215.jpg

腰痛予防・解消に役立つ服・靴。
f0115484_1335493.jpg

腰痛の原因と検査
f0115484_19375357.jpg

良さそうでかえって悪い病院頼み
f0115484_13335922.jpg

ぎっくり腰になったら
f0115484_1895368.jpg

腰痛タイプ1筋筋膜性腰痛
f0115484_12301757.jpg

ぎっくり腰を予防する動作レッスン
f0115484_14121541.jpg

by sekotans | 2012-08-20 19:11 | 腰痛 | Comments(0)

中野区新井薬師前、個人経営の整体サロン。健康・美容・マッサージ情報。月~土10時~20時営業。日祝と火曜休み。老若男女歓迎。ネットで即時予約可能。?03-3388-3372


by りらく屋 花澤誠子