リラクゼーション整体 ツボゲッチューりらく屋

riraseko.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

東洋医学では、心臓に神が宿ると考えています。

心包経は最も大切な心臓(心経)を補佐する経絡で、脳の経絡と考えます。

ですから、心包経に異常がある場合は、脳疲労があるということで、典型的なのがうつ病と認知症です。

脳は身体への適切な刺激があると活発になります。

反対に、身体的な刺激がない状態が続きますと脳は血流が悪くなります。

適度な運動は、筋肉や関節だけでなく、脳にも最高の刺激なのです。

心包経の相方は三焦経ですが、直接三焦を指す内臓はありません。

そのため、心包経とのセットが曖昧になっています。

実際、心包経の気が弱くなると、三焦経よりも膀胱経に反応が強く現れます。

脳の血流低下で一番多い疾患が腰痛ですが、それは膀胱経が反応しているからです。

日本では1000万人以上の人が慢性の腰痛に苦しんでいると言われています。

近年の整形外科学会の発表に、85%が腰には異常がなく、脳の側坐核(そくざかく)という部分が血流障害を起こし、側坐核からの鎮痛ホルモンが出ないために痛みに苦しんでいるという報告があります。

もともと、私達の体は脳にさまざまな信号を送ります。

痛みもそのひとつなのですが、脳はすべての信号を受け取っていると処理しきれずにおかしくなってしまいます。

そのため、特に痛みに関しては、側坐核という部分から鎮痛ホルモンを出して痛みの信号を受け取らないようにしているのです。

実際、ストレスなどによって側坐核の血流障害があり、鎮痛ホルモンが分泌されない人が原因不明の腰痛になっているという医学的な報告があります。

これらの腰痛は、脳に関わる心包経へのアプローチで、脳の血流を良くして治します。

うつ病や認知症になると背骨がガチガチに硬くなり、歩く姿もぎこちなくなります。

背中は膀胱経の通り道ですから、膀胱経の異常緊張が起こっていることが予想されます。

心の病気は心包経を使うと効果が高いのです。
f0115484_19343373.jpg


参考文献

自力整体の教科書―足腰やひざの痛みが消える肩こりや便秘、不眠、冷え症は治り、視力が回復する

矢上 裕 / 新星出版社

スコア:



関連ページ
三焦で分かる健康状態
f0115484_11514051.jpg

高脂血症だと認知症になりやすい
f0115484_12242725.jpg

腰痛タイプ5 心因性の腰痛
f0115484_15144015.jpg

大脳辺縁系を開放し、くつろぎをもたらす指圧
f0115484_1915221.jpg

症状と経絡(膀胱経)
f0115484_15563317.jpg

by sekotans | 2012-10-31 19:52 | 経絡 | Comments(0)
姿勢が猫背であったり、ほとんど運動をしなかったり、心配事があると肺が弱ります。

肺の弱りは皮膚や粘膜にその反応が現れ、あらゆるアレルギー性疾患は肺の弱りが原因です。

肺が疲れると、肺経を回復するために相方の大腸経の気が使われ、大腸経の気が不足します。

すると、大腸経上の筋肉群が緊張しますので、後ろに手を回せないような肩の痛みや肩こりがあり、歯茎が腫れて痛みます。

便秘しがちで吹き出物や結膜炎になりやすいとか、アトピーは肺や大腸経の弱い人がなります。

心が元気になり希望と自信に満ち溢れると、これらの疾患は薄紙をはがすように快方へ向かいます。
f0115484_15502188.jpg


参考文献

自力整体の教科書―足腰やひざの痛みが消える肩こりや便秘、不眠、冷え症は治り、視力が回復する

矢上 裕 / 新星出版社

スコア:



関連ページ
敏感肌からアトピーへ。原因と対策。
f0115484_15224966.jpg

五十肩・皮膚疾患(アレルギーなど)に肩髃(けんぐう)※肩グウは大腸経のツボです
f0115484_18585638.jpg

症状と経絡(肺経)
f0115484_12502632.jpg

花粉症の経絡治療(肺経・大腸経)
f0115484_13145644.jpg

症状と経絡(大腸経)
f0115484_16515811.jpg

内臓と経絡(筋肉)は関わり合っている
f0115484_1651311.jpg

経絡の特徴と働き
f0115484_19442831.jpg

胸のストレッチ
f0115484_17222146.jpg

両手を後ろで組む(胸のストレッチは猫背解消になります)
f0115484_1743446.jpg

by sekotans | 2012-10-30 15:59 | 経絡 | Comments(0)
昨日、光が丘公園のロハスフェスタに行って来ました。
そこで、「サンキャッチャー」を買いました。
こちらは「ウインドーチャイム」も兼ねてる太陽のサンキャッチャー。
玄関のドアに付けました。
太陽神のご加護がありそうです。
f0115484_143054.jpg

日が当たると
f0115484_1431774.jpg

虹が出ます
f0115484_1433532.jpg
f0115484_1434373.jpg
f0115484_1435367.jpg

こちらは施術室の窓辺に。
うちのガラスはすりガラスなので窓を開けないと虹は出ないのですが運気アップにはなるそうです。
f0115484_1445866.jpg
f0115484_145796.jpg
f0115484_1451460.jpg

息子が「虹が踊り出した~」と喜んでいました。
なかなか素敵なのでもう一個買ってトイレにも飾れたほうが良かったな~と思っています。
機会があれば購入するか作るかしようかな。と。
サンキャッチャーには防犯、開運の効果があるそうです。
りらく屋をご利用になった方がこういったインテリアからも元気になっていただければ幸いです。
by sekotans | 2012-10-29 14:10 | 近況報告 | Comments(0)
睡眠不足や神経の使いすぎは心臓が弱ります。

心臓がドキドキするような動きを多くすることも心臓が弱る原因です。

すると、経絡の心経が心臓の回復のために多くの気(エネルギー)を使います。

心経とつながっている小腸経の気が足りなくなり、小腸経の線上にある筋肉群が異常緊張を起こします。

その結果、腕を挙上するバンザイの動作で肩関節が痛むようになります。

心臓は左側にあるため、特に左側が五十肩になるわけです。

本人は「五十肩を治せばいい」と整形外科に行きますが、心臓の張りの反射として肩に出ているわけですから、たとえ痛みが取れたとしても根本から治っているわけではありません。

ちなみに、左側の五十肩は心筋梗塞の、右側の五十肩は脳梗塞の前兆である場合もあります。
f0115484_19555799.jpg


参考文献

自力整体の教科書―足腰やひざの痛みが消える肩こりや便秘、不眠、冷え症は治り、視力が回復する

矢上 裕 / 新星出版社

スコア:



関連ページ
経絡の陰と陽はセットになっている
f0115484_11142254.jpg

内臓と経絡(筋肉)は関わり合っている
f0115484_1651311.jpg

経絡の特徴と働き
f0115484_19442831.jpg


助け合う臓器の関係

f0115484_14251671.jpg

互いにダメにする臓器の関係
f0115484_15322199.jpg

心臓が弱ると・・・
f0115484_8333129.jpg

高脂血症だと認知症になりやすい
f0115484_12242725.jpg

by sekotans | 2012-10-29 13:57 | 経絡 | Comments(0)
前回、内臓反射(経絡痛)について書きましたが、今日は陰の経絡と陽の経絡の関係について説明します。

経絡の陰と陽はセットになっていて、陰の経絡と陽の経絡はペアを組んでいます。

そして、内臓反射は最初は、陽の経絡上の痛みとして現れます。

つまり、陰の経絡の内臓が不調になっても、不調を訴える筋肉の痛みはまず陽の経絡上に現れるのです。

それ以上に悪化した場合に、陰の経絡上に不調や痛みとなって現れるのです。

陰の経絡は身体の奥側を通り、陽の経絡は体表に近い部分を通っているため、陽の経絡上に不調や痛みが出やすいのです。

例えば、心臓が疲れたとしましょう。

心経は陰の経絡ですから、痛みはまず心経とセットになっている陽の経絡の小腸経上のどこかに、経絡痛として現れるのです。

ホワイトボードは、セットになっている経絡と経絡痛が出るところの一覧です。

それぞれの経絡と内臓反射について詳しくはまた改めて書いていきます。

ちなみに、体の中心を縦に通っている任脈と督脈のセットは、経絡を全体的に整えるものです。
の経絡(奥や内側)⇔の経絡(体表や外側)経絡痛の出るところ
心経⇔小腸経小腸経上
肺経⇔大腸経大腸経上
心包経⇔三焦経三焦経上/膀胱経上
肝経⇔胆経胆経上
腎経⇔膀胱経膀胱経上
脾経⇔胃経胃経上

f0115484_11142254.jpg


参考文献

自力整体の教科書―足腰やひざの痛みが消える肩こりや便秘、不眠、冷え症は治り、視力が回復する

矢上 裕 / 新星出版社

スコア:



関連ページ
内臓と経絡(筋肉)は関わり合っている
f0115484_1651311.jpg

ツボ療法はなぜ効くのか
f0115484_13221275.jpg

経絡の特徴と働き
f0115484_19442831.jpg


助け合う臓器の関係

f0115484_14251671.jpg

互いにダメにする臓器の関係
f0115484_15322199.jpg

症状別のツボに正しい手当てを
f0115484_14154329.jpg

ツボとは交感神経が興奮する場所
f0115484_14303927.jpg

by sekotans | 2012-10-24 11:23 | 経絡 | Comments(0)
身体(筋肉)と内臓の関係を表す表現に「内臓反射(内臓筋肉反射)」という言葉があります。

例えば、内臓の異常が筋肉などの身体のある一部に現れることです。

筋肉にあるツボを刺激して内臓を治す鍼灸治療なども、この「内臓反射」を利用しています。

この内臓反射のメカニズムを説明しましょう。

内臓反射は自律神経と運動神経を通じて行われています。

まず、内臓に何らかの異常が発生するとしましょう。


すると内臓を支配している自律神経がそれをキャッチして脳に伝えます。

情報を与えられた脳いは、その体の持ち主に異常が発生していることを知らせるために、運動神経を通じて一連の筋肉群を緊張させます。

一連の筋肉群とは経絡です。

ほとんどの内臓は痛覚を持っていないため、内臓の異変を筋肉の痛みで教えるのです。

例えば、運動や肉体労働をしていないのに筋肉がこっていたり、痛いところがあったりする場合、内臓疲労のメッセージだと言えます。

このようなときにツボを刺激すると、その刺激が運動神経を通じて脳に届きます。

その刺激を脳が受け取ったら、内臓をコントロールする自律神経へ命令を送ります。

すると、自律神経が内臓疲労を癒します。

内臓が楽になると、筋肉の緊張はなくなり、脱力状態に戻れます。

この内臓反射に因る痛みのことを「経絡痛」といいます。
f0115484_1651311.jpg


参考文献

自力整体の教科書―足腰やひざの痛みが消える肩こりや便秘、不眠、冷え症は治り、視力が回復する

矢上 裕 / 新星出版社

スコア:



関連ページ
ツボ療法の基本手技
f0115484_1892968.jpg

日常の不調はツボで治す
f0115484_14255817.jpg

ツボ療法はなぜ効くのか
f0115484_13221275.jpg

経絡の特徴と働き
f0115484_19442831.jpg

ツボの話
f0115484_1559056.jpg

ツボとは交感神経が興奮する場所
f0115484_14303927.jpg

by sekotans | 2012-10-22 16:57 | 経絡 | Comments(0)
効果的に手足を動かす
●血糖値が高い
●血液をさらさらにしたい
●肥満に悩んでいる

という方におすすめの「ゴキブリ体操」を紹介します。
シンプルで簡単、短時間でありながら、効果を感じやすい運動です。

●やり方●
1.仰向けに寝転ぶ
2.手足を天井に向かって上げる
3.振動させるように動かす

まさに、瀕死のゴキブリのような動きです。

●血液の循環が良くなる

私たちの身体には、全身に約400億本も毛細血管があります。

このうちの70%以上は、手足に分布していると言われています。
日常生活では、手足は心臓より低い位置にあります。
ゴキブリ体操は、その位置を一時的でも高く上げ、微細な振動を与えることで、下に滞りがちな毛細血管の血流を活発にするメソッドです。

全身の血行が良くなり、膵臓の血液循環も良くなってインシュリンの分泌も活発になり、膵臓機能が向上します。
●疲労回復
●ムクミ解消
●腹筋強化
●腕痩せ、脚痩せ
●冷え性改善
●腰痛、膝痛改善
●下肢静脈瘤の予防・改善
●足のだるさやほてりの予防・改善
●血圧を下げる
●骨盤のゆがみ矯正
●プロポーション向上
といった効果も期待できます。一日1回~2回。時間は30秒~2分程度が目安です。
足を垂直に上げると心臓に負担がかかる場合がありますので、様子を見て無理なく行なって下さい。
余裕があれば足を垂直に上げ、3分程度まで時間も伸ばしましょう。
毎日続けることが大切です。
f0115484_14301895.jpg


参考文献

クスリになる本

スターツ出版



関連ページ
血管が詰まればリンパ管、神経も働かない
f0115484_18485250.jpg

海藻で血液サラサラ
f0115484_17533361.jpg

ダイエットに効く食べ方
f0115484_13363322.jpg

血液や動脈硬化について
f0115484_1814151.jpg

むくみを放置しておくと脂肪になる?
f0115484_13471212.jpg

振せん法 ●ふるわす●
f0115484_12373327.jpg

by sekotans | 2012-10-19 14:57 | ダイエット | Comments(0)

大腰筋強化でO脚改善

ウエストから下に集中的に肉がついてしまった土偶体型にお悩みではありませんか?

現代の女性のライフスタイルを考えれば、土偶体型になるのはしかたのないこと。

従来は30代からだったのが、年々、弱年齢化しています。

それは歩き方に原因が。

膝の上がりが悪く、ベタ足歩きを続けていると、O脚になります。

日本人の80%以上はO脚です。

O脚とは
状態が良い人の足は直立した時に、太もも、膝、ふくらはぎ、くるぶしの4点が左右ピッタリとつきます。

このうち、どこか一点でも離れていればO脚です。

O脚が土偶体型を生む


O脚になると血行が悪くなり、脚に肉がついてしまいます。

すると、骨盤が広がって、内臓が下がってきます。

結果、下半身の代謝機能が低下して、お腹やお尻に脂肪がつきやすくなるため、土偶体型になるのです。

どうしてO脚になるのか

O脚の原因には次のような種類があります。
●生活習慣型
悪い姿勢、偏った姿勢などを続けていた。
●筋力低下型
運動不足やダイエット(栄養不足)などで脚の筋肉が低下した。
●妊娠出産型
妊娠、出産で骨盤が開いた。

大腰筋を鍛えよう
O脚は大腰筋の衰えによって起こります。

大腰筋とは足をあげるときに使われる上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉。

したがって、この大腰筋を鍛えれば骨盤が正常な位置をキープし、土偶体型も改善されるのです。

大腰筋衰え度をチェックしてみましょう。

●同じ姿勢で10分以上立っているのがつらい
●よくつまづく
●階段ではなくエスカレーターに乗ってしまう
●和式トイレの姿勢が苦手。

大腰筋体操
以下はホワイトボードのイラストを参照して下さい
1.椅子に浅く座り、上半身をお辞儀するように傾けてから起き上がります。
10回一セットで一日2セット。
背筋を伸ばして、胸が膝に突くようにするのがコツ。

2.椅子の背もたれに手をかけ、足を片方ずつ後方に上げます。
膝を曲げずにあげられるところまで上げること。
左右交互に10回ずつ。

3.直立の姿勢から片足を前に踏み出す。
踏み出した足の膝を90度になるように曲げる。
左右交互に5回ずつを一セット。

4.電話帳や低い台の上を昇り降りします。
一日二回10分ずつ。
足をあげることで大腰筋が鍛えられます。
f0115484_1032574.jpg


参考文献

クスリになる本

スターツ出版



関連ページ
腸腰筋のストレッチ(腸腰筋とは腸骨筋+大腰筋のことです)
f0115484_19333544.jpg

ひざコゾコゾ体操(大腰筋を使います)
f0115484_18121528.jpg

平衡性をアップさせるエクササイズ(片足をできるだけ高く、長い時間上げ続けて腸腰筋を鍛える)
f0115484_1718332.jpg

O脚の治し方
f0115484_16191768.jpg

太もも、足首を細くする
f0115484_15361047.jpg

O脚が治り、膝の痛みが取れる
f0115484_1485143.jpg

股関節痛体操(おしりの引き締め、反り腰・腰痛にも効果)
f0115484_1715570.jpg

by sekotans | 2012-10-17 10:42 | 女性の悩み | Comments(0)
肌が赤くなったり、青くなったりするのは、肌に原因があるのではありません。

赤くなったり、青くなったりしているのは肌ではなくて、体の中なのです。

皮膚は薄いので、中身が透けて見えているのです。

赤肌は、動脈が透けて見えている状態。

青肌は、静脈が見えている状態。

黄みが強い肌は、濁った体液が見えているのです。

赤肌・青肌は
●痩せ型で乾燥肌
●便秘症
●生理が重い
●運動しても汗をかきにくい
●怒りっぽい

といった特徴を持つ人に多く、血の巡りに問題があるため、血管の色が見えるのです。

もともと脂肪層がなく、血の色が丸見えなので顔色の変化が激しい人です。

顔色が悪いですよ、とか疲れてますね、なんてことも言われがちです。

赤肌、青肌の時は「腰湯」をして「水含み」をし、それからコップ一杯の水をゆっくり飲みます。

そうすると、血が薄まって色が薄くなります。

赤肌も青肌も血が透けているだけなので、血を薄めて循環をよくすれば解消できます。

(腰湯と水含みの詳細は「関連ページ」で)

黄肌は
●おしりが大きめ
●足先と手が冷たい
●生理は軽め
●肌が柔らかい
●便秘と下痢を繰り返す
●面倒くさがり

といった特徴を持つタイプ。

水が細胞の外側でいつまでもとどまっている状態なのです。

水を取り込んでいても、体に循環しないために、リンパ液がドロドロに濃くなってしまうのです。

そこで体は、濃度を一定に保とうとして、水をたくさん取り込みます。

でも、細胞の中に蓄えられる水の量は決まっているので、まずは、体で淀んでいる水を抜くことが大切。

黄ばんだ体液を薄めてあげましょう。

「腰湯」をして、汗を出してから水分補給すれば、尿がいっぱい出て、余分な水が抜けます。

水の循環がちゃんと行われるようになって、細胞も潤い、黄ばんだリンパ液が薄まります。

f0115484_143577.jpg


参考文献

かわいいお肌BOOK―お肌の悩みをまとめて解決!

寺門 琢己 / 大和書房

スコア:



関連ページ
顔色と健康の深い関係
f0115484_14224995.jpg

部分浴中の合わせ技(水含み)
f0115484_11441591.jpg

腰湯
f0115484_1133795.jpg

「目の下にクマができる」原因と対処法
f0115484_11425063.jpg

肌を美しくするツボ
f0115484_14294414.jpg

ドロドロリンパを放って置くと老けるわけ
f0115484_11404080.jpg

水を飲むとむくみやすい?
f0115484_12551894.jpg

by sekotans | 2012-10-13 14:50 | 女性の悩み | Comments(0)
肌の伸び縮み度をチェックして、どこが太りやすいかを知ることができます。

●脇腹
●ほっぺ
●二の腕
●おしり
●内もも
●背中

の各部を同じ力で同じくらいの肉をつまみ、痛さを比べてみましょう。

痛さのレベルは1~5で表します。

すると、ほっぺは痛くないのに、脇腹の部分は痛いということはありませんか?

痛い部分は、肌の伸び縮み度が低くなっているのです。

どうしてそんなことが起きるのかというと、そこは部分的に血流が悪く、皮膚の知覚にムラがあるからです。

知覚が鈍っているところは痛い。

脇腹、二の腕、お尻、内もも、背中といった部分は、あまり使わないし、触れることも少ないので、体が忘れている場所なのです。

だから血流が悪くなって、脂肪や水分が溜まってしまいがち。

揉みほぐすなど、その部分を動かすようにすれば、この痛みの差が縮まっていきます。

そうすれば、皮膚の知覚が均等になって、部分的に脂肪がつくようなことがありません。

つまんでもわからない人は、お風呂に15分ほどつかって全身を温めてみて下さい。

15分経ってお風呂から上がった時に、肌の赤みがまだらになっていたり、全く赤くなっていないところがあったら、その場所は血の巡りが悪いのです。

ムラになったり、赤くならないのは、血がちゃんと回らずに、脂肪や水が溜まっているということ。

この部分が、伸び縮み度の低い皮膚。

ここの血の巡りをよくして、体全体を均等にしてあげるのが、トラブル知らずの健康美人への道なのです。
f0115484_1618521.jpg


参考文献

かわいいお肌BOOK―お肌の悩みをまとめて解決!

寺門 琢己 / 大和書房

スコア:



関連ページ
歪んでいる場所に贅肉がつく
f0115484_11512941.jpg

悪い立ち姿勢→不調、贅肉
f0115484_1445682.jpg

ダイエットを成功させるには整体と脱力が必要
f0115484_16541062.jpg

むくみを放置しておくと脂肪になる?
f0115484_13471212.jpg

腎臓に効く!足湯
f0115484_11323179.jpg

by sekotans | 2012-10-11 16:36 | ダイエット | Comments(0)

中野区新井薬師前、個人経営の整体サロン。健康・美容・マッサージ情報。月~土10時~20時営業。日祝と火曜休み。老若男女歓迎。ネットで即時予約可能。?03-3388-3372


by りらく屋 花澤誠子