整体 ツボゲッチューりらく屋(朝霞)

riraseko.exblog.jp
ブログトップ

東洋医学の整体観

人間の体は自然の一部である
東洋医学では、人間は自然の一部であり、人間の体の中にも自然界と同じ構造があると考えます。

これが、東洋医学の理論の根底にある整体観です。

例えば、自然界では熱い空気は上方へ上がり、冷たい空気は下方へと下がります。

一方人間の体でも、一般的に上半身はほてりやすく下半身は冷えやすいという傾向があり、これは先に述べた自然界での現象と一致しています。

他にも、自然界では水は上方から下方に流れますが、人体でも同様に水分は上半身から下半身へと流れるため、上半身よも下半身がむくみやすいといえます。

このように、自然界で起こる現象と人間の体に起こる現象は、同じ原理や法則で生じていると考えられます。

また、「人間の体は絶えず変化し続けている」という東洋医学の健康観も、朝昼晩、春夏秋冬と常に変化し続ける自然界と人間の体が同じ構造を持っているという、この整体観に根ざしたものだと言えます。

この整体観から、東洋医学では自然観を観察して見出した法則を元に、人間の体における病気の考え方や治療法の理論などが確立されました。

太陽と月に象徴される自然界の大原則を表した陰陽論や、自然界を構成する要素を木・火・土・金・水の5つに分けた五行学説などが、その基本となるものです。

自然界のバランス理論を元に体の状態を考える
自然界では太陽が大地に熱エネルギーを与え、それによって海や湖から水分が蒸発して雲となり、やがて雨を降らすという水の循環が繰り返されています。

しかし、もし太陽の熱が強すぎたり海や湖の水量が少なすぎたりすると、大地は完全に干上がってしまうし、太陽の熱が弱すぎたり水量が多すぎたりすると、海や湖の水は温まらず、循環できなくなります。

自然が健全な状態を保つためには、太陽の熱量と海や湖などの水分量のバランスがとれていることが大切であるとわかります。

この自然界の法則は、人間の体内の水分循環の仕組みにも置き換えることができます。

乾燥体質の人は、熱が強すぎるか水分が少なすぎる可能性が考えられ、冷えが強い人は熱が弱すぎるか水分が多すぎる可能性が考えられるというわけです。

このように、自然界のバランス理論を用いて体の状態を判断するのも、整体観の大きな特徴です。

ちなみにホワイトボードで下腹部分が赤いのは火(熱源)をあらわしています。

東洋医学ではお腹に熱源(三焦)があると考えられています。
f0115484_15571599.jpg

参考文献

カラー図解 東洋医学基本としくみ

西東社

スコア:


関連ページ
五行の法則について
f0115484_17282530.jpg

気、血、水について
f0115484_1627114.jpg

健康=柔軟に変化する心身
f0115484_17511185.jpg

カラダ美人になる方法(東洋医学の概念)
f0115484_12483146.jpg

虚実補瀉(きょじつほしゃ)について
f0115484_13591225.jpg

むくみ、耳鳴り、肩こりの原因と対処法
f0115484_14415019.jpg

水毒や冷えによる病気と体を温める飲み物
f0115484_1251352.jpg

経絡とツボと「気」
f0115484_12392731.jpg

三焦で分かる健康状態
f0115484_11514051.jpg

by sekotans | 2013-02-21 16:20 | 整体 | Comments(0)

埼玉県朝霞にある個人経営の整体サロン。マッサージ系YouTuber。チャンネル登録お願いします。


by りらく屋 花澤誠子