整体 ツボゲッチューりらく屋(朝霞)

riraseko.exblog.jp
ブログトップ

肌荒れ・シミ・ニキビの改善/妊娠しやすくする

肌荒れ・シミには
女性にとって気になることの一つに肌荒れの問題があります。
肌に直接影響を与えているのは甲状腺です。
ですからのどをさすることは手入れの基本と言って良いでしょう。

シミが増えるのは更年期以降が多いですが、それは甲状腺の問題を加えて、子宮の掃除が生理を通してできなくなるため、という面が大きいのです。

子宮の掃除を促すにはへその周辺を柔らかくすることが最も良く、これは子宮筋腫などの予防にも調整にもなる方法です。

方法
のどをさする
両手で前後に首をさすります。
甲状腺異常があると流産しやすかったり、妊娠しづらかったりしますが、それは甲状腺が卵巣ホルモンと連動しあっているせいではないかと思います。
だから、のど(甲状腺)をさすっていると、妊娠しやすくなります。
特に性行為の後でのどをさすると極めて妊娠しやすくなります。
f0115484_14151557.jpg

へその周辺を柔らかくする
へその周囲を丁寧に、へそに向かうように押さえていきます。
すると左右どちらかに痛みのある部分があります。
この痛みのある部位を恥骨の方向へ向かうようにじっとその痛みが消えるまで押さえていくというのが調整法です。
すると子宮の位置が体感されるような場合があり、これは子宮の中に何か異物がある場合と言われています。
筋腫のようなはっきりとした異物に限らず、血行が悪くなっているような部分があってもこの痛みは感じられます。
へその周囲の痛みは必ずしも子宮の問題の直接的反映とばかりは限らないのですが、閉経前の女性は、それらを生理時の出血やおりものを通して排泄しています。
これをやると子宮内部が清浄になり、肌が綺麗になります。

便秘・ニキビには合谷を揉む
ニキビのように特に顔面に出る肌の異常は手の親指と人差指の間の股の部分(合谷)をよく揉みほぐすといいです。
便秘の急処としても使えるし、歯の痛みにも、面疔にも効果があります。
それに感情が穏やかになります。
f0115484_13101238.png

参考文献

女のからだ、自分で改善!―生理痛から婦人病まで (にこにこブックス)

岡島 瑞徳 / 筑摩書房

スコア:


関連ページ
二重あごは肌のたるみじゃない
f0115484_15135995.jpg

シミ・そばかすの原因と対処法(シミ・そばかすも体の酸性過多が原因?)
f0115484_14391037.jpg

しみになりやすい部分の洗い方
f0115484_1341984.jpg

腸のマッサージ
f0115484_1430446.jpg

サラダでできるシミ・しわ
f0115484_13514887.jpg

シミの意外な原因
f0115484_13152910.jpg

美白・アンチエイジングの注意点、ケア方法
f0115484_155348.jpg

代謝のしくみ
f0115484_19414752.jpg

by sekotans | 2013-10-16 14:43 | 女性の悩み | Comments(0)

埼玉県朝霞にある個人経営の整体サロン。マッサージ系YouTuber。チャンネル登録お願いします。


by りらく屋 花澤誠子